Top > Search of Japanese Patents > FINE PARTICLE REMOVING APPARATUS IN EXHAUST GAS

FINE PARTICLE REMOVING APPARATUS IN EXHAUST GAS commons

Patent code P120007961
Posted date Sep 28, 2012
Application number P2002-377840
Publication number P2004-204824A
Patent number P3899404
Date of filing Dec 26, 2002
Date of publication of application Jul 22, 2004
Date of registration Jan 12, 2007
Inventor
  • (In Japanese)畑中 義博
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京海洋大学
Title FINE PARTICLE REMOVING APPARATUS IN EXHAUST GAS commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fine particle removing apparatus efficiently burning fine particles in a captured exhaust gas quickly, with a simple structure, and controllable easily.
SOLUTION: A filter unit 14 for capturing fine particles in an exhaust gas is arranged in a housing 12 made of a non-magnetic material for passing the exhaust gas, and a high-frequency current is supplied to a working coil 18 wound around the outer periphery section of the housing 12, thus performing the induction heating of a support plate 28 arranged at the filter unit 14, and burning the fine particles collected in the filter unit 14 by heat generated at this time.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ディーゼル機関から排出される有害微粒子を捕集する種々の形式のディーゼル排気微粒子フィルタ(DPF)が開発されている。
このようなDPFには、セラミック繊維で形成したフェルトを両側から金網ヒータで挟み込んで板状に形成し、この板状に形成したフェルトおよびヒータを多数枚組合せてひだ状のフィルタエレメントに成形し、これをケーシング内に収容したものがある(例えば非特許文献1参照)。

このDPFは、並列に2つ配置され、上流側に設けた制御弁で排気流路を切換え、一方で微粒子を捕集している間に、他方を再生し、これにより常時捕集することができる。このDPFの再生は、各フィルタエレメントの金網ヒータに通電し、フェルト内に捕集された微粒子を燃焼することにより行われる。

【非特許文献1】
「ECO INDUSTRY」 シーエムシー出版社、2001年2月、p.12-18

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ディーゼル機関、ボイラあるいは焼却炉等の排ガス中の微粒子を除去する微粒子除去装置およびこれに用いるフィルタユニットに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
排ガスを流通させる非磁性材料製の円筒状ハウジング(12)と、このハウジング(12)の外周部に巻回されて高周波電流を供給されるコイル(18)と、このコイルが形成する磁力線の到達範囲内でこのハウジング内に同軸状に配置され、外周側に形成される排ガス流路(44)と内側の軸方向孔で形成される排ガス流路(46)との間を流通する排ガス中の微粒子を捕集する円筒状構造のフィルタユニット(36)と、を備え、
前記フィルタユニット(36)は、ハウジング(12)の内周面との間に環状の排ガス流路(44)を形成すると共に、前記コイル(18)に高周波電流が供給されたときに、誘導加熱され、このフィルタユニット(36)に集積された微粒子を燃焼させる円筒状の多孔性支持プレート(28a)を有することを特徴とする微粒子除去装置。

【請求項2】
 
前記フィルタユニットは、前記支持プレートの内周側に配置されたセラミック繊維製フィルタを有し、このセラミック繊維製フィルタは、チラノチョップ状繊維層間にブランケット状繊維層を挟んだ積層構造を有することを特徴とする請求項1に記載の微粒子除去装置。

【請求項3】
 
前記セラミック繊維製フィルタは、内周側を多孔性支持プレート(28b)で支えられることを特徴とする請求項2に記載の微粒子除去装置。

【請求項4】
 
前記多孔性支持プレートは、排ガス中の微粒子を直接捕集する孔径に形成され、加熱再生されるまで、この捕集した微粒子を支えることを特徴とする請求項1に記載の微粒子除去装置。

【請求項5】
 
高周波電流が供給されるコイルを外周部に巻回しかつ排ガスを流通させる非磁性材料製の円筒状ハウジング内で、前記コイルが形成する磁力線の到達範囲内に同軸状に配置され、外周側に形成される排ガス流路(44)と内側の軸方向孔で形成される排ガス流路(46)との間を流通する排ガス中の微粒子を捕集する円筒状構造のフィルタユニットであって、
前記ハウジング(12)の内周面との間に環状の排ガス流路(44)を形成すると共に、前記コイル(18)に高周波電流が供給されたときに、誘導加熱され、集積された微粒子を燃焼させる円筒状の多孔性支持プレート(28a)を有することを特徴とするフィルタユニット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002377840thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close