Top > Search of Japanese Patents > ULTRASONIC DISTANCE SENSOR SYSTEM, AND ULTRASONIC DISTANCE SENSOR USING THE SAME

ULTRASONIC DISTANCE SENSOR SYSTEM, AND ULTRASONIC DISTANCE SENSOR USING THE SAME meetings

Patent code P120007984
File No. P08-005
Posted date Oct 4, 2012
Application number P2008-064983
Publication number P2009-222445A
Patent number P5163194
Date of filing Mar 13, 2008
Date of publication of application Oct 1, 2009
Date of registration Dec 28, 2012
Inventor
  • (In Japanese)丹沢 勉
  • (In Japanese)清弘 智昭
Applicant
  • University of Yamanashi
Title ULTRASONIC DISTANCE SENSOR SYSTEM, AND ULTRASONIC DISTANCE SENSOR USING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To range a short-distance object with high frequency, while having a wide measuring range by a single sensor.
SOLUTION: A system includes a transmitting element for transmitting an ultrasonic wave to an object, a driving circuit to output a driving signal to the transmitting element, a receiving element for receiving a reflected wave from the object, and a signal processing circuit for detecting a distance to the object by a signal from the receiving element. The signal processing circuit forms a transmission wave based on a plurality of transmission patterns, and calculates the distance to the object based on correlation between the plurality of transmission patterns and the signal from the receiving element.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

一般の超音波センサは、キャリア周波数で変調された幅の狭い一発のパルスを送信信号として出力する。その送信波が物体に反射して戻ってくる反射波を検出し、送信してから反射波を検出するまでの時間を測定することで物体までの距離を測定している。このような超音波センサでは、キャリア周波数を含む雑音のある環境下では、誤動作し、正確な対象物までの距離を測定することができない。

このため、送信信号としてある特定の符号系列信号を用い、対象物からの反射信号と、送信符号信号とで相関を計算することにより、雑音に影響されることなく反射信号の遅延時間を測定することができる超音波センサがある(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】
特開平9-21869号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ワイドレンジ化を図った超音波距離センサシステム及びこれを用いた超音波距離センサに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
超音波を送波し対象物からの反射波を受信して前記対象物までの距離を検知する超音波距離センサシステムにおいて、
前記対象物に超音波を送信する送信素子と、前記送信素子に駆動信号を出力する駆動回路と、前記対象物からの反射波を受信する受信素子と、前記受信素子からの信号により前記対象物との間の距離を検出する信号処理回路とを備え、前記信号処理回路は、複数の送信パターンに基づいて送信波を形成し、
第1の送信パターンと、当該第1の送信パターンよりも周期が短い第2の送信パターンとを含む前記複数の送信パターンと前記受信素子からの信号の相関に基づき前記対象物までの距離を算出する手段を備えたことを特徴とする超音波距離センサシステム。

【請求項2】
 
前記複数の送信パターンは、第1の送信パターンが、第2の送信パターンの振幅よりも大きな振幅を有することを特徴とする請求項1に記載の超音波距離センサシステム。

【請求項3】
 
前記複数の送信パターンは、前記第1の送信パターンと、前記第2の送信パターンと、さらに前記第1の送信パターンの位相を異ならせた第3の送信パターンとを含むことを特徴とする請求項1に記載の超音波距離センサシステム。

【請求項4】
 
前記複数の送信パターンは、3種類以上の送信パターンの組み合わせであり、
少なくともひとつの送信パターンは、他の送信パターンを合成した少なくとも一部を含むことを特徴とする請求項1に記載の超音波距離センサシステム。

【請求項5】
 
請求項1ら4のいずれかに記載の超音波距離センサシステムを用いたことを特徴とする超音波距離センサ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008064983thum.jpg
State of application right Registered
Please feel free to contact us by email or facsimile if you have any interests in this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close