Top > Search of Japanese Patents > ORGANOMETALLIC COMPLEX AND GAS-OCCLUDING SUBSTANCE USING THE SAME COMPLEX, CATALYST FOR HYDROGENATION REACTION AND METHOD FOR CARRYING OUT HYDROGENATION REACTION

ORGANOMETALLIC COMPLEX AND GAS-OCCLUDING SUBSTANCE USING THE SAME COMPLEX, CATALYST FOR HYDROGENATION REACTION AND METHOD FOR CARRYING OUT HYDROGENATION REACTION commons

Patent code P120008067
Posted date Oct 26, 2012
Application number P2003-030659
Publication number P2004-238347A
Patent number P4415161
Date of filing Feb 7, 2003
Date of publication of application Aug 26, 2004
Date of registration Dec 4, 2009
Inventor
  • (In Japanese)森 和亮
Applicant
  • (In Japanese)学校法人神奈川大学
Title ORGANOMETALLIC COMPLEX AND GAS-OCCLUDING SUBSTANCE USING THE SAME COMPLEX, CATALYST FOR HYDROGENATION REACTION AND METHOD FOR CARRYING OUT HYDROGENATION REACTION commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an organometallic metal complex having a new structure having a porphyrin skeleton and having excellent activity as a gas-occluding substance and a catalyst for hydrogenation reaction.
SOLUTION: The organometallic complex has a two-dimensional lattice structure composed of a metal atom and a ligand having a metal porphyrin structure coordinate-bonded to the metal atom and represented by general formula (1) [wherein M1 and M2 are each independently a metal atom; R1, R2, R3 and R4 are each independently a divalent organic group coordinate-bonded to M1 by a carboxy group; R5, R6, R7, R8, R9, R10, R11 and R12 are each independently a univalent organic group or a hydrogen atom].
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ゼオライト等の多孔体は、細孔の存在に基づく吸着作用、イオン交換作用、触媒作用等の特性によって、化学工業的に広く利用されており、近年、その応用範囲は多岐に亘っている。



中でも、有機金属錯体を構成要素とする多孔体の合成が活発に研究されている。原料である配位子を選択することにより精密な多孔体のデザインが可能であり、分子認識や触媒作用に対して新しい機能の展開も期待されている。



様々な細孔構造を有する有機金属錯体が合成されている中で、下記式(A)に表わされるポルフィリン構造を繰り返し単位として有する有機金属錯体が合成・同定されており、水素化反応が試みられた報告がある(非特許文献1)。



【化2】




しかしながら、その活性に関する知見は明らかになっていない。また、その構造中に金属ポルフィリン骨格を有する有機金属錯体は、未だ報告されていない。



【非特許文献1】
日本化学会第80秋季年会(2001)、講演予稿集、p114、1B9-14

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、金属を含有するポルフィリン構造を有する新規な有機金属錯体、並びに、この錯体を用いた気体吸蔵物質、水素化反応用触媒、及び水素化反応方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
金属原子と、該金属原子に配位結合した金属ポルフィリン構造を有する配位子とから構成された、下記一般式(1)に示される2次元格子構造を繰り返し単位として有することを特徴とする有機金属錯体。
【化1】
 


(上記一般式(1)中、M1は、Rh、Cr、Pd、Zn、Mo、Cu、Ru、W、Re、及びOsより選択される金属原子を表わし、M2は、Cu、Cr、Rh、Ru、Pd、Mo、Zn、及びWより選択される金属原子を表わす。R1、R2、R3、及びR4は各々独立に、フェニル基、シクロヘキシル基、ナフチル基、及びデカヒドロナフチル基より選択される基を表わす。R5、R6、R7、R8、R9、R10、R11、及びR12は各々独立に、水素原子、ハロゲン原子、又は炭素数が1以上20以下の、アルキル基;アルコキシ基;アリール基;ビニル基;アミノ基;ホルミル基;カルボキシル基;及びチオール基より選択される基を表わす。

【請求項2】
 
請求項1に記載の有機金属錯体からなることを特徴とする気体吸蔵物質。

【請求項3】
 
上記一般式(1)中、M1がRhであり、M2がPdであり、R1、R2、R3、及びR4が各々フェニル基であり、R5、R6、R7、R8、R9、R10、R11、及びR12は各々水素である、請求項1に記載の有機金属錯体からなることを特徴とする水素化反応用触媒。

【請求項4】
 
請求項3記載の水素化反応用触媒の存在下で水素化反応を行なうことを特徴とする水素化反応方法。

【請求項5】
 
該水素化反応が気相中で行なわれることを特徴とする、請求項4記載の水素化反応方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close