Top > Search of Japanese Patents > BUCKLING RESTRAINING BRACE

BUCKLING RESTRAINING BRACE commons

Patent code P120008075
Posted date Oct 26, 2012
Application number P2006-120100
Publication number P2007-291704A
Patent number P4665232
Date of filing Apr 25, 2006
Date of publication of application Nov 8, 2007
Date of registration Jan 21, 2011
Inventor
  • (In Japanese)岩田 衛
Applicant
  • (In Japanese)学校法人神奈川大学
Title BUCKLING RESTRAINING BRACE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a buckling restraining brace suitable for a reinforced concrete structure.
SOLUTION: A reinforcement plate 9 for reinforcement is joined to each of both end members of a brace core 2. Cutouts 16, 16 are formed in an intermediate portion 11 on both sides in the axial direction. Spacers 18, 18 are disposed in the cutout parts 16, 16, and stored in frame plates 4, 4 while being vertically held by buckling restraining members 3, 3. The frame plates 4, 4 are welded together to manufacture a bucking restraining brace 1. The buckling restraining brace 1 is applicable also to a reinforced concrete structure by increasing its axial rigidity while lowering a yield strength.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

鋼材をブレース芯材として用いる場合、圧縮荷重負担時の座屈を防止する必要から、ブレース芯材は、両端部を除いて、特許文献1に示すように、内在するコンクリート(モルタル)及びこのコンクリートを外包する鋼材より拘束される構成となっている。
【特許文献1】
実公平4-13212

この特許文献1は、内部に注入されるコンクリートが均一に内在しているものなのか目視できず、内部のコンクリートの品質の管理が出来ていない欠点があったので、出願人は、これらの欠点を除くため特許文献2に示す例を提案した。
【特許文献2】
特願2000-362850

この特許文献2は、コンクリートを入れた凹みを有する鋼を2つ製造し、それから、この2つのコンクリートを入れた凹みを有する鋼間に、ブレース芯材を挟みこむと共に、両凹みを有する鋼の接合側を覆うように接合プレートを両側に配し、そして、接続プレートと凹みを有する鋼を溶接して製造している。そして、その後に溶接個所の減少を図る目的で特許文献3を提出している。
【特許文献3】
特開2003-293461

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、構造物の主要骨組の層間に組み込まれ、大きな層間変形が生じたときに鋼板のブレース芯材が塑性変形することでエネルギーを吸収し、構造物の揺れを減少させる座屈拘束ブレースに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
長手方向両端に連結部を持つブレース芯材と、
このブレース芯材の周囲に設けられ軸方向と交差する方向の変形を拘束する座屈拘束材と、
前記ブレース芯材を前記座屈拘束材で挟んだ状態で外側を被う枠板とより成る座屈拘束ブレースにおいて、
前記ブレース芯材の両端部分に補強のための補強板を接合すると共に、
前記ブレース芯材の中間部分両側で軸方向に沿って切欠部を形成し、その両切欠部にスペーサを配置すると共に、前記スペーサの長手方向両端は、前記ブレース芯材の切欠部の両端との間に隙間を有し、その隙間に緩衝材を配したことを特徴とする座屈拘束ブレース。

【請求項2】
 
前記座屈拘束材は、コンクリートで作られ、その接触面側に前記ブレース芯材の形状に対応した形状としたことを特徴とする請求項1記載の座屈拘束ブレース。

【請求項3】
 
前記座屈拘束材は、その接触面が前記ブレース芯材の形状に対応した形状とし、前記補強板の内側端との間に隙間を有し、その隙間に緩衝材を配したことを特徴とする請求項1又は2記載の座屈拘束ブレース。

【請求項4】
 
前記ブレース芯材の両端の連結部と前記座屈拘束材との間に隙間を有し、その隙間に緩衝材を配したことを特徴とする請求項1又は2記載の座屈拘束ブレース。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006120100thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close