Top > Search of Japanese Patents > LIGHT-TRANSLMITTING POLYCRYSTALLINE MATERIAL AND PROCESS FOR PRODUCING THE SAME

LIGHT-TRANSLMITTING POLYCRYSTALLINE MATERIAL AND PROCESS FOR PRODUCING THE SAME foreign

Patent code P120008087
File No. S2011-0438
Posted date Oct 26, 2012
Application number P2011-028685
Publication number P2012-166433A
Patent number P5570027
Date of filing Feb 14, 2011
Date of publication of application Sep 6, 2012
Date of registration Jul 4, 2014
Inventor
  • (In Japanese)平等 拓範
  • (In Japanese)秋山 順
  • (In Japanese)浅井 滋生
Applicant
  • National Institutes of Natural Sciences
  • TOYOTA MOTOR CORPORATION
  • GENESIS RESEARCH INSTITUTE, INC.
Title LIGHT-TRANSLMITTING POLYCRYSTALLINE MATERIAL AND PROCESS FOR PRODUCING THE SAME foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To produce a light-transmitting polycrystalline material having optical properties that continuously change in the material.
SOLUTION: A slurry which contains single-crystal particles that receive force when placed in a magnetic field is sintered after being subjected to affixing in a magnetic field where the magnetic-flux density changes with respect to the space. For example, a slurry which contains single-crystal particles of YAG to which Er has been added and single-crystal particles of YAG to which no rare-earth elements have been added is subjected to affixing in a magnetic field where the magnetic-field intensity is unevenly distributed. As a result, the portion located in an intense magnetic field gives a laser oscillation region which is rich in the YAG containing Er and in which the crystals have been unidirectionally oriented, while the portion located in a weak magnetic field gives a region which is rich in the YAG containing no rare-earth elements and which transmits light. Thus, a polycrystalline material having both a core that undergoes a laser oscillation and a guide that is located on the periphery of the core and leads excitation light to the core can be produced at the same time.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

特許文献1と2に、複数個の単結晶粒子から透光性多結晶材料を得る技術が開示されている。これらの技術では、磁気異方性をもっている単結晶粒子群を含むスラリー(懸濁液)を磁場内で固定化してから焼結する。これによって単結晶粒子群の結晶方向が揃っている配向多結晶材料を得る。

本明細書では単結晶粒子群の結晶方向が揃っていることを「配向」という。またスラリーに含まれている単結晶粒子の位置と方向が固定されることを「固定化される」という。水等の溶媒に単結晶粒子群が懸濁している間は、スラリーに含まれている単結晶粒子の位置と方向が変化できるのに対し、溶媒が失われると単結晶粒子の位置と方向が固定される。

本明細書では、特許文献1と2に記載されている事項の重複記載を省略する。特許文献1と2の記載内容を前提にして、本明細書は作成されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、複数個の単結晶粒子で構成されている多結晶材料とその製造方法に関する。特に、光学材料に利用することができる透光性多結晶材料とその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
磁場内に置くと力を受ける単結晶粒子群を含むスラリーを磁束密度が空間に対して変化している磁場内で固定化する工程と、
固定化した材料を焼結する工程を備えている、
光学特性が材料中で変化している透光性多結晶材料の製造方法。

【請求項2】
 
希土類元素が添加された単結晶粒子群を含むスラリーを用いることを特徴とする請求項1に記載の透光性多結晶材料の製造方法。

【請求項3】
 
勾配磁場内に置いたときに受ける並進力が相違する複数種類の単結晶粒子群を含むスラリーを用いることを特徴とする請求項1または2に記載の透光性多結晶材料の製造方法。

【請求項4】
 
磁場内に置いたときに受ける回転力が相違する複数種類の単結晶粒子群を含むスラリーを用いることを特徴とする請求項1から3のいずれかの1項に記載の透光性多結晶材料の製造方法。

【請求項5】
 
磁場内に置いたときに安定する結晶方向が相違する複数種類の単結晶粒子群を含むスラリーを用いることを特徴とする請求項1から4のいずれかの1項に記載の透光性多結晶材料の製造方法。

【請求項6】
 
複数種類の単結晶粒子群を含み、希土類元素の添加濃度が材料中で連続的に変化していることを特徴とするレーザ媒質。

【請求項7】
 
単結晶粒子群の配向度が材料中で連続的に変化し、光学特性が材料中で連続的に変化していることを特徴とする透光性多結晶材料。

【請求項8】
 
複数種類の単結晶粒子群を含み、単結晶粒子群の配向方向が材料中で連続的に変化し、光学特性が材料中で連続的に変化していることを特徴とする透光性多結晶材料。

【請求項9】
 
複数種類の単結晶粒子群を含み、単結晶粒子の組成が材料中で連続的に変化し、単結晶粒子群の配向度が材料中で連続的に変化し、光学特性が材料中で連続的に変化していることを特徴とする透光性多結晶材料。

【請求項10】
 
複数種類の単結晶粒子群を含み、単結晶粒子の組成が材料中で連続的に変化し、単結晶粒子群の配向方向が材料中で連続的に変化し、光学特性が材料中で連続的に変化していることを特徴とする透光性多結晶材料。

【請求項11】
 
複数種類の単結晶粒子群を含み、希土類元素の添加濃度が材料中で連続的に変化し、単結晶粒子群の配向方向が揃っていることを特徴とするレーザ媒質。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011028685thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close