Top > Search of Japanese Patents > TITANIUM OXIDE PARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

TITANIUM OXIDE PARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P120008088
File No. 10113
Posted date Oct 29, 2012
Application number P2011-069562
Publication number P2012-201569A
Patent number P5649060
Date of filing Mar 28, 2011
Date of publication of application Oct 22, 2012
Date of registration Nov 21, 2014
Inventor
  • (In Japanese)齋藤 健一
  • (In Japanese)若宮 与二
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title TITANIUM OXIDE PARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide titanium oxide particles achieving high reaction rate.
SOLUTION: The titanium oxide particles 10 comprise an amorphous phase 1, a polycrystalline phase 2 and TiZrO4. Each of the amorphous phase 1 and the polycrystalline phase 2 comprises TiO2. The amorphous phase 1 has defects. The titanium oxide particles 10 are produced by putting crushing zirconia balls, titanium oxide comprising polycrystals and methanol in a crushing vessel and then rotating and revolving the crushing vessel to crush the titanium oxide. The produced titanium oxide particles 10 have a particle size of about 400 nm. When the titanium oxide particles 10 are used as a photocatalyst in the decoloration reaction of an aqueous methylene blue solution, the reduction reaction of the aqueous methylene blue solution is accelerated through the defects contained in the amorphous phase 1. The rate of the decoloration reaction using the titanium oxide particles 10 as a photocatalyst becomes about 132 times that using the conventional titanium oxide.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


光触媒は、化学、物理、工学および医薬の分野をはじめ、一般社会でも非常に注目されている。



特に、酸化チタン(TiO2)を材料にした光触媒は、実用化され、抗菌コートの材料、外壁の汚れを分解する材料、手術室の壁・床などの殺菌材料として幅広く利用されている(非特許文献1,2)。



また、酸化チタンは、水の分解による水素発生を行なう光触媒として、燃料電池、およびクリーンエネルギー源を生成する重要な役割が期待されている。

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、酸化チタン粒子およびその製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
粒径がナノメートルオーダーの酸化チタン粒子であって、
アモルファス相からなる酸化チタンと、
多結晶相からなる酸化チタンと、
TiZrO4とを含む酸化チタン粒子。

【請求項2】
 
粉砕ボールと、多結晶からなる酸化チタン粉体と、溶媒とを粉砕容器に入れる第1の工程と、
第1の時間の間、前記粉砕容器を自転および公転させる第2の工程と、
前記第2の工程の後、前記粉砕容器の自転および公転を停止し、前記第1の時間と異なる第2の時間の間、前記粉砕容器内の内容物を冷却する第3の工程と、
前記第2および第3の工程を所望の回数だけ行う第4の工程とを備える酸化チタン粒子の製造方法。

【請求項3】
 
前記第1の工程において、前記粉砕ボール、前記酸化チタン粉体および前記溶媒は、前記粉砕ボール、前記酸化チタン粉体および前記溶媒の順で前記粉砕容器へ入れられる、請求項2に記載の酸化チタン粒子の製造方法。

【請求項4】
 
前記第1の時間は、前記第2の時間よりも長い、請求項2または請求項3に記載の酸化チタンの製造方法。

【請求項5】
 
前記自転の回転数は、前記公転の回転数よりも大きい、請求項2から請求項4のいずれか1項に記載の酸化チタン粒子の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011069562thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close