Top > Search of Japanese Patents > COLLABORATION TRAY FOR COMPUTER

COLLABORATION TRAY FOR COMPUTER meetings

Patent code P120008117
Posted date Nov 1, 2012
Application number P2008-215360
Publication number P2010-049629A
Patent number P4872102
Date of filing Aug 25, 2008
Date of publication of application Mar 4, 2010
Date of registration Dec 2, 2011
Inventor
  • (In Japanese)中島 誠
  • (In Japanese)伊藤哲郎
  • (In Japanese)佐藤慶三
  • (In Japanese)荒木博文
  • (In Japanese)吉原正樹
  • (In Japanese)安部祐樹
  • (In Japanese)松迫和樹
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人大分大学
Title COLLABORATION TRAY FOR COMPUTER meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an application platform having a function for cooperative work on a table display without users' alteration.
SOLUTION: In a collaboration tray for computers having a function for cooperative work, an image/event handler which intervenes in exchange of images and events between users and window applications and collects events on displays, and an application handler which controls window applications are separated from each other for each window application. The separated image/event handler and application handler are coupled in message streams of texts and images. The image/event handler sharing streams with the application handler processes and converts images into arbitrary directions, positions, and sizes in response to users' requests, to provide functions of window operation (rotation and enlargement) which are not intrinsically provided, as drawn image operation functions.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

日常作業において人々は,個人作業と協調作業の間や様々な協調作業の形態の間での移行を繰り返しながら作業を行う。例えば,個人はあるアイデアをグループに提示する前に,個人で作業を行い,その後,グループで集まってそれぞれのアイデアを持ち寄って協調して作業を行う(Tang et al。 2006)。これらの移行はグループメンバの他へ依存の度合いに応じた協調のレベルの変化に従って生じ,歴史的にテーブルの周りに集まって行われる会議や討論といった協調作業でもよく見られる。各メンバが長く個人で作業が行っている場合,協調レベルは低く,反対にメンバ間のインタラクションがなければ作業がすすまない状況では,協調レベルは高いと言える(Salvador et al。, 1996)。
計算機においても然りで、テーブル型ディスプレイを中心とした作業環境の構築に関して,多くの技術がCSCW (Computer Supported Cooperative Work) の分野で提案されてきたが(Scott et al。, 2003; Wigdor et al。, 2006),上記の移行の考慮は深くは行われてこなかった(Tang et al。 2006)。 テーブル型ディスプレイの最近の普及に伴って,このような考慮は避けられない基本的問題となっている。
これまで,計算機による協調作業支援では,テーブル型ディスプレイの利用が注目されている。普段の作業は,デスクトップディスプレイ上での個人利用を想定しているウィンドウアプリケーションを使用するのが一般的であり,これらは,例えば,ウィンドウの向きを回転させる,アプリケーションを共有するなど協調作業での利用を想定した機能を有しない。普段の作業は,個人の作業と複数人での協調作業の繰り返しであり,普段使い慣れたアプリケーションの利用が出来ないことは不便さを伴う。
テーブル型ディスプレイ上での協調作業用の専用アプリケーションの開発も従来から行われているが,主に個人で作業したり,特定人と情報交換あるいはグループ全体で作業したりといった協調作業におけるユーザ間での情報共有のスタイルの違いを考慮した機能を有しない。
<参考公報>
【特許文献1】
特開2006-350997号公報
【特許文献2】
特開号2005-266880公報
【特許文献3】
特開号2003-323386公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、テーブル型ディスプレイ上で個人作業と協調作業の混在する日常作業の支援を可能にするコンピュータのコラボトレイに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ウィンドウアプリケーションごとに,ユーザとウィンドウアプリ
ケーションの間のイメージとイベントのやり取りに介入し,ディスプレイ上での
ウィンドウイメージの描画およびイベント収集を担うイメージ/イベントハンド
ラと,ウィンドウアプリケーションを制御するアプリケーションハンドラを分離
し,分離したイメージ/イベントハンドラとアプリケーションハンドラは,テキ
ストおよびイメージのメッセージストリームで結合し,アプリケーションハンド
ラとのストリームを共有し,イメージ/イベントハンドラは、描画するイメージ
を,ユーザの要求に応じて任意の向き,位置,大きさに画像処理変換し、このイ
メージの変換に合わせてイベント情報をイメージ/イベントハンドラからプリ
ケーションハンドラを介して当該ウィンドウアプリケーションへ送り,そのウィ
ンドウアプリケーションでのベント操作に加え,協調作業のための機能を付加
してなるコンピュータのコラボトレイ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008215360thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close