Top > Search of Japanese Patents > APPARATUS AND METHOD FOR DETECTING ABNORMAL TISSUE

APPARATUS AND METHOD FOR DETECTING ABNORMAL TISSUE

Patent code P120008132
File No. 08054
Posted date Nov 1, 2012
Application number P2008-241834
Publication number P2010-069158A
Patent number P5224454
Date of filing Sep 19, 2008
Date of publication of application Apr 2, 2010
Date of registration Mar 22, 2013
Inventor
  • (In Japanese)吉川 公麿
  • (In Japanese)佐々木 信雄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title APPARATUS AND METHOD FOR DETECTING ABNORMAL TISSUE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To detect a tumor such as a cancer tissue by a miniaturized structure harmless to the living body.
SOLUTION: A UWB transmitter generates UWB pulses composed of broad-band microwaves, and radiates the pulses from an antenna Ai. The radiated microwaves are received by another antenna Aj. Receiving signals are A-D converted and recorded in a memory 28. The processing is repeated while the antenna for transmission and the antenna for receiving are alternately changed. The time from the radiation of the microwave pulses till receiving of the reflected waves is found based on the recorded data, and the position of the tumor is identified.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

癌の診断は、例えば、X線や核磁気共鳴装置(MRI(magnetic resonance imaging))により対象部位の画像を撮像し、撮像した画像を分析することによりなされている(例えば、特許文献1)。

【特許文献1】
特表2007-071873号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、生体にマイクロ波を放射して癌等の異常組織を検出する装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
生体に対して複数のアンテナから順次マイクロ波を放射する放射手段と、
放射したマイクロ波の反射波を複数のアンテナで受信する受信手段と、
受信したマイクロ波に基づいて、生体中の異常組織の有無を判別するための信号処理を行う信号処理手段と、を備え、
前記放射手段は、
マイクロ波領域の周波数成分を含むパルス波を生成する手段と、
同じパルス波を繰り返し放射する手段と、を備え、
前記信号処理手段は、
前記放射手段で繰り返し放射され前記受信手段で受信したパルス波をサンプリングタイミングをずらしながら1つのパルス波につき1回ずつサンプリングして記憶するサンプリング手段と、
前記サンプリング手段でサンプリングして取得した波形データに基づいて、マイクロ波の放射からマイクロ波の受信までの時間を求める手段と、
前記複数のアンテナに関して求めた時間から、異常組織の位置を求める手段と、を備える、
とを特徴とする異常組織検出装置。

【請求項2】
 
基準クロック信号を生成する基準クロック信号生成手段をさらに備え、
前記放射手段は、前記基準クロック信号生成手段からの基準クロック信号に応答して、マイクロ波を放射し、
前記サンプリング手段は、
前記基準クロック信号の整数倍の発振周波数を有し、かつ、基準クロック信号に同期する信号を生成する位相同期回路と、
前記位相同期回路の出力に基づいて、前記基準クロック信号の生成から所定時間経過後にタイミングパルスを生成するタイミングパルス生成手段と、
前記タイミングパルス生成手段で生成したタイミングパルスに応答して、前記受信手段で受信した受信信号をサンプリングする手段と、を備える、
ことを特徴とする請求項1に記載の異常組織検出装置。

【請求項3】
 
前記サンプリング手段は、
1つの基準クロック信号に1つのタイミングパルスを生成し、
m個の基準クロック信号に対して同一のタイミングパルスを生成して、サンプリングを行う、
ことを特徴とする請求項1又は2に記載の異常組織検出装置。

【請求項4】
 
前記位相同期回路は、
リング状に結合されたインバータから構成されるn段のリング発振器と、
前記リング発振器の発振信号を1/n分周し、1/n分周した信号と基準クロック信号とが同期するように、リング発振器の発振周波数を制御する手段と、
を備える、
ことを特徴とする請求項2に記載の異常組織検出装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008241834thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close