Top > Search of Japanese Patents > FLUORESCENCE EMISSION COMPOUND AND MOISTURE DETECTION METHOD USING THE SAME

FLUORESCENCE EMISSION COMPOUND AND MOISTURE DETECTION METHOD USING THE SAME

Patent code P120008140
File No. 09063
Posted date Nov 1, 2012
Application number P2009-249485
Publication number P2011-095111A
Patent number P5288560
Date of filing Oct 29, 2009
Date of publication of application May 12, 2011
Date of registration Jun 14, 2013
Inventor
  • (In Japanese)大山 陽介
  • (In Japanese)播磨 裕
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title FLUORESCENCE EMISSION COMPOUND AND MOISTURE DETECTION METHOD USING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fluorescence emission compound for detecting the moisture without an effect of a polar material in a sample, and a moisture detection method using it.
SOLUTION: The fluorescence emission compound is expressed by formula 1 as R2N-A-B-R.... In formula 1, R is a hydrogen, an alkyl group, an acid protic functional group or a group having the acid protic functional group. At least one R is the acid protic functional group or the group having the acid protic functional group. A is an oxygen or a CH2. B is a fluorescence emission matrix. If a water molecule intervenes, the fluorescence emission matrix takes a twin ion structure and emits a fluorescence. The quantity of the moisture can be detected by measuring the fluorescence by using a fluorescence intensity meter.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

有機溶剤、固体材料、及び、大気中に含まれる微量水分を検出することは、生物工学、工業製品や食品等の品質管理、環境モニタリングなどの自然環境や人間生活の面で非常に重要である。

微量水分を検出すべく、非特許文献1~3に示すように、蛍光性水センサー色素の開発が行われている。これらの蛍光性水センサー色素を用いた水分検出では、水分子の極性を利用し、水分含有量の増加に伴う試料の極性の増大を蛍光強度の減少によって追跡している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、試料に含まれる水分を検出する水分検方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
式1で表される蛍光発光性化合物を試料に添加して紫外線を照射し
R2N-A-B-R・・・(式1)
(式中、Rは水素、アルキル基、酸性プロトン性官能基または酸性プロトン性官能基を有する基であり、少なくとも1つのRは酸性プロトン性官能基または酸性プロトン性官能基を有する基、Aは酸素またはCH2、Bは蛍光発光母体を表す。)
前記蛍光発光性化合物が双生イオン構造となって発する蛍光の強度を測定して、前記試料中の水分量を検出する、ことを特徴とする水分検出方法。

【請求項2】
 
前記酸性プロトン性官能基はカルボキシル基、スルホン酸基またはリン酸基であることを特徴とする請求項1に記載の水分検出方法

【請求項3】
 
前記酸性プロトン性官能基を有する基はアルキルカルボキシル基、アルキルスルホン酸基またはアルキルリン酸基であることを特徴とする請求項1又は2に記載の水分検出方法

【請求項4】
 
前記蛍光発光母体はアントラセン系骨格、クマリン系骨格またはピレン系骨格であることを特徴とする請求項1乃至3のいずれかに記載の水分検出方法
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close