Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING NANOPARTICLE, METHOD FOR PRODUCING LIGHT-EMITTING POWDER USING THE SAME, AND LIGHT-EMITTING ELEMENT USING THE LIGHT-EMITTING POWDER PRODUCED BY THE METHOD FOR PRODUCING LIGHT-EMITTING POWDER

METHOD FOR PRODUCING NANOPARTICLE, METHOD FOR PRODUCING LIGHT-EMITTING POWDER USING THE SAME, AND LIGHT-EMITTING ELEMENT USING THE LIGHT-EMITTING POWDER PRODUCED BY THE METHOD FOR PRODUCING LIGHT-EMITTING POWDER meetings

Patent code P120008149
File No. 09113
Posted date Nov 1, 2012
Application number P2010-082905
Publication number P2011-213848A
Patent number P5800409
Date of filing Mar 31, 2010
Date of publication of application Oct 27, 2011
Date of registration Sep 4, 2015
Inventor
  • (In Japanese)齋藤 健一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title METHOD FOR PRODUCING NANOPARTICLE, METHOD FOR PRODUCING LIGHT-EMITTING POWDER USING THE SAME, AND LIGHT-EMITTING ELEMENT USING THE LIGHT-EMITTING POWDER PRODUCED BY THE METHOD FOR PRODUCING LIGHT-EMITTING POWDER meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing nanoparticles capable of enhancing emission intensity.
SOLUTION: A ball 5 having a desired diameter and zirconium oxide powders or silicon powders are introduced into a container 4 with a ratio of generally 1:1 (step S1). Then, 25 g methanol (liquid) is introduced into the container 4 (step S2). Rotation and revolution of the container 4 are performed at a rotational speed, faster than 1,000 rpm (step S3). Then, the rotation and revolution of the container 4 are stopped after a desired time has passed (step S4).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、遊星型ボールミルを用いたナノ粒子の製造方法が知られている(非特許文献1)。従来のナノ粒子の製造方法は、ボールと出発材料とを容器に入れ、容器を数百rpmの回転速度で自転および公転させてナノ粒子を製造する。

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、ナノ粒子の製造方法、それを用いた発光粉体の製造方法および発光粉体の製造方法によって製造された発光粉体を用いた発光素子に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
球形状からなり、かつ、所望の直径を有するボールと、酸化ジルコニウムの粉体またはシリコンの粉体とを略1:1の比で容器内に入れる第1の工程と、
メタノールを前記容器内に入れる第2の工程と、
前記容器を1000rpmよりも速い回転速度で自転および公転させる第3の工程と、
所望の時間が経過すると、前記自転および前記公転を停止する第4の工程とを備え、
前記第1の工程から前記第4の工程を用いて製造されたナノ粒子の発光強度は、ミリングしないで製造されたナノ粒子の発光強度よりも大きい、ナノ粒子の製造方法。

【請求項2】
 
前記第1の工程において、第1のサイズを有する前記ナノ粒子を製造するとき、第1の値からなる直径を有するボールが前記容器内に設定され、前記第1のサイズよりも小さい第2のサイズを有する前記ナノ粒子を製造するとき、前記第1の値よりも小さい第2の値からなる直径を有するボールが前記容器内に設定される、請求項1に記載のナノ粒子の製造方法。

【請求項3】
 
前記第4の工程において、前記所望の時間は、第1のサイズを有する前記ナノ粒子を製造するとき、第1の時間に設定され、前記第1のサイズよりも小さい第2のサイズを有する前記ナノ粒子を製造するとき、前記第1の時間よりも長い第2の時間に設定される、請求項1に記載のナノ粒子の製造方法。

【請求項4】
 
酸化ジルコニウムまたはシリコンからなるナノ粒子と導電性高分子とを含む発光粉体の製造方法であって、
球形状からなり、かつ、所望の直径を有するボールと、酸化ジルコニウムの粉体またはシリコンの粉体とを略1:1の比で容器内に入れる第1の工程と、
導電性高分子を前記容器内に入れる第2の工程と、
メタノールを前記容器内に入れる第3の工程と、
前記容器を1000rpmよりも速い回転速度で自転および公転させる第4の工程と、
所望の時間が経過すると、前記自転および前記公転を停止する第5の工程と、
前記容器内の発光粉体と前記ボールとを分離する第6の工程と、
前記分離された発光粉体を所望の形状に成形する第7の工程とを備え、
前記第1の工程から前記第7の工程を用いて製造された発光粉体の発光強度は、ミリングしないで製造された発光粉体の発光強度よりも大きい、発光粉体の製造方法。

【請求項5】
 
前記第1の工程において、第1のサイズを有する前記ナノ粒子を製造するとき、第1の値からなる直径を有するボールが前記容器内に設定され、前記第1のサイズよりも小さい第2のサイズを有する前記ナノ粒子を製造するとき、前記第1の値よりも小さい第2の値からなる直径を有するボールが前記容器内に設定される、請求項4に記載の発光粉体の製造方法。

【請求項6】
 
前記第5の工程において、前記所望の時間は、第1のサイズを有する前記ナノ粒子を製造するとき、第1の時間に設定され、前記第1のサイズよりも小さい第2のサイズを有する前記ナノ粒子を製造するとき、前記第1の時間よりも長い第2の時間に設定される、請求項4に記載の発光粉体の製造方法。

【請求項7】
 
請求項4から請求項6のいずれか1項に記載の製造方法によって所望の形状に成形された発光粉体を製造する工程と、
前記発光粉体の一方側の表面に第1の電極を形成する工程と、
前記発光粉体の他方側の表面に第2の電極を形成する工程とを備える発光素子の製造方法
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010082905thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close