Top > Search of Japanese Patents > NANOPARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

NANOPARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P120008166
File No. 10114
Posted date Nov 1, 2012
Application number P2011-028872
Publication number P2012-167175A
Patent number P5873637
Date of filing Feb 14, 2011
Date of publication of application Sep 6, 2012
Date of registration Jan 22, 2016
Inventor
  • (In Japanese)齋藤 健一
  • (In Japanese)西尾 一志
Applicant
  • HIROSHIMA UNIVERSITY
Title NANOPARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a nanoparticle having powerful emission intensity.
SOLUTION: This nanoparticle 10 provides a hydrocarbon 1 and a silicon nanoparticle 2, where the hydrocarbon 1 comprises anyone of an eight carbons-linked structure, a six carbons-linked structure, an eight carbons/one oxygen-linked structure, a two cabons/one oxygen-linked structure, and a one carbon/one oxygen-linked structure; the silicon nanoparticle 2 is linked to carbon or oxygen of the hydrocarbon 1; and the silicon nanoparticle has a particle diameter of 2-3 nm.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、レーザアブレーションを用いてシリコン(Si)のナノ粒子を製造する方法が知られている(特許文献1)。

この方法は、二酸化炭素からなる超臨界流体中に単結晶シリコンを保持し、200mJ/パルス以上の強度を有するレーザ光を単結晶シリコンに照射して約2nmの直径を有するシリコンナノを製造するものである。

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、ナノ粒子、およびナノ粒子の製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
炭化水素と、前記炭化水素に含まれるカーボンまたは酸素に接続されたシリコンナノ粒子とを備え、2~3nmの粒径を最も多く有するナノ粒子の製造方法であって、
透明体からなる容器にシリコンの粉体および有機溶媒を入れる第1の工程と、
前記シリコンの粉体および有機溶媒の攪拌を開始する第2の工程と、
前記シリコンの粉体および有機溶媒を攪拌しながらパルスレーザを前記シリコンの粉体に照射する第3の工程とを備えるナノ粒子の製造方法。

【請求項2】
 
前記第1の工程において、オクチン、オクタノール、メタノール、エタノール、およびヘキセンのいずれかからなる有機溶媒を前記容器に入れる、請求項1に記載のナノ粒子の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011028872thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close