Top > Search of Japanese Patents > PATHOGENICITY INHIBITOR FOR PHYTOPATHOGENIC BACTERIA

PATHOGENICITY INHIBITOR FOR PHYTOPATHOGENIC BACTERIA

Patent code P120008221
File No. OP00824,S2012-0524-N0
Posted date Nov 9, 2012
Application number P2012-053897
Publication number P2013-184963A
Patent number P5950333
Date of filing Mar 11, 2012
Date of publication of application Sep 19, 2013
Date of registration Jun 17, 2016
Inventor
  • (In Japanese)一瀬 勇規
  • (In Japanese)田口 富美子
  • (In Japanese)岩城 雅子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岡山大学
Title PATHOGENICITY INHIBITOR FOR PHYTOPATHOGENIC BACTERIA
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a pathogenicity inhibitor, as a plant disease controlling agent friendly to environmental microflora, which reduces pathogenicity of phytopathogenic bacteria by inhibiting synthesis of flagella or pilus of phytopathogenic bacteria, or inhibiting motility of flagella or pilus.
SOLUTION: There is provided a pathogenicity inhibitor for phytopathogenic bacteria, including at least one of amino[(4-methylbenzyl)thio]methaneimine chloride and 4-{[{[amino(imino)methyl]amino}(imino)methyl]amino}-1-bromo-2-methylbenzene, and acridine-9-amine.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、植物における病原細菌による被害を防止するために、各種の殺菌剤が用いられている。昨今では、人畜や有益昆虫、あるいは環境等への害ができるだけ小さい殺菌剤が求められており、例えば、3-置換キノリン化合物又はその塩、及びそれを有効成分として含有する農薬などが提案されている(例えば、特許文献1参照。)。

しかしながら、このような殺菌剤でも、その散布によって目的の病原細菌だけでなく、病原性を有しない微生物までも死に至らしめる不具合を解消するには至っておらず、環境微生物相の劇的な変動・縮小を引き起こすという問題が残っていた。特に、非病原菌の中には、植物に病害抵抗性を誘導する有益な微生物も存在しており、これらの微生物までも病原菌か否かの区別なく死滅させることは回避したいところであった。

そこで、環境に対して比較的優しく、人体にたいしても安全な薬剤として、天然に存在する桂皮酸に着目した植物病原菌抑制剤も提案されている(例えば、特許文献2参照。)。ただし、この桂皮酸を用いた植物病原菌抑制剤は、一部の真菌に対してのみ効果的であり、病原細菌に適用できるものではなかった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、植物病原細菌に対して用いられる薬剤であって、病原細菌の病原性の発現を抑制することにより病原細菌による被害の発生を防止する病原性抑制剤に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
4-{[{[アミノ(イミノ)メチル]アミノ}(イミノ)メチル]アミノ}-1-ブロモ-2-メチルベンゼンを含有する植物病原細菌の病原性抑制剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012053897thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。
技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close