Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR MANUFACTURING METAL OXIDE CARRYING CARBON MATERIAL

METHOD FOR MANUFACTURING METAL OXIDE CARRYING CARBON MATERIAL commons meetings achieved

Patent code P120008301
Posted date Nov 21, 2012
Application number P2010-134684
Publication number P2012-000524A
Patent number P5417618
Date of filing Jun 14, 2010
Date of publication of application Jan 5, 2012
Date of registration Nov 29, 2013
Inventor
  • (In Japanese)衣本 太郎
  • (In Japanese)長野 敬太
  • (In Japanese)森田 美也子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人大分大学
Title METHOD FOR MANUFACTURING METAL OXIDE CARRYING CARBON MATERIAL commons meetings achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a simple and convenient method for manufacturing metal oxide carrying carbon material which suppresses the manufacturing cost, which can easily control a carrying amount of metal oxide, and which improves crystallinity.
SOLUTION: In the method, carbon material is dispersed in aqueous solution of metal fluoride including a desired metal or of a metal fluoro complex having the metal fluoride and a NH4group for the metal fluoride to be adsorbed onto a surface of the carbon material, and thereafter, the product is filtered and washed, and then dispersed in i boric acid aqueous solution and is heat-processed to obtain the metal oxide carrying carbon material with improved crystallinity. The metal fluoride having M as a metal element to be used is a metal fluoride represented by MF2, MF4, MF6.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

金属酸化物担持炭素材料の製造に関する従来技術として、ゾル・ゲル法(日本化学会誌 1991(10) pp.p1326~1331, 1991)。又は逆ミセル法で金属酸化物を製造した後、炭素材料に担持させる方法(Journal of the Electrochemical Society 151 (9), pp.A1477-A1482)。或いは含浸法(特開2 0 0 5-2 7 0 8 6 4、Applied Catalysis B: Environmental, 17 (3), pp.205-220, 1998)等がある。

金属酸化物担持炭素材料の製造方法としては前出の例があるが、ゾル・ゲル法では前駆体に有機物が含まれているため、その除去に高温が必要になり、またそれが燃焼する際の発熱で局所的に高温になることから、凝集や粒成長が促進されるため数ナノメートルから数十ナノメートルの粒径の金属酸化物粒子を得ることは難しい。

また逆ミセル法では、金属酸化物を製造した後、炭素材料表面に担持するために多段階必要であり、担持量をコントロールし難い問題点がある。なお、含浸法で製造した例もあるが、その材料の形状等は報告されておらず不明である。
【特許文献1】
特開2 0 0 5 - 2 7 0 8 6 4,
【非特許文献1】
Applied Catalysis B: Environmental, 17 (3), pp. 205-220, 1998.
【非特許文献2】
日本化学会誌 1991(10)pp.p1326~1331,1991.
【非特許文献3】
Journal of the Electrochemical Society 151 (9), pp. A1477-A1482, 2004.

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、移動体用、家庭用および宇宙用燃料電池、可逆燃料電池用、直接メタノール形燃料電池、りん酸形燃料電池、アルカリ形燃料電池用電極、電気分解用電極や光触媒、排ガス浄化用触媒等その他化学触媒として広い分野に応用可能な金属酸化物担持炭素材料の製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
所望の金属を含む金属フッ化物又は金属フッ化物とNH4基を有する金属フルオロ錯体との水溶液中に炭素材料を分散させると共にその炭素材料表面に金属フッ化物を吸着させた後、その生成物を濾別、洗浄後、ホウ酸水溶液に分散させ、洗浄、乾燥した後、熱処理することを特徴とする金属酸化物担持炭素材料の製造方法。

【請求項2】
 
前記金属フッ化物としては、Mを金属元素としてMF2, MF4, MF6で表される金属フッ化物を用いることを特徴とする請求項1に記載の金属酸化物担持炭素材料の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010134684thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close