Top > Search of Japanese Patents > LUMINESCENT METAL COMPLEX

LUMINESCENT METAL COMPLEX UPDATE_EN meetings

Patent code P120008387
File No. S2012-0923-N0
Posted date Dec 3, 2012
Application number P2012-159625
Publication number P2014-019664A
Patent number P5958903
Date of filing Jul 18, 2012
Date of publication of application Feb 3, 2014
Date of registration Jul 1, 2016
Inventor
  • (In Japanese)舘 ▲祥▼光
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人大阪
Title LUMINESCENT METAL COMPLEX UPDATE_EN meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a luminescent metal complex which is inexpensive and excellent in light emitting characteristics.
SOLUTION: The luminescent metal complex for solving the problem contains a zinc salt and a ligand represented by formula (I) (In the formula, Sp is a C1-C4 alkylene group, E is selected from the group consisting of a methylene group, an ethylene group, O, Se, and NH, L is a heteroaryl group, and R is a C1-C4 hydrocarbon group).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

現在、様々な発光材料が、それらが有する特異的な性質を利用して、試薬、材料などとして多くの分野で使用されている。

また、このような発光材料には、効率、輝度、発光寿命および耐久性のような発光特性が、より高いレベルで求められるようにもなっている。

このため、このような特性を満たす発光材料として、特開2000-26851号公報(特許文献1)には、正電荷輸送能を有する有機ポリマーと、負電荷輸送能を有する無機ポリマーとからなり、特定の空孔部と厚みを有する発光型有機・無機複合材料が記載されている。また、特開2007-161673号公報(特許文献2)には、イリジウム源と特定の配位子とからなる発光性金属錯体が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、優れた発光特性を有する新規な発光材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
亜鉛塩、および式(I):
【化1】
 
(省略)
(式中、
Spは、炭素数1~4のアルキレン基であり、
Eは、メチレン基、エチレン基、O、SeおよびNHからなる群から選択され、
Lは、ヘテロアリール基であり、そして
Rは、炭素数1~4の炭化水素基である)
で表される配位子を含む発光性金属錯体からなることを特徴とする発光材料

【請求項2】
 
前記Spが、エチレン基である請求項1に記載の発光材料

【請求項3】
 
前記Eが、メチレン基およびOからなる群から選択される請求項1または2に記載の発光材料

【請求項4】
 
前記Lが、ピリジル基、イミダゾリル基およびそれらのアルキル基置換体からなる群から選択される請求項1~3のいずれか1つに記載の発光材料

【請求項5】
 
前記Rが、メチル基またはエチル基である請求項1~4のいずれか1つに記載の発光材料

【請求項6】
 
前記亜鉛塩が、ZnCl2、ZnBr2、Zn(OAc)2およびZn(ClO42からなる群から選択される請求項1~5のいずれか1つに記載の発光材料

【請求項7】
 
前記発光性金属錯体が、式(II):
R1mR2nX=E’
(式中、
R1は、置換基を有していてもよいアリール基であり、
R2は、置換基を有していてもよいアルキル基であり、
Xは、P、SおよびCからなる群から選択され、
E’は、Oであり
mおよびnは、同一または異なって0~3の整数でありかつm+nが2または3である)
で表される配位性化合物をさらに含む請求項1~6のいずれか1つに記載の発光材料
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012159625thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close