Top > Search of Japanese Patents > TRAVELING OBJECT OPERATION INFORMATION SYSTEM

TRAVELING OBJECT OPERATION INFORMATION SYSTEM

Patent code P120008416
File No. S2011-0739-N0
Posted date Dec 19, 2012
Application number P2011-110672
Publication number P2012-242962A
Patent number P5920760
Date of filing May 17, 2011
Date of publication of application Dec 10, 2012
Date of registration Apr 22, 2016
Inventor
  • (In Japanese)庄 司 る り
  • (In Japanese)大 津 皓 平
  • (In Japanese)鈴 木 寿 一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京海洋大学
  • (In Japanese)日本無線株式会社
Title TRAVELING OBJECT OPERATION INFORMATION SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an operation information system of a traveling object for enabling operation of an object in an arbitrary layer which is in a lower layer without changing the context of layers on a screen on which image data is displayed with duplicated layers.
SOLUTION: A traveling object operation information system includes: a screen display part 4 for displaying layers on which picture data is displayed on a computer screen by duplicating those layers in a predetermined order; a layer control part 3 for executing object control to determine which section of each layer should be managed as an object, and to give identification information to each object, and to manage the position information of each object in a predetermined time, the command transparency control of the object to control whether or not the command should be executed by the object whose position is aligned to predetermined coordinates in response to the issue of a command when a cursor is at predetermined coordinates, and display control to control the presence/absence of the display of the overall layers by controlling the transparency of the layers; an information database 5 for storing information owned by the object; input means 6; and a central processing unit 2.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来から、コンピュータの表示の方法としてレイヤを積層して、重なった画像を表示する方法が知られていた。

マイクロソフト(登録商標)のオペレーションシステム(OS)では複数のウインドウを重畳して表示し、下層にあるウインドウが透けて見える表示方法を採用している。これもレイヤの積層による表示方法の一つである。

また、CADの分野では、例えば建屋の設計図では、コンクリート基礎図面と、木材の床図面と、電気配線図と、配管図等をそれぞれ別々のレイヤに記載し、必要な組合せで表示・出力するものが知られている。

一方、地図情報システムも従来からあった。地図情報システムとは、地図をコンピュータ画面に表示し、所定の場所にカーソルを合わせることで関連情報を表示するシステムをいい、種々の分野で用いられている。たとえば、カーナビゲーションシステムの分野では、地図情報システムをレイヤ表示の技術と組み合わせたものが知られている。かかるカーナビゲーションシステムでは、地図は一つのレイヤに記載し、その他の情報例えば駐車場の位置や、コンビニエンスストアの位置や、ガソリンスタンドの位置を個別のレイヤに記載し、使用者の入力命令によって表示すべきレイヤを制御し、必要に応じて地図上に駐車場の位置や、コンビニエンスストアの位置や、ガソリンスタンドの位置を組み合わせて表示する技術が知られている。

また、カーナビゲーションシステムにおいて、コンピュータ画面上で車がカーソルの役割を果たし、車が所定の場所に到達したら、その場所に予め入力されている情報を表示する技術が知られている。

地図情報システムは海図や船舶や航空機の運航監視システムにも応用されている。

船舶や航空機の運航監視システムは、地図や海図と、移動体の位置と、レーダ画像等を別々のレイヤに記載してそれらを重ね合わせてコンピュータ画面に表示し、カーソルを合わせて操作することによって必要な情報を提供する技術が知られている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、車両や船舶や航空機等(これらをまとめて「移動体」という。)の位置情報を地図(海図を含む)の情報とともに表示し、ユーザの要求に応じて移動体の運行に関するその他の情報を提供する移動体運行情報システムに関する。

特に、本発明は、上記各種の情報を複数のレイヤに記載しそれらの重なりで表示したコンピュータ画面において、レイヤの前後関係を変えることなく、下層にある任意のレイヤのオブジェクトを操作できるようにした移動体運行情報システムに関する。なお、「オブジェクト」とは、コンピュータ画面に表示された移動体や情報を有する物をいい、「オブジェクトの操作」とは、オブジェクトの関連情報を表示し、あるいは更新することをいう。「オブジェクトの関連情報の表示」は、オブジェクトに関係づけられた他の既定の情報を表示すること、および、移動体の軌跡などオブジェクト自体の過去の情報を表示することを含む。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
画面データを表示したレイヤを所定の順番で複数層重ねてコンピュータ画面に表示させる画面表示部と、
前記各レイヤのどの部分をオブジェクトとして管理するかを決定し、各オブジェクトごとに識別情報を与え、所定時間における各オブジェクトの位置情報を管理するオブジェクト制御と、カーソルが所定の座標にあるときにコマンドが発せされた場合に、前記座標に位置整合するオブジェクトが前記コマンドを実行するか否かを制御するオブジェクトのコマンド透過性制御と、レイヤの透明性を制御することによってレイヤ全体の表示の有無を制御する表示制御とを行うレイヤ制御部と、
オブジェクトが有する情報を格納する情報データベースと、
コンピュータ画面上のカーソルを制御でき、コマンドを入力することができる入力手段と、
全体の処理を制御する中央処理部と、を有し、
前記中央処理部は、前記入力手段を介したユーザからのコマンドにより、前記レイヤ制御部に、各レイヤのオブジェクトのコマンド透過性と各レイヤの透明性を設定させ、前記画面表示部に、前記レイヤ制御部によって設定された各レイヤを重ねてコンピュータ画面に表示させ、
ユーザが前記入力手段によりコンピュータ画面上でカーソルを所定座標に位置させて所定のコマンドを入力したときに、前記中央処理部は前記カーソルの座標に位置整合する各レイヤのオブジェクトを表層のレイヤから下層のレイヤに向かって検索し、前記カーソルの座標に位置整合しかつコマンドを実行するように設定されたオブジェクトのうち最上層にあるオブジェクトに対して前記コマンドを実行し、前記情報データベースから必要な情報を取得し、前記レイヤ制御部に表示のためのレイヤ制御命令を必要に応じて出力し、前記画面表示部にレイヤと必要な情報を重ねて表示させ、
いずれのレイヤのオブジェクトを操作可能にするかをユーザに選択させるレイヤ制御インターフェースをさらに有し、
移動体の位置を表示するレイヤは、時系列的に所定数の層のレイヤを有するレイヤ群とし、通常の使用状態では前記中央処理部と前記レイヤ制御部は最新の移動体位置のレイヤのみを表示するように制御し、過去の移動体位置のレイヤはレイヤ全体を透明として前記画面表示部に移動体位置のレイヤ群を重ねて表示させ、
カーソルが所定の移動体に位置合わせされ、過去データの参照を要求する過去データ参照コマンドが入力されたときは、前記中央処理部は当該コマンドを実行して前記移動体の識別情報を取得し、前記移動体の識別情報により前記レイヤ制御部に過去の移動体位置のレイヤ上の移動体のうち同一の識別情報を有する移動体のみを表示させ、前記画面表示部に前記移動体位置のレイヤ群を重ねて表示させることを特徴とする移動体運行情報システム。

【請求項2】
 
前記移動体位置のレイヤ群を重ねて表示された画像において、同一の前記識別情報を有する移動体を線で結んで軌跡情報を表示する、請求項1に記載の移動体運行情報システム。

【請求項3】
 
画面データを表示したレイヤを所定の順番で複数層重ねてコンピュータ画面に表示させる画面表示部と、
前記各レイヤのどの部分をオブジェクトとして管理するかを決定し、各オブジェクトごとに識別情報を与え、所定時間における各オブジェクトの位置情報を管理するオブジェクト制御と、カーソルが所定の座標にあるときにコマンドが発せされた場合に、前記座標に位置整合するオブジェクトが前記コマンドを実行するか否かを制御するオブジェクトのコマンド透過性制御と、レイヤの透明性を制御することによってレイヤ全体の表示の有無を制御する表示制御とを行うレイヤ制御部と、
オブジェクトが有する情報を格納する情報データベースと、
コンピュータ画面上のカーソルを制御でき、コマンドを入力することができる入力手段と、
全体の処理を制御する中央処理部と、を有し、
前記中央処理部は、前記入力手段を介したユーザからのコマンドにより、前記レイヤ制御部に、各レイヤのオブジェクトのコマンド透過性と各レイヤの透明性を設定させ、前記画面表示部に、前記レイヤ制御部によって設定された各レイヤを重ねてコンピュータ画面に表示させ、
ユーザが前記入力手段によりコンピュータ画面上でカーソルを所定座標に位置させて所定のコマンドを入力したときに、前記中央処理部は前記カーソルの座標に位置整合する各レイヤのオブジェクトを表層のレイヤから下層のレイヤに向かって検索し、前記カーソルの座標に位置整合しかつコマンドを実行するように設定されたオブジェクトのうち最上層にあるオブジェクトに対して前記コマンドを実行し、前記情報データベースから必要な情報を取得し、前記レイヤ制御部に表示のためのレイヤ制御命令を必要に応じて出力し、前記画面表示部にレイヤと必要な情報を重ねて表示させ、
いずれのレイヤのオブジェクトを操作可能にするかをユーザに選択させるレイヤ制御インターフェースをさらに有し、
気象情報や移動体間の交信を含む時系列データを有するオブジェクトを表示するレイヤは、時系列的に所定数の層のレイヤを有するレイヤ群とし、通常の使用状態では前記中央処理部と前記レイヤ制御部は最新のレイヤのみを表示するように制御し、過去の時系列データを表示するレイヤはレイヤ全体を透明として前記画面表示部にレイヤ群を重ねて表示させ、
カーソルが所定のオブジェクトに位置合わせされ、過去のデータの参照を要求する過去データ参照コマンドが入力されたときは、前記中央処理部は当該コマンドを実行して前記オブジェクトの識別情報を取得し、前記オブジェクトの識別情報により前記レイヤ制御部に過去の時系列データのレイヤ上のオブジェクトのうち同一の識別情報を有するオブジェクトのみを表示させ、前記画面表示部に前記時系列データを有するオブジェクトを表示するレイヤ群を重ねて表示させることを特徴とする移動体運行情報システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011110672thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close