Top > Search of Japanese Patents > MEASURING INSTRUMENT FOR MEASURING OXIDATION-REDUCTION POTENTIAL OF WET SOIL AND MEASURING METHOD FOR MEASURING OXIDATION-REDUCTION POTENTIAL OF WET SOIL

MEASURING INSTRUMENT FOR MEASURING OXIDATION-REDUCTION POTENTIAL OF WET SOIL AND MEASURING METHOD FOR MEASURING OXIDATION-REDUCTION POTENTIAL OF WET SOIL

Patent code P120008447
Posted date Dec 27, 2012
Application number P2011-108609
Publication number P2012-237730A
Patent number P5366274
Date of filing May 13, 2011
Date of publication of application Dec 6, 2012
Date of registration Sep 20, 2013
Inventor
  • (In Japanese)原 嘉隆
  • (In Japanese)土屋 史紀
Applicant
  • (In Japanese)独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title MEASURING INSTRUMENT FOR MEASURING OXIDATION-REDUCTION POTENTIAL OF WET SOIL AND MEASURING METHOD FOR MEASURING OXIDATION-REDUCTION POTENTIAL OF WET SOIL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a measuring instrument which is capable of automatically performing repeated measurement of an oxidation-reduction potential of wet soil.
SOLUTION: A measuring instrument 100 for measuring an oxidation-reduction potential of wet soil includes: a measuring electrode 1; a reference electrode 2; a measuring unit 10 which measures and records a potential difference between the measuring electrode 1 and the reference electrode 2 a plurality of times at time intervals; a resistance 12 which reduces a current flowing between the measuring electrode 1 and the reference electrode 2; and a switch 11 which connects the measuring electrode 1 and the reference electrode 2 so as to make the time of one measurement shorter than each interval of measurement and cuts off the current flowing between the measuring electrode 1 and the reference electrode 2 till the start of next measurement after the end of each measurement.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

酸化還元電位の測定は、ある系で起こっている化学反応を把握するために有効な方法である。一般的な酸化還元電位の測定では、溶液などの均一系であって、かつ、化学反応が平衡状態になった状態を対象にする。このように、本来は均一系を対象にした測定方法を土壌などの不均一系に適用した場合、測定された酸化還元電位はたとえ正確に測定したものであっても理論的な意味づけが難しいといった主張がある。とはいえ、起こっている化学反応を大まかに推定できるため、系内で進行している化学反応を把握するための有用な方法である。

例えば、非特許文献1~5には、手動により数日間隔で土壌の酸化還元電位を測定することが記載されている。また、非特許文献6には、土壌の酸化還元電位の経時変化を自動測定することが記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、湿潤土壌の酸化還元電位を測定する測定装置、および湿潤土壌の酸化還元電位を測定する測定方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
測定用電極および参照用電極と、
上記測定用電極と上記参照用電極との間の電位差を時間間隔をあけて複数回測定し、記録する測定手段と、
上記測定用電極と上記参照用電極との間に流れる電流を低減する抵抗と、
1回の測定時間が各測定間隔よりも短くなるように上記測定用電極と上記参照用電極との間を接続し、1回の測定が終了する毎に次の測定開始まで上記測定用電極と上記参照用電極との間に流れる電流を遮断するスイッチとを備える、湿潤土壌の酸化還元電位を測定する測定装置。

【請求項2】
 
上記スイッチの接続時間は、上記測定間隔の1/1000以下である、請求項1に記載の湿潤土壌の酸化還元電位を測定する測定装置。

【請求項3】
 
上記スイッチの接続時間は1秒以下である、請求項1または2に記載の湿潤土壌の酸化還元電位を測定する測定装置。

【請求項4】
 
上記抵抗が、20Mオーム以上、200Mオーム以下である、請求項1~3のいずれか1項に記載の湿潤土壌の酸化還元電位を測定する測定装置。

【請求項5】
 
上記スイッチは物理的に接続が遮断されるリレーである、請求項1~4のいずれか1項に記載の湿潤土壌の酸化還元電位を測定する測定装置。

【請求項6】
 
上記湿潤土壌が農地である、請求項1~5のいずれか1項に記載の土壌の酸化還元電位を測定するための測定装置。

【請求項7】
 
測定用電極と参照用電極との間の電位差を時間間隔をあけて複数回測定し、記録する測定ステップを含み、
上記測定ステップでは、1回の測定時間が各測定間隔の1/1000よりも短くなるように上記測定用電極と上記参照用電極との間を接続し、1回の測定が終了する毎に次の測定開始まで上記測定用電極と上記参照用電極との間を遮断する、湿潤土壌の酸化還元電位を測定する測定方法。
Industrial division
  • (In Japanese)試験、検査
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011108609thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close