Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR BREEDING PIG AND LOW CONCENTRATION PHENYLALANINE FEED

METHOD FOR BREEDING PIG AND LOW CONCENTRATION PHENYLALANINE FEED

Patent code P130008498
File No. S2011-0363
Posted date Jan 23, 2013
Application number P2011-145757
Publication number P2013-009643A
Patent number P5757520
Date of filing Jun 30, 2011
Date of publication of application Jan 17, 2013
Date of registration Jun 12, 2015
Inventor
  • (In Japanese)上野 俊治
Applicant
  • The Kitasato Institute Kitasato University
Title METHOD FOR BREEDING PIG AND LOW CONCENTRATION PHENYLALANINE FEED
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for breeding pig and a feed, which reduces free phenylalanine concentration in meat.
SOLUTION: There is provided the method for breeding pig, which reduces the free phenylalanine concentration in the meat by feeding low concentration phenylalanine feed for breeding for 2-7 days before shipment. The method allows the production of pork whose free phenylalanine concentration in the meat after aging is reduced. In addition, PhIP amount produced in the pork by heat cooking can be reduced, resulting in suppressing the occurrence of cancer which is caused by PhIP.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

肉を加熱調理するとフェニルアラニンとクレアチン(およびクレアチニン)とが反応し
てヘテロサイクリックアミンの一種であるPhIPを発生し、加熱調理した肉の摂取によ
って、女性に乳癌の発生率が上昇することが知られている。PhIPは、乳癌の他に、大
腸癌、前立腺癌を引き起こすとされ、例えば、ラットにDMH(1,2-dimethy
lhydrazine)を20mg/kg体重で週1回、計4回皮下投与して遺伝子に損
傷を与えた後、市販の飼料(基礎飼料)にPhIPを200ppm混合して32週自由摂
取させると、PhIPを与えていない群では発症率25%で大腸腫瘍が発生したのに対し
、PhIP投与群では発症率95%で大腸腫瘍が発生したとの報告もある(非特許文献1
)。

体内に摂取されたPhIPを代謝する経路としては複数が知られ、例えば、直接硫酸化
またはグルクロン酸抱合され、それぞれPhIP-4’-サルフェートやPhIP-N2
-グルクロナイドとなるか、または、チトクロームP450により変異原活性を持つ中間
体、N2-ヒドロキシ-PhIPとなった後にグルクロン酸抱合され、N2-ヒドロキシ
-PhIP-N2-グルクロナイドやN2-ヒドロキシ-PhIP-N3-グルクロナイ
ドとなって解毒される経路がある。これらの反応に関わる酵素の体内での分布や個人によ
る活性の違いがPhIPの解毒率と反応の種類、最終的には突然変異/癌の標的組織の決
定およびリスクの個人差に関わるといわれている(非特許文献2)。PhIP摂取量を低
減させることが何人にも望まれる。

PhIPは、フェニルアラニンとクレアチン(およびクレアチニン)との加熱反応によ
って生成するため、理論的には、加熱なしに肉を摂取すればPhIPの体内取り込み量を
低減しうる。このため、魚類や牛肉を摂取する際に加熱調理を控えることで、PhIP量
の発生を低減することは可能である。しかしながら、豚肉は、豚ヘルペスウィルスやトキ
ソプラズマ等を保有する可能性があり、生食により豚自体が保有している上記豚ヘルペス
ウィルスやトキソプラズマ、E型肝炎などの感染症にかかる恐れがある。更に、と畜流通
段階においては、カンピロバクター、リステリアほかの食中毒原因菌による汚染の可能性
もある。このため、SPF(Specific Pathogen Free:指定され
た病原体をもっていないという意味で「特定疾患不在豚」と訳される)豚肉といえども、
流通過程で非SPF豚と同じ経路で食肉処理されるため加熱調理が必要である。

このような現状に対応し、畜肉製品の調理加熱時に生成するヘテロサイクリックアミン
の生成を抑制する畜肉製品として、茶を添加してヘテロサイクリックアミン類の生成を抑
制した畜肉製品がある(特許文献1)。PhIPの摂取防止は事実上不可能であることに
鑑み、(+)-カテキンを含有する茶またはその成分を含有させると、無添加品に対しヘ
テロサイクリックアミンの生成量が5~100%抑制される、という。

また、畜肉の加熱加工食品中のヘテロサイクリックアミン類の生成を抑制するため、畜
肉の加熱食品を調製する際に、フェノール性抗酸化剤を使用してヘテロサイクリックアミ
ン類の生成を抑制する方法もある(特許文献2)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、肉中の遊離フェニルアラニン濃度が低減した豚の飼育方法に関し、より詳細
には、加熱調理の際にクレアチン(およびクレアチニン)と化学反応して生成されるPh
IP(2-amino-1-methyl-6-phenyl-imidazo[4,5
-b]pyridine)の発生を抑制しうる、遊離フェニルアラニンの濃度が低減した
豚の飼育方法、および当該飼育方法に好適な低濃度フェニルアラニン飼料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
豚の飼育方法であって、出荷前の2~7日間に、フェニルアラニン濃度が2~0g/kgの低濃度フェニルアラニン飼料を給与して飼育することを特徴とする、肉中遊離フェニルアラニン濃度が低減した豚の飼育方法。

【請求項2】
 
請求項1記載の豚の飼育方法に使用する、低濃度フェニルアラニン飼料。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close