Top > Search of Japanese Patents > ARTIFICIAL SATELLITE

ARTIFICIAL SATELLITE

Patent code P130008530
File No. S2012-0906-N0
Posted date Feb 12, 2013
Application number P2012-158243
Publication number P2014-019238A
Patent number P5991578
Date of filing Jul 17, 2012
Date of publication of application Feb 3, 2014
Date of registration Aug 26, 2016
Inventor
  • (In Japanese)能見 公博
  • (In Japanese)大井 克己
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title ARTIFICIAL SATELLITE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an artificial satellite capable of easily storing and developing an antenna.
SOLUTION: An artificial satellite includes a film antenna 3, and a pair of paddle parts 2 and 2 where solar batter panels 4 are arranged. The pair of paddle parts 2 and 2 are symmetrically arranged to each other with respect to an artificial satellite body 1 to be swung. The film antenna 3 is hung between the pair of paddle parts 2 and 2. When the pair of paddle parts 2 and 2 are swung to be housed, they are wound on the artificial satellite body 1 to be housed. When the pair of paddle parts 2 and 2 are swung to be developed, they are separated from the artificial satellite body 1 to be developed. The film antenna 3 is freely deformable, and easily housed at the time of launching. Only by releasing a hosed state, the antenna is returned to its original shape, and thus it is easily developed in the cosmic space.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

小型の人工衛星として一辺が10cmの立方体であるキューブサット(CubeSat)が知られている。このような小型の人工衛星に搭載するアンテナは設計に困難を伴う。例えば、145MHz帯のアンテナをダイポールアンテナなどの線状アンテナで構成する場合、少なくとも半波長の約1mの長さが必要となる。すなわち、人工衛星本体の全長より長いアンテナを搭載する必要があるため、打ち上げ時のアンテナの収納や宇宙空間でのアンテナの展開などが困難である。

また、小型の人工衛星には姿勢制御装置やアンテナ指向制御装置(例えば、特許文献1)を搭載できない。そのため、小型の人工衛星にロッドアンテナなどの指向性の高いアンテナを搭載する場合には、複数本のロッドアンテナを異なる方向に展開することにより、無指向性とすることが行われる。さらに、複数の周波数帯の電波を送受信するためには、各周波数に対応した長さを有する複数のアンテナを搭載する必要がある。

このように、小型の人工衛星に複数のアンテナを搭載する場合には、その収納や展開がさらに困難となる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、人工衛星に関する。さらに詳しくは、アンテナを搭載した特に小型の人工衛星に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
フィルムアンテナと、
太陽電池パネルが設けられた一対のパドル部と、を備え、
前記一対のパドル部は、人工衛星本体に対して互いに対称に揺動可能に設けられており、
前記フィルムアンテナは、前記一対のパドル部の間に架け渡されており、
前記フィルムアンテナは、前記一対のパドル部を揺動して収納すると人工衛星本体に巻回されて収納され、該一対のパドル部を揺動して展開すると人工衛星本体から離間して展開される
ことを特徴とする人工衛星。

【請求項2】
 
前記フィルムアンテナは湾曲形に成形されている
ことを特徴とする請求項1記載の人工衛星。

【請求項3】
 
前記フィルムアンテナを人工衛星本体から離間する方向に付勢する付勢手段を備える
ことを特徴とする請求項1または2記載の人工衛星。

【請求項4】
 
フィルムアンテナと、
太陽電池パネルが設けられたパドル部と、を備え、
前記パドル部は、人工衛星本体に対して揺動可能に設けられており、
前記フィルムアンテナは、前記パドル部の揺動端に連接されており、
前記フィルムアンテナは、前記パドル部を揺動して収納すると人工衛星本体に接して収納され、該パドル部を揺動して展開すると人工衛星本体から離間して展開される
ことを特徴とする人工衛星。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012158243thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close