Top > Search of Japanese Patents > COMPOSITE NANOPARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME, GLAZE, AND METHOD FOR PRODUCING METAL NANOPARTICLE

COMPOSITE NANOPARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME, GLAZE, AND METHOD FOR PRODUCING METAL NANOPARTICLE

Patent code P130008537
File No. 2931,S2011-0966-N0
Posted date Feb 14, 2013
Application number P2011-160145
Publication number P2013-023735A
Patent number P5938705
Date of filing Jul 21, 2011
Date of publication of application Feb 4, 2013
Date of registration May 27, 2016
Inventor
  • (In Japanese)松原 英一郎
  • (In Japanese)塩見 昌平
  • (In Japanese)田口 肇
  • (In Japanese)橋田 章三
  • (In Japanese)横山 直範
Applicant
  • Kyoto University
  • (In Japanese)地方独立行政法人京都市産業技術研究所
Title COMPOSITE NANOPARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME, GLAZE, AND METHOD FOR PRODUCING METAL NANOPARTICLE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide: a composite nanoparticle capable of maintaining a highly reactive metal in a stable state even when the metal is used, and capable of being easily produced; a method for producing the composite nanoparticle; and a glaze from which red color can be developed even when being subjected to oxidation firing at low firing temperature or intermediate firing temperature.
SOLUTION: In a liquid including a dispersant comprising a compound 12 having a functional group bonded to a metal and a functional group bonded to silica, a solvent and a metal ion donor, metal ions are generated while controlling the activity of the metal ions derived from the metal ion donor, and are further reduced to deposit a metal nanoparticle 11. Then, silica is formed on the metal nanoparticle 11 using a silica precursor compound forming a silica network by condensation polymerization to obtain a composite nanoparticle 1a or a composite nanoparticle 1b. The composite nanoparticle 1a or the composite nanoparticle 1b is used as a color material of a glaze.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


陶磁器に用いられている釉薬の1つとして、赤色を呈する辰砂釉が知られている。前記辰砂釉は、酸化第二銅を含有している。前記辰砂釉を1250℃付近の高火度で、還元焼成すると、前記辰砂釉に含まれる酸化第二銅が還元され、金属銅が生じる。これにより、辰砂釉は、赤色を呈する。
しかしながら、還元焼成は、一酸化炭素ガスを含む還元雰囲気下に高火度で行なわれることから、細心の注意を要する。



ところで、金属ナノ粒子は、当該金属ナノ粒子を構成する金属の種類によって、金属のバルク材料とは異なる物性を示す。したがって、金属ナノ粒子は、触媒、紫外線遮蔽剤、電子部品、光学部品、発光材料、塗料、磁性材料などの材料として種々の工業分野での利用が期待されている。



金属ナノ粒子を製造する方法として、液相還元法(例えば、特許文献1などを参照)が提案されている。かかる液相還元法は、液相中で還元剤によって金属イオンを還元する方法である。



ところが、金属ナノ粒子は、表面積が大きいため、一般的に凝集しやすい傾向にあるため、分離した状態で単離することが困難である。そこで、金属ナノ粒子同士の凝集を抑制し、保護剤によって金属ナノ粒子の表面を被覆して、金属ナノ粒子同士の凝集を抑制する方法が提案されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、複合ナノ粒子およびその製造方法、釉薬ならびに金属ナノ粒子の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
金属ナノ粒子と当該金属ナノ粒子上に形成されたシリカとを含み、前記金属ナノ粒子がシリカで覆われている複合ナノ粒子を製造する方法であって、
(I)金属に結合する官能基およびシリカに結合する官能基を有する化合物からなる分散剤と溶媒と金属イオン供与体とを含む液体中において、前記金属イオン供与体に由来する金属イオンの活量を制御しながら前記金属イオンを生じさせ、当該金属イオンを還元させて金属ナノ粒子を析出させ、金属ナノ粒子を含む分散液を得る工程、および
(II)前記工程(I)で得られた分散液に、縮重合によってシリカネットワークを形成するシリカ前駆体化合物を添加し、前記金属ナノ粒子上にシリカを形成させる工程
を含み、
記金属イオン供与体が、前記溶媒に難溶性で、前記溶媒のpHとは異なるpH条件下で金属イオンを徐放する金属化合物であって、アルカリ性条件下で金属イオンを徐放する金属化合物であり、
前記工程(I)において、アルカリ金属水酸化物またはアルカリ土類金属水酸化物によって前記液体のpHを前記溶媒のpHとは異なるpHに調整して金属イオンの活量を制御しながら前記金属イオンを生成させる、
ことを特徴とする複合ナノ粒子の製造方法。

【請求項2】
 
前記分散剤が、ゼラチン、ポリビニルアルコール、オレイン酸およびポリエチレングリコールからなる群より選ばれた少なくとも1種の化合物からなる、請求項1に記載の方法。

【請求項3】
 
前記分散剤が、ゼラチンからなる、請求項2に記載の方法。

【請求項4】
 
前記工程(I)および前記工程(II)を、不活性ガス通気条件下に実施する、請求項1~3のいずれかに記載の方法。

【請求項5】
 
前記溶媒として、水、前記金属イオン供与体として、酸化第二銅および前記pH調整剤として、水酸化ナトリウムを用いる、請求項1~4のいずれかに記載の方法。

【請求項6】
 
金属ナノ粒子と当該金属ナノ粒子上に形成されたシリカとを含み、前記金属ナノ粒子がシリカで覆われている複合ナノ粒子を製造する方法であって、
(I)金属に結合する官能基およびシリカに結合する官能基を有する化合物からなる分散剤と溶媒と金属イオン供与体とを含む液体中において、前記金属イオン供与体に由来する金属イオンの活量を制御しながら前記金属イオンを生じさせ、当該金属イオンを還元させて金属ナノ粒子を析出させ、金属ナノ粒子を含む分散液を得る工程、および
(II)前記工程(I)で得られた分散液に、縮重合によってシリカネットワークを形成するシリカ前駆体化合物を添加し、前記金属ナノ粒子上にシリカを形成させる工程
を含み、
前記金属ナノ粒子を構成する金属が、銅であり、
前記工程(I)において、分散剤の存在下に、銅と、pH調整剤としてアンモニア水溶液を当該アンモニア水溶液が前記銅に対して過剰量となるように混合することにより、前記銅イオンを生成させる、
ことを特徴とする複合ナノ粒子の製造方法。

【請求項7】
 
前記工程(I)において、分散剤の存在下に、銅と、pH調整剤としてアンモニア水溶液を当該アンモニア水溶液が前記銅に対して過剰量となるように混合することにより、銅錯体を生成させるとともに、前記銅錯体に由来する銅イオンの活量を制御しながら前記銅イオンを生成させる請求項6に記載の複合ナノ粒子の製造方法。

【請求項8】
 
金属ナノ粒子と複数個の球状のシリカナノ粒子とを含む複合ナノ粒子であって、
前記複数個の球状のシリカナノ粒子は、
金属に結合する官能基およびシリカに結合する官能基を有する化合物からなる分散剤と溶媒と前記溶媒に難溶性で、前記溶媒のpHとは異なるpH条件下で金属イオンを徐放する金属化合物であって、アルカリ性条件下で金属イオンを徐放する金属化合物である金属イオン供与体とを含む液体中において、アルカリ金属水酸化物またはアルカリ土類金属水酸化物によって前記金属イオン供与体に由来する金属イオンの活量を制御しながら前記金属イオンを生じさせ、当該金属イオンを還元させて金属ナノ粒子を析出させることで得られた分散液に、縮重合によってシリカネットワークを形成するシリカ前駆体化合物を添加して当該シリカ前駆体化合物を縮重合させることにより、前記金属ナノ粒子上に形成されたナノ粒子であ
複合ナノ粒子。

【請求項9】
 
前記金属ナノ粒子を構成する金属が、銅である請求項8に記載の複合ナノ粒子。

【請求項10】
 
焼成により赤色を呈する釉薬であって
ナノ粒子と当該銅ナノ粒子上に形成されたシリカとを含み、かつ前記銅ナノ粒子がシリカで覆われている複合ナノ粒子、または請求項9に記載の複合ナノ粒子と、
金属ケイ素または酒石酸ナトリウムカリウムと
を含有していることを特徴とする釉薬。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011160145thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close