Top > Search of Japanese Patents > VIRAL PARTICLE-LIKE NANOCAPSULE

VIRAL PARTICLE-LIKE NANOCAPSULE

Patent code P130008541
File No. S2011-0959-N0
Posted date Feb 14, 2013
Application number P2011-162596
Publication number P2013-021999A
Patent number P5892741
Date of filing Jul 25, 2011
Date of publication of application Feb 4, 2013
Date of registration Mar 4, 2016
Inventor
  • (In Japanese)多田 宏子
  • (In Japanese)妹尾 昌治
  • (In Japanese)黒田 俊一
Applicant
  • Okayama University
Title VIRAL PARTICLE-LIKE NANOCAPSULE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To produce highly efficiently and handily nanocapsule which has specific particle structure by using a living host.
SOLUTION: The nanocapsule contains proteins consisting of amino acid sequence which is either one of the followings shown as (1)-(4) below: (1) a specific amino acid sequence; (2) an amino acid sequence where an amino acid sequence which identifies biomolecule is further added to the amino acid sequence represented by (1); (3) a specific amino acid sequence different from (1); and (4) an amino acid sequence of which one or several amino acids in the amino acid sequence shown as either of (1)-(3) are substituted, deleted, inserted and/or added.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ヒトB型肝炎ウイルス等のようなウイルスエンベロープタンパク質を宿主細胞にて生合成させると、当該タンパク質が宿主細胞から脂質二重膜といった脂質を取り込みつつ、自己凝集してウイルス粒子様のナノカプセルを形成することが既に知られている。

例えば、特許文献1、2に示すように、ヒトB型肝炎ウイルス表面抗原(HBsAg)タンパク質を生合成させることで、ウイルス粒子様のナノカプセルが作製できることが知られている。しかしながら、当該ナノカプセルの作製のために用いられる宿主細胞としては、酵母細胞、動物細胞、昆虫細胞等といった真核細胞に限られており、原核細胞を用いてウイルス様の粒子を形成した報告は未だ存在しない。

一方、特許文献3ではHBsAgタンパク質のトランケートミュータントを、大腸菌を宿主細胞として用いて生合成させる技術が開示されているが、抗原としてのみ用いられる技術しか開示されておらず、ウイルス粒子様のナノカプセルが製造できるかどうかについては何ら明らかにされていない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ウイルス粒子様の形状を有するナノカプセルに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記の(1)~(4)のいずれかに示すアミノ酸配列からなるタンパク質および原核細胞に存在する脂質を含むナノカプセル:
(1)配列番号1に示されるアミノ酸配列;
(2)上記(1)に示されるアミノ酸配列からなるタンパク質の粒子形成能を失わない範囲で、当該アミノ酸配列のC末端側に、更に抗体を認識するアミノ酸配列が付加されたアミノ酸配列;
(3)配列番号2に示されるアミノ酸配列;
(4)上記(1)~(3)のいずれかに示されるアミノ酸配列において、粒子形成能を失わない範囲で、1個~10個のアミノ酸が置換、欠失、挿入、及び/又は付加されたアミノ酸配列。

【請求項2】
 
下記の(5)~(10)のいずれかに示す塩基配列からなるポリヌクレオチド:
(5)配列番号1に示されるアミノ酸配列をコードする塩基配列;
(6)配列番号3に示される塩基配列;
(7)上記(5)または(6)に示される塩基配列がコードするアミノ酸配列からなるタンパク質の粒子形成能を失わない範囲で、上記塩基配列に、更に抗体を認識するアミノ酸配列をコードする塩基配列が付加された塩基配列;
(8)配列番号2に示されるアミノ酸配列をコードする塩基配列;
(9)配列番号4に示される塩基配列;
(10)上記(5)~(9)のいずれかに示される塩基配列において、当該塩基配列がコードするアミノ酸配列からなるタンパク質が粒子形成能を失わない範囲で、1個~30個の塩基が置換、欠失、挿入、及び/又は付加された塩基配列。

【請求項3】
 
請求項2に記載のポリヌクレオチドを含む組換えベクター。

【請求項4】
 
請求項3に記載の組換えベクターを含む原核細胞

【請求項5】
 
請求項1に記載のナノカプセルを製造する方法であって、請求項4に記載の原核細胞を培養する工程を含む方法
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。
技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close