Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)ポリオルガノシロキサン組成物およびその硬化体

(In Japanese)ポリオルガノシロキサン組成物およびその硬化体

Patent code P130008572
Posted date Feb 26, 2013
Application number P2011-518228
Patent number P5597859
Date of filing May 13, 2010
Date of registration Aug 22, 2014
International application number JP2010003242
International publication number WO2010143357
Date of international filing May 13, 2010
Date of international publication Dec 16, 2010
Priority data
  • P2009-139256 (Jun 10, 2009) JP
Inventor
  • (In Japanese)中村 修平
  • (In Japanese)長 広明
  • (In Japanese)芦田 恭典
  • (In Japanese)村上 泰
  • (In Japanese)清水 航
  • (In Japanese)宮田 和代
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人三重大学
Title (In Japanese)ポリオルガノシロキサン組成物およびその硬化体
Abstract (In Japanese)
【課題】
 
強度が高い硬化体を得ることができ、かつ環境に与える影響の小さなポリオルガノシロキサン組成物およびその硬化体を提供する
【解決手段】
 
本発明は、(A)1分子中の少なくとも一方の末端がシラノール変性したポリオルガノシロキサンと、(B)上記ポリオルガノシロキサン1モルに対して0.5~4モルのシリコンアルコキシドと、(C)上記ポリオルガノシロキサン1モルに対して0.01~0.5モルのチタニウムアルコキシドと、(D)上記ポリオルガノシロキサン1モルに対して0.01~0.5モルのヒドロキシカルボン酸エステルとを含むポリオルガノシロキサン組成物およびその硬化体である。
【選択図】
 なし
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来から、ポリオルガノシロキサン組成物は、硬化した際に優れた耐候性および耐久性を発揮するので、接着剤やシーリング材に用いられている。近年では、ポリオルガノシロキサン組成物の硬化物は、より高い強度を要求される傾向にある。この要求に応えるべく、例えば、ポリオルガノシロキサン組成物中に無機あるいは有機化合物から成る充填材を混合させたものが知られている(特許文献1を参照)。

また、接着の対象となる材料も広がる傾向にあり、従来から接着が難しいポリブチレンテレフタレート、ハイインパクトポリスチロール、アクリル樹脂等に対しても良好に接着可能なポリオルガノシロキサン組成物として、ポリオルガノシロキサン、Si原子に結合した加水分解基を2個以上有するシラン化合物、およびビニル基含有ビスフェノールAとオルガノオキシ基を有するSi化合物との付加反応生成物とから成る組成物も知られている(特許文献2を参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ポリオルガノシロキサン組成物およびその硬化体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(A)30℃における粘度が1~500mPa・sであって、1分子中の少なくとも一方の末端がシラノール変性したポリオルガノシロキサンと、
(B)上記ポリオルガノシロキサン1モルに対して5~20モルのシリコンアルコキシドと、
(C)上記ポリオルガノシロキサン1モルに対して0.3~0.5モルのチタニウムアルコキシドと、
(D)上記ポリオルガノシロキサン1モルに対して0.3~0.5モルのヒドロキシカルボン酸エステルと、
(E)ポリオルガノシロキサン組成物の全重量に対して2~30重量%を占める無機フィラーと、
を含むことを特徴とするポリオルガノシロキサン組成物。

【請求項2】
 
前記シリコンアルコキシド(B)がメチルトリメトキシシランであり、
前記チタニウムアルコキシド(C)がチタニウムテトラエトキシドであることを特徴とする請求項1に記載のポリオルガノシロキサン組成物。

【請求項3】
 
前記ヒドロキシカルボン酸エステル(D)は、リンゴ酸ジアルキルエステルであることを特徴とする請求項1に記載のポリオルガノシロキサン組成物。

【請求項4】
 
前記ヒドロキシカルボン酸エステル(D)は、リンゴ酸ジアルキルエステルであることを特徴とする請求項2に記載のポリオルガノシロキサン組成物。

【請求項5】
 
前記メチルトリメトキシシランを前記ポリオルガノシロキサン1モルに対して5モルとし、
前記チタニウムテトラエトキシドおよび前記リンゴ酸ジアルキルエステルを、ともに、前記ポリオルガノシロキサン1モルに対して0.3モルとすることを特徴とする請求項4に記載のポリオルガノシロキサン組成物。

【請求項6】
 
請求項1から請求項5のいずれか1項に記載のポリオルガノシロキサン組成物を硬化したポリオルガノシロキサン組成物硬化体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close