Top > Search of Japanese Patents > SENSING SYSTEM

SENSING SYSTEM commons

Patent code P130008657
File No. N12040
Posted date Mar 11, 2013
Application number P2012-203990
Publication number P2014-059198A
Patent number P6095201
Date of filing Sep 18, 2012
Date of publication of application Apr 3, 2014
Date of registration Feb 24, 2017
Inventor
  • (In Japanese)水野 勉
  • (In Japanese)雨宮 永宜
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title SENSING SYSTEM commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a sensing system capable of allowing longer distance sensing when a distance is sensed using a transmission coil and a reception coil.
SOLUTION: A sensing system 1 including a power supply 5, a transmission coil 3 connected to the power supply 5, and a reception coil 4, comprises: a detection circuit 6 that detects a parameter varying with changes in distance between the transmission coil 3 and the reception coil 4; and matching circuits with switch 8, 9 electrically connected to at least one of the transmission coil 3 and the reception coil 4 and selected for use in measurement.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



電磁界を用いた距離センサは、構成が簡単で安価であることや、測定物に対する周辺物体による遮蔽といった環境変化に強いことから、研究・開発が盛んに行われている。

電磁界を用いた距離センサには、電磁波を用いる方式や電磁的な結合を用いる方式がある。電磁的な結合を用いる距離センサは、距離に対する電磁エネルギーの減衰が激しいために長距離化が困難である。そのために、電磁的な結合と共振現象の同時発生を利用する距離センサが検討されている(非特許文献1、2)。





磁界共振結合を用いてセンシング対象の位置や姿勢を特定するセンシング技術としては、複数の送信アンテナを備え、電源から送信アンテナに出力される電力に対する受信アンテナに伝達されずに電源に還る電力の反射係数に基づいて、受信アンテナの位置や姿勢を特定する方法が提案されている(特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、電磁界を利用して送信コイルと受信コイルの相互の位置関係を検知するセンシングシステムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
電源と、該電源に接続された送信コイルと、受信コイルとを備えるセンシングシステムであって、
前記送信コイルと前記受信コイルとの間の距離の変化にともなって変動するパラメータを検出する検出回路と、
前記送信コイルに接続されたスイッチ付整合回路と、前記受信コイルに接続されたスイッチ付整合回路とを備え、
前記送信コイルに接続されたスイッチ付整合回路と、前記受信コイルに接続されたスイッチ付整合回路は、前記送信コイルと受信コイルとの距離L、送信コイルと受信コイルの内径dの比(L/d)に基づいて整合条件が異なる複数の値を設定した複数のスイッチ付整合回路からなり、
前記検出回路により前記送信コイルと受信コイルとの間の距離を特定する際に、前記スイッチ付整合回路を使用する状態と、使用しない状態とに切り替えて使用するとともに、前記スイッチ付整合回路を使用する際に、前記異なる整合条件を備えるスイッチ付整合回路から測定レンジに合わせてスイッチ付整合回路を選択して使用することを特徴とするセンシングシステム。

【請求項2】
 
前記検出回路として出力電圧測定回路を使用し、該出力電圧測定回路の出力電圧を検出して、前記送信コイルと受信コイルとの間の距離を特定することを特徴とする請求項1記載のセンシングシステム。

【請求項3】
 
前記出力電圧測定回路を双方向結合器とし、反射係数をパラメータとして、前記送信コイルと受信コイルとの間の距離を特定することを特徴とする請求項2記載のセンシングシステム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012203990thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close