Top > Search of Japanese Patents > HELIANTHUS TUBEROSUS EXTRACT HAVING POLLINOSIS SYMPTOM REDUCING ACTION

HELIANTHUS TUBEROSUS EXTRACT HAVING POLLINOSIS SYMPTOM REDUCING ACTION commons

Patent code P130008661
File No. L12006
Posted date Mar 11, 2013
Application number P2012-222707
Publication number P2014-073992A
Patent number P6210667
Date of filing Oct 5, 2012
Date of publication of application Apr 24, 2014
Date of registration Sep 22, 2017
Inventor
  • (In Japanese)片山 茂
  • (In Japanese)中村 宗一郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title HELIANTHUS TUBEROSUS EXTRACT HAVING POLLINOSIS SYMPTOM REDUCING ACTION commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a helianthus tuberosus extract which exhibits the production inhibiting action of an IgE antibody and a histamine, and has pollinosis symptom reducing action, and is useful as a food composition or a medicinal composition, and to provide a method for producing a helianthus tuberosus extract.
SOLUTION: The present invention relates to the helianthus tuberosus extract hardly containing an inulin of a main ingredient or containing only an extremely little amount of the inulin, which is obtained by extraction using an extraction solvent with an inulin solubility of about 2% or less, for example, a mixture of one lower alcohol, which is selected from methanol, ethanol, propanol, and butanol, and water, more specifically, for example, hydrous alcohol with a water content of about 60-90%. The present invention also relates to the food composition or the medicinal composition which contains the extract as an active ingredient.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

キクイモ(Helianthus tuberosus)は、キク科(Compositae) ヒマワリ属の多年草で、その主成分は多糖類のイヌリンを含む食物繊維で、通常のイモ類と異なり、デンプンをほとんど含まず、また、主成分のイヌリンが血糖低下作用を有する事などから、低カロリーの健康食品用素材として注目されている。

これまで、キクイモの抽出物については、ラジカル消去作用、エラスターゼ活性抑制作用およびB16細胞白色化作用を有する多機能型の皮膚外用剤、または抗酸化作用、ホスホリパーゼA2活性抑制作用を有する毛髪用外用剤の有効成分として有用なキクイモ抽出物(特許文献1参照)、あるいは、皮ふの抗炎症および再生用香粧組成物の活性成分として有用なキクイモ抽出物(特許文献2)などが報告されている。

上記特許文献1には、キクイモを水または、50%エタノール若しくは50%1,3-ブチレングリコールで抽出した抽出物が記載されている。この抽出物は、用いられている抽出溶媒から、キクイモの主成分のイヌリンを主体とするものである。一方、本発明のキクイモ抽出物は、イヌリン溶解度が約2%以下の抽出溶媒、例えば約60~90%含水アルコールで抽出して得られるもので、イヌリンをほとんど含まないか、あるいは極めて僅かしか含まないものであり、当該抽出物とは全く異なる物である。

また、特許文献2には、キクイモを水で抽出して得た抽出液の他に、キクイモを70%水性エタノールで4日間放置して得た抽出液をろ過し、冷却下、光および空気から保護して貯蔵した抽出液が記載されている。この抽出液は、抽出溶媒の点で、本発明の抽出物と重複している。しかしながら、本発明のキクイモ抽出物は、イヌリン溶解度が約2%以下の抽出溶媒、例えば約60~90%含水アルコールで、抽出した抽出液をろ過、精製し、これを濃縮、乾固して得られるものであり、当該キクイモ抽出液とは、物の組成においても形状においても全く異なる物である。

さらに、本発明の抽出物は、IgE抗体およびヒスタミンの産生抑制作用を示すものであり、従来の抽出物とは、作用効果においても全く異なっている。

これまで、IgE抗体およびヒスタミンの産生抑制作用を有し、花粉症の症状緩和効果を示すキクイモ抽出物については全く報告されておらず、示唆もされていない。

花粉症の症状、例えば、くしゃみやかゆみの軽減化に関しては、花粉症における重要な誘発因子であるIgE抗体やヒスタミンの産生を抑制することが有効と言われている。

このようなことから、本発明者は、IgE抗体およびヒスタミンの産生抑制作用を示す植物抽出成分を見出すべく研究を行った結果、キクイモの抽出物であって、主成分のイヌリンをほとんど含まないか、あるいは極めて僅かしか含まない抽出物に所望の効果を見出すことができ、本発明を完成するに至った。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、IgE抗体およびヒスタミンの産生抑制作用を有し、顕著な花粉症の症状軽減効果を発揮するキクイモ抽出物およびその製造方法に関するものである。

また本発明は、当該抽出物を活性成分として含有する食品組成物または医薬品組成物に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
クイモ(Helianthus tuberosus)の塊茎を60~90%含水メタノールまたは60~90%含水エタノールを用いて抽出し、これを乾燥したキクイモ抽出物を活性成分として含有する、IgE抗体およびヒスタミンの産生抑制用ならびに花粉症症状軽減用の食品組成物または医薬品組成物。

【請求項2】
 
キクイモ(Helianthus tuberosus)の塊茎を60~90%含水メタノールまたは60~90%含水エタノールを用いて抽出し、これを乾燥したキクイモ抽出物。

【請求項3】
 
キクイモ(Helianthus tuberosus)の塊茎を60~90%含水メタノールまたは60~90%含水エタノールを用いて抽出し、これを乾燥する、IgE抗体およびヒスタミンの産生抑制用ならびに花粉症症状軽減用の食品組成物または医薬品組成物の活性成分として用いるための、キクイモ抽出物の製造方法。

【請求項4】
 
請求項2に記載のキクイモ抽出物または請求項3に記載の製造方法により製造されたキクイモ抽出物を用いる、IgE抗体およびヒスタミンの産生抑制用ならびに花粉症症状軽減用の食品組成物または医薬品組成物の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012222707thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close