Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)流体移送装置及び流体移送方法

(In Japanese)流体移送装置及び流体移送方法 foreign

Patent code P130008692
Posted date Mar 14, 2013
Application number P2009-536063
Patent number P5105292
Date of filing Oct 1, 2008
Date of registration Oct 12, 2012
International application number JP2008067802
International publication number WO2009044764
Date of international filing Oct 1, 2008
Date of international publication Apr 9, 2009
Priority data
  • P2007-259187 (Oct 2, 2007) JP
Inventor
  • (In Japanese)岩本 薫
  • (In Japanese)河村 洋
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京農工大学
Title (In Japanese)流体移送装置及び流体移送方法 foreign
Abstract (In Japanese)
【課題】
 液体や気体等の状態に係わらずに適用でき、エネルギー損失を低減することが可能な流体移送方法を提供する。
【解決手段】
 管路内を流れる流体を加圧することにより加速と減速を繰り返し、流体を脈動させて移送する。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

パイプライン輸送等による流体の移送において、移送する際の流体のエネルギー損失を抑制する技術が提案されている。
例えば、流体が流れる管路内に、リブレットと呼ばれる微小な突起を管の内壁に貼り付け、又は、管の内壁を微小な突起に加工することによって形成し、管の内壁と流体との摩擦抵抗係数を低減する方法が提案されている(例えば、非特許文献1参照)。

また、管路内を流れる流体に対してポリマーを添加することにより、管の内壁と流体との摩擦抵抗係数を低減する方法が提案されている(例えば、非特許文献2参照)。
【非特許文献1】
M.J.walsh, AIAA Paper, 82-0169 (1982)
【非特許文献2】
P.S.Virk, AiChE J., 21, 625 (1975)

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、管路内を流れる流体を移送するための流体移送装置及び流体移送方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
管路と、
前記管路内を流れる流体の速度を変化させて前記流体に脈動を発生させる手段と、を備え、
前記脈動を発生させる手段が、
前記管路内に設けられている前記管路内の前記流体を加圧して速度を変化させる加圧手段と、
前記加圧手段を駆動する駆動手段と、
前記駆動手段を制御し前記流体の加速期間と減速期間の脈動周期、及び、前記流体の加速期間と減速期間との圧力勾配差を制御することによって乱流状態の前記流体を層流化させる制御手段と、を有する
ことを特徴とする流体移送装置。

【請求項2】
 
前記脈動を発生させる手段は、前記流体の速度を減速するときに前記流体からエネルギーを回収することを特徴とする請求項1に記載の流体移送装置。

【請求項3】
 
前記駆動手段に接続された蓄電手段を備えることを特徴とする請求項2に記載の流体移送装置。

【請求項4】
 
前記流体の速度を減速するときに、前記蓄電手段に前記流体からエネルギーを回収することを特徴とする請求項3に記載の流体移送装置。

【請求項5】
 
管路内を流れる流体を加圧することにより、前記流体の流速の加速と減速とを繰り返し、前記流体の加速期間と減速期間の脈動周期、及び、前記流体の加速期間と減速期間との圧力勾配差を制御して前記流体を脈動させ、乱流状態の前記流体を層流化して移送することを特徴とする流体移送方法。

【請求項6】
 
前記流体を減速するときに前記流体からエネルギーを回収することを特徴とする請求項5に記載の流体移送方法。

【請求項7】
 
前記流体を減速するときに、前記管路内に設けた加圧手段と駆動手段とにより発電し、前記駆動手段と接続した蓄電手段に蓄電することを特徴とする請求項6に記載の流体移送方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009536063thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close