Top > Search of Japanese Patents > FRICTIONAL RESISTANCE REDUCING DEVICE AND MOVING BODY

FRICTIONAL RESISTANCE REDUCING DEVICE AND MOVING BODY

Patent code P130008693
Posted date Mar 14, 2013
Application number P2010-053834
Publication number P2011-185409A
Patent number P5590442
Date of filing Mar 10, 2010
Date of publication of application Sep 22, 2011
Date of registration Aug 8, 2014
Inventor
  • (In Japanese)岩本 薫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京農工大学
Title FRICTIONAL RESISTANCE REDUCING DEVICE AND MOVING BODY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a novel frictional resistance reducing device reducing frictional resistance of a fluid a great deal only by adding a simple device to the conventional machine body surface so that considerable improvement in energy efficiency can be expected.
SOLUTION: A vibrator for generating progressive waves is stuck to the tip part of a moving body external wall 101. The vibrator vibrates at a frequency computed based on the kinematic viscosity of the fluid, the cruising speed of the moving body and the length of moving body in the moving direction of the fluid. The whole moving body external wall 101 thus vibrates. The fluid covering the moving body external wall 101 thereby changes into laminar flow from turbulent flow, and the fluid friction can be reduced by about 80% at the maximum.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

周知のように、航空機、新幹線等の高速列車、そして船舶、また将来実現されるリニアモーターカー等の高速輸送機器は、旅客や貨物等の輸送対象を高速且つ大量に輸送するために、燃料や電力を大きく消費する。これら高速輸送機器を運用する企業体にとって、電力や燃料等のエネルギー消費を低減することは、当該企業体の利益率を向上するだけでなく、エネルギーの大部分を諸外国から輸入する我が国の負担を軽減するためにも、また環境負荷を低減するためにも極めて重要である。

高速輸送機器のエネルギー消費を低減するための試みは、あらゆる角度で研究され、技術が進化している。特に、近年では流体力学に基づく高速輸送機器の機体に接触する空気や水等の流体との摩擦抵抗を低減させるための研究が盛んである。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、摩擦抵抗低減装置に関し、より詳細には、航空機、高速列車、船舶等の高速移動体の表面に実装して、高速移動体の表面に接触する空気或は水等の流体との摩擦抵抗を低減し、推進力に要する燃料等のエネルギー消費を大幅に低減する、摩擦抵抗低減装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
移動体を覆う移動体外壁と、
前記移動体外壁の、前記移動体の進行方向前方に設けられ、前記移動体外壁に前記移動体の進行方向に沿う進行波を発生させるための振動体と、
前記振動体に、前記移動体外壁に接触する流体の動粘度νと、前記移動体の巡航速度Ulamと、前記移動体の進行方向の長さLに基づく周波数の交流電圧を供給する交流電源と
を具備し、
前記交流電源の周波数fを、前記移動体の進行方向の長さLから壁面摩擦応力τwを得て、前記動粘度ν、前記巡航速度Ulamから、
(式省略)
で得る、摩擦抵抗低減装置。

【請求項2】
 
更に、
前記移動体外壁に発生させる前記進行波の最大振幅a
(式省略)
で得る、請求項1に記載の摩擦抵抗低減装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010053834thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close