Top > Search of Japanese Patents > MICRO ATTACHMENT PEELING SYSTEM AND METHOD FOR PEELING MICRO ATTACHMENT

MICRO ATTACHMENT PEELING SYSTEM AND METHOD FOR PEELING MICRO ATTACHMENT

Patent code P130008723
File No. S2011-1202-N0
Posted date Mar 22, 2013
Application number P2011-189801
Publication number P2013-050665A
Patent number P5849331
Date of filing Aug 31, 2011
Date of publication of application Mar 14, 2013
Date of registration Dec 11, 2015
Inventor
  • (In Japanese)岩田 太
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title MICRO ATTACHMENT PEELING SYSTEM AND METHOD FOR PEELING MICRO ATTACHMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a micro attachment peeling system capable of selectively peeling off a micro attachment with a dimension of 1 mm or less that is attached to the surface of a substrate, without giving significant damage to the micro attachment.
SOLUTION: A micro attachment peeling system 100 includes a microscope 110 for observing a micro attachment W comprising a cell. The microscope 110 includes, around a stage 111 thereof: a peeler displacement device 130 for displaceably holding a spatula-like peeler 140 for peeling off the micro attachment W; and an attachment suction device 150 for sucking the peeled micro attachment W along with a culture medium C. A user operates the peeler displacement device 130 via a controller 160 and an external computer device 170 to peel off the micro attachment W by displacing an insertion part 141 of the peeler 140 with its pressed towards the bottom surface of a Petri dish S and sucks and captures the peeled micro attachment by the attachment suction device 150.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来から、医療分野においては、シャーレなどの培養器内の溶液中から単一の細胞、または数個の細胞を捕捉する場合、マイクロピペットが用いられている。マイクロピペットは、例えば、下記特許文献1,2に示すように、先端部が開口した長細い管体に形成されており、この管体内の圧力を下げることにより前記先端部から溶液中の細胞を1つずつ吸引して捕捉することができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、基材の表面に付着した大きさが顕微鏡で観察可能な大きさの微小付着物、特には、流体中の基材の表面に付着した細胞や微生物などの生体試料を生きた状態で剥がすことができる微小付着物剥離システムおよび微小付着物剥離方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
基材の表面に付着した大きさが1mm以下の微小付着物を流体内で前記基材の表面から剥がすための微小付着物剥離システムであって、
前記基材の表面に付着した前記微小付着物を拡大して観察するための顕微鏡と、
ヘラ状に形成された剥離具を保持するとともに同剥離具の先端部を前記基材の表面に押し付けた状態で同剥離具を前記基材の表面上で相対変位させることができる剥離具変位手段と、
前記基材から剥がされた前記微小付着物を捕捉するための付着物捕捉手段と、
前記剥離具変位手段の作動を制御するための制御手段とを備え
前記剥離具は、前記基材の表面に押し付けられた際の撓み変形量に応じた電気信号を出力する変形検出センサを備えており、
前記制御手段は、前記変形検出センサからの前記電気信号を用いて前記剥離具を所定の圧力で前記基材の表面に押し付けることを特徴とする微小付着物剥離システム。

【請求項2】
 
請求項1に記載した微小付着物剥離システムにおいて、
前記付着物捕捉手段は、前記基材の表面から剥がされた前記微小付着物を前記流体の吸引を介して捕捉することを特徴とする微小付着物剥離システム。

【請求項3】
 
請求項1または請求項2に記載した微小付着物剥離システムにおいて、
前記制御手段は、
前記剥離具変位手段の作動を制御して前記剥離具を前記基材に押し付けた状態で同剥離具を前記基材と前記微小付着物との間に挿し入れて前記微小付着物を前記基材の表面から剥がすことを特徴とする微小付着物剥離システム。

【請求項4】
 
請求項1ないし請求項3のうちのいずれか1つに記載した微小付着物剥離システムにおいて、
前記微小付着物は、生体試料であり、
前記顕微鏡は、光学式顕微鏡であることを特徴とする微小付着物剥離システム。

【請求項5】
 
請求項1ないし請求項4のうちのいずれか1つに記載した微小付着物剥離システムにおいて、
前記剥離具は、透明な素材で構成されていることを特徴とする微小付着物剥離システム。

【請求項6】
 
請求項1ないし請求項5のうちのいずれか1つに記載した微小付着物剥離システムにおいて、
前記剥離具は、先端部の幅が少なくとも前記微小付着物の幅よりも広いことを特徴とする微小付着物剥離システム。

【請求項7】
 
請求項1ないし請求項6のうちのいずれか1つに記載した微小付着物剥離システムにおいて、
前記剥離具は、上面が先端部側から上方に向って傾斜して形成されていることを特徴とする微小付着物剥離システム。

【請求項8】
 
基材の表面に付着した大きさが1mm以下の微小付着物を流体内で前記基材の表面から剥がすための微小付着物剥離方法であって、
前記基材の表面に付着した前記微小付着物を拡大して観察するための顕微鏡と、
前記基材の表面に押し付けられた際の撓み変形量に応じた電気信号を出力する変形検出センサを備えてヘラ状に形成された剥離具を保持するとともに同剥離具の先端部を前記基材の表面に押し付けた状態で同剥離具を前記基材の表面上で相対変位させることができる剥離具変位手段と、
前記基材から剥がされた前記微小付着物を捕捉するための付着物捕捉手段と、
前記剥離具変位手段の作動を制御するための制御手段とを用意しておき、
前記顕微鏡で前記基材の表面に付着した前記微小付着物の拡大像を観察しながら、
前記制御手段を介して前記剥離具変位手段の作動を制御することにより、前記剥離具の先端部を前記基材の表面に押し付けた状態で相対変位させることによって前記微小付着物を前記基材から剥がす際に、
前記制御手段は、前記変形検出センサからの前記電気信号を用いて前記剥離具を所定の圧力で前記基材の表面に押し付け、
前記基材から剥がされた前記微小付着物を前記付着物捕捉手段によって捕捉するようにしたことを特徴とする微小付着物剥離方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011189801thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close