Top > Search of Japanese Patents > COMPOSITION, AND METHOD FOR MANUFACTURING BONE OR TOOTH FILLING MATERIAL USING THE COMPOSITION

COMPOSITION, AND METHOD FOR MANUFACTURING BONE OR TOOTH FILLING MATERIAL USING THE COMPOSITION

Patent code P130008735
File No. 2010-P19
Posted date Mar 22, 2013
Application number P2011-077794
Publication number P2012-210346A
Patent number P5777141
Date of filing Mar 31, 2011
Date of publication of application Nov 1, 2012
Date of registration Jul 17, 2015
Inventor
  • (In Japanese)相澤 守
  • (In Japanese)高橋 周平
  • (In Japanese)小西 敏功
Applicant
  • (In Japanese)学校法人明治大学
  • (In Japanese)地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所
Title COMPOSITION, AND METHOD FOR MANUFACTURING BONE OR TOOTH FILLING MATERIAL USING THE COMPOSITION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a composition suitable for manufacturing a bone or tooth filling material, the composition having superior handling performance, facilitating accurate measurement of each cement in cement manufacturing, and being capable of preparing a cured product having high compressive strength, and to provide a method for manufacturing the bone or tooth filling material using the composition.
SOLUTION: The composition includes calcium phosphate that is treated by inositol phosphate, chitosan and organic acid. Moreover, the method for manufacturing the bone or tooth filling material includes kneading the composition with water.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、我が国の高齢者人口は顕著な増加傾向を示している。これに伴い、近い将来において高齢者に発症が多く見られる骨粗鬆症の罹患率上昇が予想される。骨粗鬆症が発症すると骨の形成と吸収のバランスが崩れ、骨密度が低下する。そのため骨組織が荷重に対し脆弱になり、圧迫骨折が発症しやすくなる。例えば、上半身の姿勢を支える脊椎において、椎体圧迫骨折が発症した場合、脊椎の前彎化や背痛を引き起こし、QOL (Quality of Life)低下を引き起こす。



椎体圧迫骨折の治療法として、骨セメントによる経皮的椎体形成術(Vertebroplasty, Kyphoplasty)が選択され、良好な術後成績が得られている。これまでは骨セメントとしてポリメチルメタクリラートが用いられてきたが、硬化反応時に発生する重合熱による周囲組織の壊死、新生骨と直接結合しない、隣接椎体骨折などが問題視され、それに代わる新たな骨セメントとしてリン酸カルシウムセメントの研究開発が進められている。



現在までに数々のリン酸カルシウムセメントが開発されてきた。そのほとんどはリン酸四カルシウムやリン酸水素カルシウムなどを主材とし、酸-塩基反応により硬化したものである。しかし、酸-塩基反応による炎症反応の恐れや硬化時間が長いことが問題点として挙げられている。



本願発明者らは、先にイノシトールリン酸若しくはフィチン酸又はそれらの塩をカルシウム化合物の表面に吸着させた微結晶を含むセメントを提案している (特許文献1)。このセメントはpHの変動を伴うことなく硬化するため、上記の問題の恐れがない。また、イノシトールリン酸を表面に吸着させたカルシウム塩の粉体を含むセメント用材料と、多糖、イノシトールリン酸及び溶媒を含む混練液とを混練して得られるセメントを提案し、臨床応用に向け大きく前進している(特許文献2)。さらに、イノシトールリン酸を表面に吸着させた、リン酸三カルシウムを主成分として含有する粉体を含むセメントを提案している(特許文献3)。さらにカルシウム塩粉末の粒度分布を最適化することにより圧縮強度を高めることにも成功している(特許文献4)。また、特許文献4には、セメント用材料を水性溶媒中で混練する際に、適用する疾患に応じて、でんぷん、グリコサミノグリカン、アルギン酸、キチン、キトサン、ヘパリン等の多糖類も添加可能であることが記載されている。しかしながら、特許文献4には、多糖類の添加については具体的に記載されておらず、添加の目的も「適用する疾患に応じて」と記載されているのみであり、キトサンを加えることによる効果やキトサンと他の多糖類との相違については記載も示唆もされていない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、骨又は歯充填材の製造方法及びそれに好適に利用可能な組成物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
イノシトールリン酸処理したリン酸カルシウムと、キトサンと、有機酸を含み、前記キトサン及び有機酸が、キトサンとクエン酸を含む水溶液の凍結乾燥物である組成物。

【請求項2】
 
前記イノシトールリン酸が、フィチン酸である請求項1記載の組成物。

【請求項3】
 
請求項1又は2記載の組成物を水と混練することを含む、骨又は歯充填材の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011077794thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close