Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR DIAGNOSING PLANT NUTRITIONAL STATE, METHOD FOR RECOVERING PLANT NUTRITIONAL STATE, PLANT NUTRITIONAL STATE DIAGNOSTIC DEVICE, AND PLANT NUTRITIONAL STATE RECOVERING DEVICE

METHOD FOR DIAGNOSING PLANT NUTRITIONAL STATE, METHOD FOR RECOVERING PLANT NUTRITIONAL STATE, PLANT NUTRITIONAL STATE DIAGNOSTIC DEVICE, AND PLANT NUTRITIONAL STATE RECOVERING DEVICE

Patent code P130008743
File No. 2009-P20
Posted date Mar 22, 2013
Application number P2010-040643
Publication number P2011-072302A
Patent number P5483087
Date of filing Feb 25, 2010
Date of publication of application Apr 14, 2011
Date of registration Feb 28, 2014
Priority data
  • P2009-205305 (Sep 4, 2009) JP
Inventor
  • (In Japanese)中林 和重
  • (In Japanese)苅部 誠
  • (In Japanese)中原 健司
Applicant
  • (In Japanese)学校法人明治大学
  • (In Japanese)タカノ株式会社
Title METHOD FOR DIAGNOSING PLANT NUTRITIONAL STATE, METHOD FOR RECOVERING PLANT NUTRITIONAL STATE, PLANT NUTRITIONAL STATE DIAGNOSTIC DEVICE, AND PLANT NUTRITIONAL STATE RECOVERING DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for diagnosing a plant nutritional state for promptly and accurately diagnosing a plant nutritional state, to provide a plant nutritional state diagnostic device, to provide a method for recovering a plant nutritional state for promptly and efficiently recovering a plant nutritional state, and to provide a plant nutritional state recovering device.
SOLUTION: There are provided a method for recovering a plant nutritional state, which includes (a) the process of detecting the bioelectric potential of a plant in contrast frequency and at least one detection frequency, (b) the process of diagnosing the nutritional state of the plant from the bioelectric potential detected in the contrast frequency and the bioelectric potential detected in the detection frequency, and (c) the process of giving stimulation by flash light of frequency 44 Hz to recover the nutritional state of the plant when diagnosing that the plant is in a poor nutritional state in the process (b), and a means of giving lacking nutrient, and the plant nutritional state recovering device.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

植物の育成には、日光、二酸化炭素、及び水に加えて、窒素、リン、カリウム等の元素が必須である。これら元素は土壌中にも存在するが、植物が多量に必要とする元素は、肥料に多く含有されており、植物の育成を良好にするためには、施肥が行われている。

近年、植物に光等の低周波刺激を与えることにより、植物の育成を促進する方法が報告されている(特許文献1~3参照)。

また、植物の生体電位は、植物の状態と関連があることが知られており、解析された植物の状態に応じた育成方法の検討が行われている(特許文献4~5参考)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、植物の栄養状態を診断する植物栄養状態診断方法、及び植物栄養状態診断装置、並びに、診断された栄養状態に基づいて植物の栄養状態を回復させる、植物栄養状態回復方法、及び植物栄養状態回復装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
植物の栄養状態を診断する方法であって、
(a)1つ以上の検出用周波数と、前記検出用周波数の範囲外であり、かつ、生体電位の変動が少ない周波数として設定された対照用周波数とにおける、植物の生体電位を検出する工程と、
(b)前記対照用周波数において検出された生体電位と、前記検出用周波数において検出された生体電位とから、該植物の栄養状態を診断する工程と、を有し、
前記対照用周波数が、2~8Hzであり、前記検出用周波数が、9~44Hzであることを特徴とする植物栄養状態診断方法。

【請求項2】
 
植物の栄養状態を回復させる方法であって、
(a)1つ以上の検出用周波数と、前記検出用周波数の範囲外であり、かつ、生体電位の変動が少ない周波数として設定された対照用周波数とにおける、植物の生体電位を検出する工程と、
(b)前記対照用周波数において検出された生体電位と、前記検出用周波数において検出された生体電位とから、該植物の栄養状態を診断する工程と、
(c)前記工程(b)において栄養状態不良と診断された場合、周波数が44Hz以下の点滅光による刺激を付与し、該植物の栄養状態を回復させる工程と、を有し、
前記対照用周波数が、2~8Hzであり、前記検出用周波数が、9~44Hzであることを特徴とする植物栄養状態回復方法。

【請求項3】
 
前記工程(c)において、赤色点滅光と青色点滅光との組み合わせによる刺激を付与することを特徴とする請求項2記載の植物栄養状態回復方法。

【請求項4】
 
前記工程(c)における点滅光による刺激を付与したが再度前記工程(a)、(b)において栄養不足と診断されると、欠乏栄養分を付与することを特徴とする請求項2又は3記載の植物栄養状態回復方法。

【請求項5】
 
前記工程(c)における点滅光の照射時間を、1日あたり1分~12時間とすることを特徴とする請求項2から4のいずれか一項記載の植物栄養状態回復方法。

【請求項6】
 
植物の栄養状態を回復させる方法であって、
(a)1つ以上の検出用周波数と、前記検出用周波数の範囲外であり、かつ、生体電位の変動が少ない周波数として設定された対照用周波数とにおける、植物の生体電位を検出する工程と、
(b)前記対照用周波数において検出された生体電位と、前記検出用周波数において検出された生体電位とから、該植物の栄養状態を診断する工程と、
(c)前記工程(b)において栄養状態不良と診断された場合、欠乏栄養分を付与し、該植物の栄養状態を回復させる工程と、を有し、
前記対照用周波数が、2~8Hzであり、前記検出用周波数が、9~44Hzであることを特徴とする植物栄養状態回復方法。

【請求項7】
 
1つ以上の検出用周波数と、前記検出用周波数の範囲外であり、かつ、生体電位の変動が少ない周波数として設定された対照用周波数とにおける、植物の生体電位を検出する電位検出手段と、
前記対照用周波数において検出された生体電位と、前記検出用周波数において検出された生体電位とから、該植物の栄養状態を診断する栄養状態診断手段と、をえ、
前記対照用周波数が、2~8Hzであり、前記検出用周波数が、9~44Hzであることを特徴とする植物栄養状態診断装置。

【請求項8】
 
前記栄養状態診断手段は、前記電位検出手段が前記検出用周波数において生体電位を検出すると、栄養状態不良を示す信号を出力し、前記電位検出手段が前記対照用周波数において生体電位を検出すると、前記栄養状態不良を示す信号の出力を中止することを特徴とする請求項7記載の植物栄養状態診断装置。

【請求項9】
 
前記電位検出手段は、トーンデコーダーにて検出対象の周波数の電位を検出することを特徴とする請求項7又は8記載の植物栄養状態診断装置。

【請求項10】
 
1つ以上の検出用周波数と、前記検出用周波数の範囲外であり、かつ、生体電位の変動が少ない周波数として設定された対照用周波数とにおける、植物の生体電位を検出する電位検出手段と、
前記対照用周波数において検出された生体電位と、前記検出用周波数において検出された生体電位とから、該植物の栄養状態を診断する栄養状態診断手段と、
栄養状態不良と診断された場合、該植物に周波数が44Hz以下の点滅光による刺激を付与する刺激付与手段と、を備え
前記対照用周波数が、2~8Hzであり、前記検出用周波数が、9~44Hzであることを特徴とする植物栄養状態回復装置。

【請求項11】
 
前記刺激付与手段は、赤色点滅光と青色点滅光との組み合わせによる刺激を付与することを特徴とする請求項10記載の植物栄養状態回復装置。

【請求項12】
 
前記刺激付与手段が点滅光による刺激を付与したが再度前記栄養状態診断手段が栄養不足と診断すると、欠乏栄養分を付与する手段を具備することを特徴とする請求項10又は11記載の植物栄養状態回復装置。

【請求項13】
 
前記刺激付与手段は、点滅光を1日あたり1分~12時間照射することを特徴とする請求項10から12のいずれか一項記載の植物栄養状態回復装置。

【請求項14】
 
前記栄養状態診断手段は、前記電位検出手段が前記検出用周波数において生体電位を検出すると、栄養状態不良を示す信号を出力し、前記電位検出手段が前記対照用周波数において生体電位を検出すると、前記栄養状態不良を示す信号の出力を中止し、
前記刺激付与手段は、前記栄養状態診断手段から前記栄養状態不良を示す信号が出力されているときに前記点滅光による刺激を付与する
ことを特徴とする請求項10から13のいずれか一項記載の植物栄養状態回復装置。

【請求項15】
 
1つ以上の検出用周波数と、前記検出用周波数の範囲外であり、かつ、生体電位の変動が少ない周波数として設定された対照用周波数とにおける、植物の生体電位を検出する電位検出手段と、
前記対照用周波数において検出された生体電位と、前記検出用周波数において検出された生体電位とから、該植物の栄養状態を診断する栄養状態診断手段と、
栄養状態不良と診断された場合、該植物に欠乏栄養分を付与する欠乏栄養分付与手段と、を備え
前記対照用周波数が、2~8Hzであり、前記検出用周波数が、9~44Hzであることを特徴とする植物栄養状態回復装置。

【請求項16】
 
前記栄養状態診断手段は、前記電位検出手段が前記検出用周波数において生体電位を検出すると、栄養状態不良を示す信号を出力し、前記電位検出手段が前記対照用周波数において生体電位を検出すると、前記栄養状態不良を示す信号の出力を中止し、
前記欠乏栄養分付与手段は、前記栄養状態診断手段から前記栄養状態不良を示す信号が出力されると、前記欠乏栄養分を付与する
ことを特徴とする請求項15記載の植物栄養状態回復装置。

【請求項17】
 
前記電位検出手段は、トーンデコーダーにて検出対象の周波数の電位を検出することを特徴とする請求項10から16のいずれか一項記載の植物栄養状態回復装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010040643thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail o if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close