Top > Search of Japanese Patents > POLYPHOSPHATE COMPOUND HAVING TEMPERATURE RESPONSIVENESS AND PREPARATION METHOD

POLYPHOSPHATE COMPOUND HAVING TEMPERATURE RESPONSIVENESS AND PREPARATION METHOD meetings

Patent code P130008793
File No. 171
Posted date Mar 27, 2013
Application number P2007-219502
Publication number P2009-051928A
Patent number P4781332
Date of filing Aug 27, 2007
Date of publication of application Mar 12, 2009
Date of registration Jul 15, 2011
Inventor
  • (In Japanese)岩▲崎▼ 泰彦
Applicant
  • (In Japanese)学校法人関西大学
Title POLYPHOSPHATE COMPOUND HAVING TEMPERATURE RESPONSIVENESS AND PREPARATION METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new copolymer compound having debiodegradability in addition to temperature responsiveness.
SOLUTION: The polyphosphate is represented by the general formula (3), wherein R1 is a 1-3C alkyl group, R2 is a 3-5C alkyl group, R1 and R2 being different from each other, n and m each represent an integer of 1-3 which may be identical or different, x and y each represent a mole percentage of each unit, with x/y being 99.1/0.1-20/80, and the weight average molecular weight being 1,000-1,000,000, and the sequence of each unit of x and y is not limited by the order of the above sequence.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

一般に、加水分解や酵素分解により分解、消失する分解性プラスチックは、環境保全や医療用具の材料として用いられている。しかし、一般の分解性高分子であるポリ乳酸やポリグリコール酸などの脂肪族ポリエステルは結晶性及び疎水性が高いため分解時間が非常に長く、特に医療用具として利用される場合、生体内の残存が問題となっている。そこで分解性に優れ、生体に害を与えない新しい分解性高分子が望まれていた。

かかる問題を解決するために、種々のアルキル鎖を有する環状リン酸化合物と重合性基を有する環状リン酸化合物をアニオン開環重合により得られる、重合性基を有するポリホスフェートが優れた分解性を有することが報告されている(特許文献1)。

ポリ乳酸などの脂肪族ポリエステルを使用した生分解性ポリマーも提案されているが(例えば、非特許文献1~3等)、分子構造の制御が困難であり、PNIPAAmほど普及していない。

ところで、ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)(PNIPAAm)は、最も一般的な温度感受性ポリマーであり、32℃付近で下限臨界共溶温度(LCST)を示すことが知られている(非特許文献4~5等)。しかし、PNIPAAmはアクリルアミド骨格を持つため生分解性を示さず、生体に関連した分野での利用には制限がある。また、ポリマー自身の安全性についても問題を有するとされている。
【特許文献1】
特開2004-244603号公報
【非特許文献1】
Agrawal CM, Niederauer GG, Micallef DM, Athanasiou KA.The use of PLA-PGA polymers in orthopedics. In: Encyclopedic handbook of biomaterials and bioengineering, Part A. New York: Marcel Dekker; 1995. p 1055-1089.
【非特許文献2】
Miller RA, Brady JM, Curtright DE. Degradation rates of oral resorbable implants (polylactates and polyglycolates): Rate modification with change PLA/PGA copolymer ratios. J Biomed Mater Res 1977;11:711-719.
【非特許文献3】
Lewis DH. Controlled release of bioactive agents from lactide/ glycolide polymers. In: Chain M, Langer R, editors. Biodegradable polymers as drug delivery systems. New York: Marcel Dekker; 1990. p 1-41.
【非特許文献4】
Heskins, M.; Guillent, J. E.; James, E. J. Macromol. Sci. Chem. 1968, A2, 1441-1445.
【非特許文献5】
Takei, Y. G.; Aoki, T.; Sanui, K.; Ogata, N.; Okano, T.; Sakurai, Y. Bioconjug. Chem. 1993, 4, 341-346.

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、温度に応答してゲル化し生分解性を有するポリホスフェート化合物及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一般式(3):
【化1】
 
(省略)
(式中、R1はC1~3のアルキル基であり、R2はC3~5のアルキル基であり、R1とR2は異なっている。n及びmは同一又は異なって1~3の整数である。xとyは各ユニットのモル百分率であり、x/yは99.9/0.1~20/80であり、重量平均分子量は1,000~1,000,000である。x及びyの各ユニットの配列は上記配列の順に限定されない。)
で表されるポリホスフェート。

【請求項2】
 
前記一般式(3)において、R1がC1~2のアルキル基であり、R2はC3~4のアルキル基である請求項1に記載のポリホスフェート。

【請求項3】
 
前記一般式(3)において、x/yが99.9/0.1~50/50である請求項1又は2に記載のポリホスフェート。

【請求項4】
 
一般式(3):
【化2】
 
(省略)
(式中、R1はC1~3のアルキル基であり、R2はC3~5のアルキル基であり、R1とR2は異なっている。n及びmは同一又は異なって1~3の整数である。xとyは各ユニットのモル百分率であり、x/yは99.9/0.1~20/80であり、重量平均分子量は1,000~1,000,000である。x及びyの各ユニットの配列は上記配列の順に限定されない。)
で表されるポリホスフェートの製造方法であって、一般式(1):
【化3】
 
(省略)
(式中、R1及びnは前記に同じ。)
で表される化合物と、一般式(2):
【化4】
 
(省略)
(式中、R2及びmは前記に同じ。)
で表される化合物とを、重合触媒の存在下で反応させることを特徴とする製造方法。

【請求項5】
 
前記請求項1~3のいずれかに記載のポリホスフェートを含む医療用材料。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close