Top > Search of Japanese Patents > ANTI-ICE NUCLEAR ACTIVATOR AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME

ANTI-ICE NUCLEAR ACTIVATOR AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME

Patent code P130008817
File No. 280
Posted date Mar 27, 2013
Application number P2010-140682
Publication number P2012-001691A
Patent number P5608435
Date of filing Jun 21, 2010
Date of publication of application Jan 5, 2012
Date of registration Sep 5, 2014
Inventor
  • (In Japanese)河原 秀久
Applicant
  • (In Japanese)学校法人関西大学
Title ANTI-ICE NUCLEAR ACTIVATOR AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an anti-ice nuclear activator which widely shows the anti-ice nucleus activating action on an ice nucleus active substance, can be applied to a food field, and can be obtained from substances other than red bean pomace, and to provide a method of manufacturing the same.
SOLUTION: The anti-ice nuclear activator contains an extracted component from sake.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

一般に、水は融点(0℃)以下の温度で凝固するが、異物が全く含まれていない純水は-39℃まで凝固しない。このように、融点以下の温度まで冷却しても水が凝固しない現象は、過冷却現象と呼ばれている。かかる過冷却現象は、水の温度が下がると、水分子の持つ運動エネルギーが減少し、水が氷となるために必要な氷の種である氷核を発生させるために必要且つ十分な活性化エネルギーが得られないことが原因となって生じる。

このような過冷却を促進する物質は、過冷却促進(抗氷核活性)物質と呼ばれており、抗氷核活性を示す物質として、香辛料の成分であるオイゲノール(非特許文献1参照)や台湾ヒノキの成分であるヒノキチオール-鉄(非特許文献2参照)などの低分子化合物や、Acinetobacter calcoaceticus由来のタンパク質(非特許文献3参照)やBacillus thuringiensis由来の多糖(非特許文献4参照)等の高分子化合物が抗氷核活性を示すことも報告されている。

また、より高い氷核活性を示す抗氷核活性物質として、針葉樹のカツラの木部柔細胞から分離されたフラボノイド配糖体が明らかにされており(特許文献1参照)、このようなポリフェノール配糖体のうち、7位の水酸基がグルコシル化されてなる化合物が、高い活性を示すことが報告されている(非特許文献5参照)。

しかし、これらの抗氷核活性物質は、水に含まれる氷核活性細菌による過冷却点の上昇を低下させることは可能であるが、ヨウ化銀等の氷核活性を示す異物による過冷却点の上昇を低下させることは困難であり、加えて、これらの化合物は、安全性や生産性の問題から、食品分野での利用が困難となっていた。

そこで、食品分野での利用を図ると共に、食品廃棄物の有効利用を図るべく、本出願人は、生餡の製造過程で生じる餡粕から抽出したエキスが抗氷核活性を示すことを見出し、かかる餡粕の抽出エキスを含有する抗氷結活性剤について既に特許出願をしている(特許文献2参照)。このように餡粕から抗氷核活性物質を得ることにより、得られた抗活性物質が食品分野に応用可能になるのみならず、食品廃棄物の有効利用をも図ることが可能となる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、日本酒からの抽出成分を含有する抗氷核活性剤及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
日本酒の含有成分をスチレン-ジビニルベンゼン系合成吸着剤に吸着させ、該合成吸着剤に吸着された吸着物を、酢酸エチルで抽出し、該酢酸エチルで抽出された抽出物を日本酒からの抽出成分として含有することを特徴とする抗氷核活性剤。

【請求項2】
 
日本酒の含有成分をスチレン-ジビニルベンゼン系合成吸着剤に吸着させ、該合成吸着剤に吸着された吸着物を限外ろ過膜によって分子量3000以下画分に分画し、該分子量3000以下画分を日本酒からの抽出成分として含有することを特徴とする抗氷核活性剤。

【請求項3】
 
前記抽出物を限外ろ過膜によって分子量3000以下画分に分画し、該分子量3000以下画分を日本酒からの抽出成分として含有することを特徴とする請求項1に記載の抗氷核活性剤。

【請求項4】
 
日本酒の含有成分をスチレン-ジビニルベンゼン系合成吸着剤に吸着させる吸着工程と、前記合成吸着剤に吸着された吸着物を、酢酸エチルで抽出する抽出工程とを含み、前記酢酸エチルで抽出された抽出物を日本酒からの抽出成分として含有させることを特徴とする抗氷核活性剤の製造方法。

【請求項5】
 
日本酒の含有成分をスチレン-ジビニルベンゼン系合成吸着剤に吸着させる吸着工程と、前記合成吸着剤に吸着された吸着物を限外ろ過膜によって分子量3000以下画分に分画する分画工程とを含み、前記分子量3000以下画分を日本酒からの抽出成分として含有させることを特徴とする抗氷核活性剤の製造方法。

【請求項6】
 
前記酢酸エチルで抽出された抽出物を限外ろ過膜によって分子量3000以下画分に分画する分画工程をさらに含み、前記分子量3000以下画分を日本酒からの抽出成分として含有させることを特徴とする請求項4に記載の抗氷核活性剤の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close