Top > Search of Japanese Patents > DRY SPINNING METHOD USING AQUEOUS GELATIN SOLUTION FOR FIBER AND HOLLOW FIBER WITH HIGH ELASTICITY

DRY SPINNING METHOD USING AQUEOUS GELATIN SOLUTION FOR FIBER AND HOLLOW FIBER WITH HIGH ELASTICITY

Patent code P130008820
File No. 299
Posted date Mar 27, 2013
Application number P2011-028562
Publication number P2012-167397A
Patent number P5828643
Date of filing Feb 14, 2011
Date of publication of application Sep 6, 2012
Date of registration Oct 30, 2015
Inventor
  • (In Japanese)田村 裕
  • (In Japanese)戸倉 清一
  • (In Japanese)古池 哲也
  • (In Japanese)浦木 康光
  • (In Japanese)小川 正人
  • (In Japanese)伊藤 昇
  • (In Japanese)田中 洋一
Applicant
  • (In Japanese)学校法人関西大学
Title DRY SPINNING METHOD USING AQUEOUS GELATIN SOLUTION FOR FIBER AND HOLLOW FIBER WITH HIGH ELASTICITY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide gelatin fiber having sufficient intensity and elasticity and having high stability against water, and a method for manufacturing the same.
SOLUTION: A method for manufacturing gelatin fiber including hollow fiber, comprises the steps of: obtaining an aqueous solution by dissolving a water-soluble linear polymer, such as gelatin or polyethylene glycol, extracted from a raw material through an alkali treatment in water or a mixed solvent of water and alcohol such as glycerin; and spinning the aqueous solution by drawing it downward or pulling it upward in the air.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ゼラチンは、豚、牛、鶏、魚等の骨、皮等の結合組織等から得られるコラーゲンの三重らせん分子を解いて作成されるものであり、生体適合性材料として好適に使用されている。しかし、ゼラチンを水に溶かして得られたゼラチン水溶液は、低濃度では延糸性が低く、高濃度ではゲル化してしまうため、ゼラチン繊維を作成することは困難であった。

そこで本発明者らの一部は、湿式紡糸によってゼラチン繊維を製造する方法を検討した結果、ゼラチンを含む溶液に、アミド化合物、アルカリ金属、またはアルカリ土類金属のハロゲン塩を添加して得た溶液を用いることにより、ゼラチン繊維を製造しうることを見いだした(特許文献1)。

しかし、特許文献1の方法では、ゼラチン水溶液から、有機溶媒を含む凝固浴を用いた湿式紡糸法で紡糸するため、有機溶媒などの洗浄に時間と複雑な操作が必要であり、コストも非常に高く、有機溶媒に起因して安全性にも問題があった。

かかる問題に鑑み、本発明者らの一部は、特許文献1に開示のゼラチン繊維と比較して低毒性であってより強度の高いゼラチン繊維を得るため研究した結果、ゼラチンからなる繊維の乾式紡糸法を見いだした(特許文献2)。

特許文献2に記載の乾式紡糸法では、ゼラチン水溶液に親水溶媒および/または多価グリシジル化合物を添加しており、多価グリシジル化合物を用いる態様では安全性に懸念があり、多価グリシジル化合物を用いない態様、即ち、ゼラチンと水と親水溶媒からなる溶液を乾式紡糸した場合、安全性は向上するが、得られる繊維の強度・弾性が十分でなく、改善の余地のあるものであった。

また、ゼラチンを魚餌や食品の包装などに用いる場合、ゼラチンは水に対して極めて不安定であるため、耐水性の面でも改善された性質を有するゼラチン繊維が求められている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ゼラチン水溶液を用いた弾性に富む繊維ならびに中空糸の乾式紡糸法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ゼラチンおよび水溶性直鎖状高分子を、水または水とアルコールとの混合溶媒に溶解してなる水溶液を、空気中で押し出しまたは引き出しにより紡糸することを含む、ゼラチン繊維の製造方法であって、
水溶性直鎖状高分子が、ポリエチレングリコール、ポリビニルアルコール、カルボキシメチルセルロース、カルボキシメチルキチン、キトサン、カラギーナン、メチルセルロースおよびエチルセルロースからなる群から選択されたものであり、水に膨潤・溶解する高分子であり、分子構造が直鎖状であって、分子量が5,000~1,000,000である高分子である、ゼラチン繊維の製造方法。

【請求項2】
 
繊維が中空糸である、請求項1記載のゼラチン繊維の製造方法。

【請求項3】
 
アルコールがグリセリンである請求項1または2のいずれかに記載のゼラチン繊維の製造方法。

【請求項4】
 
紡糸を下方引出しにより行う請求項1~3のいずれかに記載のゼラチン繊維の製造方法。

【請求項5】
 
紡糸を上方引き上げにより行う請求項1~3のいずれかに記載のゼラチン繊維の製造方法。

【請求項6】
 
ゼラチンがアルカリ処理により原料から抽出されたものである、請求項1~5のいずれかに記載のゼラチン繊維の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close