Top > Search of Japanese Patents > PUNCTURE UNIT

PUNCTURE UNIT meetings

Patent code P130008826
File No. 324
Posted date Mar 27, 2013
Application number P2011-116550
Publication number P2012-245028A
Patent number P5835944
Date of filing May 25, 2011
Date of publication of application Dec 13, 2012
Date of registration Nov 13, 2015
Inventor
  • (In Japanese)青柳 誠司
Applicant
  • (In Japanese)学校法人関西大学
Title PUNCTURE UNIT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a puncture unit capable of making a puncture with further reduced pains in administering drugs to a patient or collecting blood from the patient.
SOLUTION: The puncture unit 1 includes: a needle body 10 cylindrically formed so that a fluid can be distributed and formed in such a way as to make a puncture in the patient; an auxiliary needle 20 formed to extend in the same direction as the needle body 10, juxtaposed on the outer side in the radial direction of the needle body 10 and formed in such a way as to make a puncture in the patient; an actuator 30 to reciprocate the needle body 10 and the auxiliary needle 20 in a shaft center direction; and a control means 40 for controlling the motion of the actuator 30. The auxiliary needle 20 has a projection 21 at least on the distal end side on the opposite surface from the surface facing the needle body 10. The control means 40 controls the actuator 30 to perform such motions as drawing in the auxiliary needle 20 in the shaft center direction while extruding the needle body 10 in the shaft center direction after drawing in the needle body 10 in the shaft center direction while extruding the auxiliary needle 20 in the direction of the axial center at least once.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

患者に対して投薬や採血を行うために注射針が皮膚組織等に穿刺されることがあるが、従来の注射針は、外径が比較的大きいために穿刺時の皮膚組織等への衝撃や抵抗力が大きく、大きな痛みを感じるとして、近年、穿刺時の痛みを低減した無痛針が提案されている(例えば、特許文献1参照)。

かかる無痛針は、従来の注射針の外径よりも細くしたもので、穿刺時における皮膚組織等に対する接触面積を従来の注射針よりも小さくなるように構成されている。これにより、かかる無痛針は、穿刺時の皮膚組織等との間に生じる摩擦力が小さくなり、痛みを低減できるとされている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、患者に対して投薬や採血を行う際に用いられる穿刺ユニットに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
流体が流通可能に筒状に形成されるとともに患者に対して穿刺可能に形成された針本体と、該針本体と同方向に延びるように形成されるとともに該針本体の径方向の外側に並設され、患者に対して穿刺可能に形成された少なくとも一つの補助針と、前記針本体及び補助針のそれぞれを自己の軸心方向に往復動させるアクチュエータと、該アクチュエータの動作を制御するための制御手段とを備え、前記補助針には、前記針本体と対向する面とは反対側の面の少なくとも先端側に突起部が設けられ、前記制御手段は、少なくとも一つの補助針を軸心方向に押し出しつつ前記針本体を前記軸心方向に引き込んだ後、前記針本体を前記軸心方向に押し出しつつ前記少なくとも一つの補助針を前記軸心方向に引き込む動作を少なくとも一回行うようにアクチュエータを制御するように構成され、前記制御手段は、前記針本体及び前記補助針が穿刺する目的の位置に到達するまで、前記針本体及び前記補助針の往復動作を行うように前記アクチュエータの動作を制御することを特徴とする穿刺ユニット。

【請求項2】
 
前記補助針は前記針本体の両側に設けられ、前記突起部は前記針本体の軸方向に複数設けられていることを特徴とする請求項1に記載の穿刺ユニット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011116550thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close