Top > Search of Japanese Patents > CRUSHING KIT, CRUSHING DEVICE, AND ACCUMULATION METHOD FOR CRUSHED BODY

CRUSHING KIT, CRUSHING DEVICE, AND ACCUMULATION METHOD FOR CRUSHED BODY

Patent code P130008871
File No. HU2010001
Posted date Apr 1, 2013
Application number P2011-063299
Publication number P2012-198148A
Patent number P5691108
Date of filing Mar 22, 2011
Date of publication of application Oct 18, 2012
Date of registration Feb 13, 2015
Inventor
  • (In Japanese)濱本 宏
Applicant
  • (In Japanese)学校法人法政大学
Title CRUSHING KIT, CRUSHING DEVICE, AND ACCUMULATION METHOD FOR CRUSHED BODY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a crushing kit that can accumulate a sample sticking on a crushing medium (pestle) in a crushing container and quantitatively analyze the sample, and is low-cost and superior in safety.
SOLUTION: The crushing kit includes the crushing container in a bottomed cylindrical shape which has one end part made open, and a crushing rod which can be inserted into the crushing container and can crush the sample thrown in the crushing container, the crushing rod inserted into the crushing container being held by physical engagement means while its tip part separated from a bottom part of the crushing container.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、生体組織、微生物、プラスチック材料、鉱物材料等の試料を破砕し、化学的に分析・分離するための方法、装置が知られている。一般的には、乳鉢に投入した試料を乳棒によってすり潰す方法等を例示することができる。例えば、具体的には、試料と破砕媒体とを収納した破砕容器に往復移動を加えることにより、試料に破砕媒体とを衝突させ、圧縮と回転による摩砕とによって試料を破砕する装置等が知られている(例えば、特許文献1)。特許文献1の破砕装置では、破砕容器を保持する破砕ホルダが遠心分離装置にも着脱できるように設計され、被破砕物の遠心分離処理が可能とされている。

しかしながら、特許文献1の破砕装置を含め、破砕装置の場合の多くは、通常、破砕処理後の破砕媒体(乳棒)に試料が少なからず付着した状態となる。特に、試料の粘度が高い場合には、破砕媒体(乳棒)への試料の付着量が多く、試料の回収量の低下によって分析に支障をきたす場合がある。このため、予め破砕処理後の分析に必要な量の試料や試薬等を確保するために、投入する試料や試薬等を増量するなどの調整が必要があり、コストの増加を招いているという問題がある。また、破砕媒体(乳棒)に試料が付着した状態では、試料の成分などの定量的な分析を行うことは困難であるという問題がある。そこで、例えば、破砕媒体(乳棒)を液体洗浄すること等も考慮されるが、洗浄作業の手間が大きく、また、洗浄による試料の飛沫による試料回収量の低下や、試料同士のコンタミネーションなどの危険性があり、実際的な方法であるとは言い難い。

一方で、特許文献2では、破砕媒体により試料を粉砕した後、緩衝液を注入した破砕容器に磁石を当てて強磁性体で形成された破砕媒体を吸着し、磁石により破砕媒体を蓋体の内側に保持した状態で遠心分離し、遠心分離後には、蓋体を開き破砕媒体を外部に取り出す方法が提案されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、試料を破砕するための破砕キット、破砕装置およびこの破砕装置を用いた破砕物の集積方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
破砕キットと遠心分離装置とを含む試料の破砕・集積装置であって、
前記破砕キットは、
一方の端部が開放された有底円筒状であり、かつ、遠心分離装置のホルダーに保持される破砕容器と、
この破砕容器の内部に挿入可能であるとともに、破砕容器の内部に投入された試料を破砕可能な破砕棒と、
を有し、
前記破砕容器は遠心分離装置のホルダーに保持され、かつ、破砕容器の内部に挿入されて試料を破砕した破砕棒は、機構的係合手段によってその先端部が破砕容器の底部と離間した状態で保持され、この状態において、破砕棒と破砕容器を含む前記破砕キットに対して遠心分離装置による遠心分離処理が行われることで、破砕棒に付着していた試料が振り落とされて破砕容器の内部に集積されることを特徴とする試料の破砕・集積装置。

【請求項2】
 
一方の端部が開放された有底円筒状であり、かつ、遠心分離装置のホルダーに保持される破砕容器と、この破砕容器の内部に挿入可能であるとともに、破砕容器の内部に投入された試料を破砕可能な破砕棒とを有し、前記破砕棒は、機構的係合手段によってその先端部が破砕容器の底部と離間した状態で保持可能とされている破砕キットによって試料を破砕して集積する方法であって、
以下の工程:
(1)破砕容器の内部に試料を投入する工程;
(2)破砕容器の内部に破砕棒を挿入し、破砕容器の底部の試料を破砕する工程;および
(3)機構的係合手段によって破砕棒の先端部が破砕容器の底部の試料と離間した状態で保持し、この破砕棒と破砕容器を含む前記破砕キットを遠心分離処理する工程を含むことを特徴とする方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011063299thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close