Top > Search of Japanese Patents > WATER-INSOLUBLE CYCLODEXTRIN POLYMER AND PRODUCTION METHOD THEREOF

WATER-INSOLUBLE CYCLODEXTRIN POLYMER AND PRODUCTION METHOD THEREOF meetings foreign

Patent code P130008884
File No. TMA1301
Posted date Apr 1, 2013
Application number P2013-054019
Publication number P2014-177602A
Patent number P6154163
Date of filing Mar 15, 2013
Date of publication of application Sep 25, 2014
Date of registration Jun 9, 2017
Inventor
  • (In Japanese)甲野 裕之
Applicant
  • (In Japanese)独立行政法人国立高等専門学校機構
Title WATER-INSOLUBLE CYCLODEXTRIN POLYMER AND PRODUCTION METHOD THEREOF meetings foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a novel water-insoluble cyclodextrin polymer and its production method.
SOLUTION: A water-insoluble cyclodextrin polymer is obtained by reacting cyclodextrin with a polycarboxylic acid anhydride in a basic solvent at a reaction temperature of 100°C or higher in a ratio of 3 mol or more of the carboxylic acid anhydride to 1 mol of cyclodextrin.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

シクロデキストリンは、6~8個のグルコピラノースが環状結合した水溶性オリゴ糖である。シクロデキストリンは、分子内部に疎水性空間を有しており、当該疎水性空間内において有機化合物、無機化合物を包接することで、これら化合物を捕捉できる。

そして、このようなシクロデキストリンの性質を備え、且つ水に対して不溶である水不溶性シクロデキストリンポリマーが提案されている。

従来、当該水不溶性シクロデキストリンポリマーは、エピクロロヒドリン等の架橋剤をシクロデキストリンに作用させることにより製造することが提案されている(例えば特許文献8~11参照)。

また、水不溶性シクロデキストリンポリマーの用途として、水溶液に含まれるダイオキシン類、界面活性剤等の環境汚染物質の除去技術(特許文献1、特許文献2)、ヨウ素抽出技術(特許文献3)、クロロゲン酸、カフェイン分離技術(特許文献4、特許文献5)、血液中細菌毒素除去技術(特許文献6)、微生物固定化担体構築技術(特許文献7)等が提案されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は水に対して不溶である水不溶性シクロデキストリンポリマーに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
シクロデキストリンとポリカルボン酸無水物とを、塩基性溶媒中で、反応温度を180℃以上、シクロデキストリンとポリカルボン酸無水物の比率をシクロデキストリン1モルに対しポリカルボン酸無水物を4モル以上として反応させることを含む水不溶性シクロデキストリンポリマーの製造方法。

【請求項2】
 
前記ポリカルボン酸無水物が1,2,3,4-ブタンテトラカルボン酸無水物である請求項1に記載の水不溶性シクロデキストリンポリマーの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013054019thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close