Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING MAGNESIUM ALLOY MATERIAL

METHOD FOR PRODUCING MAGNESIUM ALLOY MATERIAL commons

Patent code P130008888
File No. 11053AA54
Posted date Apr 1, 2013
Application number P2012-034450
Publication number P2013-170292A
Patent number P6035645
Date of filing Feb 20, 2012
Date of publication of application Sep 2, 2013
Date of registration Nov 11, 2016
Inventor
  • (In Japanese)河村 能人
  • (In Japanese)野田 雅史
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 熊本大学
  • (In Japanese)公益財団法人くまもと産業支援財団
Title METHOD FOR PRODUCING MAGNESIUM ALLOY MATERIAL commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To decrease strong anisotropy in a stage of a processing material while having high strength and high ductility.
SOLUTION: A method for producing a magnesium alloy material includes: an extrusion step of performing extruding on the magnesium alloy material; and a rolling step of performing hot rolling on the extruded material produced in the extrusion step, wherein the extruded material includes a long-period stacking ordered phase, and in the rolling step, rolling process is performed in a substantially vertical direction to the extrusion direction of the extruded material.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


マグネシウム合金は実用金属材料の中で最も軽量であると同時に、比強度や切削性および減衰能に優れていることが知られており、環境調和型軽量材料として期待されている。一方で、マグネシウム合金の結晶構造は最密六方格子であることに起因して、塑性加工は熱間で行われ、鋳造材やダイカスト材としての利用が多くを占める。



最近ではマグネシウム合金に種々の元素を微小添加することで、高強度化と加工性の双方を解決できる合金開発が進められ、中でも長周期積層構造(Long Period Stacking Order)相(以下、「LPSO相」ともいう。)を有するマグネシウム合金が注目されている(例えば特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、圧延工程を有するマグネシウム合金材の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
長周期積層構造相を有するマグネシウム合金材に押出加工を行う押出工程と、
前記押出工程によって作製された押出材に熱間圧延を行う圧延工程と、
を有し
記圧延工程は、前記押出材の押出方向と略垂直方向に圧延加工される工程であり、
前記圧延工程によって作製された圧延材は、前記圧延材の引張試験の引張方向が0°と90°で降伏強度の値の相違が14%以下であり、
前記0°は、前記引張方向が前記圧延材の圧延方向と平行であり、
前記90°は、前記引張方向が前記圧延方向に対して90°であることを特徴とするマグネシウム合金材の製造方法。

【請求項2】
 
請求項1において、
前記長周期積層構造相は、前記押出加工の押出方向と略平行に形成されていることを特徴とするマグネシウム合金材の製造方法。

【請求項3】
 
長周期積層構造相を有するマグネシウム合金材に温間圧延または熱間圧延を行う圧延工程を有し、
前記圧延工程は、前記長周期積層構造相に対して略垂直方向に圧延加工される工程であり、
前記圧延工程によって作製された圧延材は、前記圧延材の引張試験の引張方向が0°と90°で降伏強度の値の相違が14%以下であり、
前記0°は、前記引張方向が前記圧延材の圧延方向と平行であり、
前記90°は、前記引張方向が前記圧延方向に対して90°であることを特徴とするマグネシウム合金材の製造方法。

【請求項4】
 
請求項1乃至3のいずれか一項において、
前記圧延工程によって作製された圧延材は、α-Mg相を有し、
前記α-Mg相は高傾角結晶粒界及び低傾角結晶粒界を有しており、
前記高傾角結晶粒界の量をXとし、前記低傾角結晶粒界の量をYとした場合に下記式(1)を満たすことを特徴とするマグネシウム合金材の製造方法。
(1)0. 7≦X/(X+Y)

【請求項5】
 
請求項1乃至4のいずれか一項において、
前記圧延工程の後に、前記圧延工程によって作製された圧延材に573K以下の温度で熱処理を行う熱処理工程をさらに具備し、
前記熱処理工程によって作製された熱処理材は、湾曲または屈曲した長周期積層構造相、結晶方位差を有する長周期積層構造相、及び、結晶粒界を有し連続的に湾曲または屈曲した長周期積層構造相の少なくとも一つを有することを特徴とするマグネシウム合金材の製造方法。

【請求項6】
 
請求項1または2において、
前記押出工程と前記圧延工程の間に、前記押出材に熱処理を行うことで、前記長周期積層構造相をblock状からplate状に変化させる工程をさらに具備することを特徴とするマグネシウム合金材の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012034450thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close