Top > Search of Japanese Patents > COLDPROOF GLOVE

COLDPROOF GLOVE

Patent code P130008918
File No. H21-T05
Posted date Apr 2, 2013
Application number P2010-068267
Publication number P2011-202294A
Patent number P5569961
Date of filing Mar 24, 2010
Date of publication of application Oct 13, 2011
Date of registration Jul 4, 2014
Inventor
  • (In Japanese)河原 雅典
  • (In Japanese)太田 謙司
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title COLDPROOF GLOVE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a coldproof glove having both of coldproofing properties and dexterity, having a simple structure and inexpensively producible.
SOLUTION: The coldproof glove includes an outer glove 12 provided with a bag-like thumb-housing part 24 and a bag-like four finger-housing part 22 where four fingers 1 are inserted. The outer glove 12 is formed with fabric whose surface is subjected to waterproofing finish or water-repellent finish and whose thickness is ≤2 mm. The coldproof glove includes an inner glove 14 provided with a bag-like thumb-housing part 34, and a bag-like four finger-housing part 32 where the four fingers 1 are inserted. The inner glove 14 is provided with an opening part 38 where the thumb 2 is put in or out, which is formed at a part of the side surface of the thumb-housing part 34 at the side of the palm 26. The inner glove 14 is provided with an opening part 36 where the four fingers 1 are put in or out, which is formed at a part of the side surface of the four finger-housing part 32 at the side of the palm 26. Fabric for the outer glove 12 comprises stretch woven fabric having stretchability, or fabric having a prescribed three-layer structure.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



従来から、防寒性が高く、いちいち手袋を外さなくても細かな作業が可能な巧緻性を実現すべく、様々な形態の防寒用の手袋が提案されている。例えば、特許文献1に開示されているように、指部を除く胴部に、5本の手指を出し入れできる開口部が設けられた手袋がある。この手袋は、通常は、手袋の指部内に指を収納して防寒性を確保しつつ、筆記具を持って手帳にメモするといった細かな作業をするときに、指を開口部から外に出すことによって作業しやすくしたものである。





また、特許文献2に開示されているように、五指を個別に収容する5つの指外皮を有する内手袋と、親指を収容する親指外皮及び親指を除く四指を入れる四指外皮を有する外手袋とで構成され、外手袋の四指外皮側面に開閉自在な突出開口が設けられ、内手袋を突出開口から外に出すことができる防寒用の手袋がある。この手袋は、通常は、突出開口を閉じて内手袋を外手袋内に収納して二重に防寒しつつ、細かな作業をするときに、突出開口を開けて内手袋を外に出し、指を覆う生地の1枚にすることによって作業がしやすくなる。

Field of industrial application (In Japanese)



この発明は、冬季の屋外や業務用の冷凍室のような寒冷環境で使用される防寒手袋に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
親指が差し入れられる袋状の親指収容部と、親指を除く四指が一緒に差し入れられ手首まで覆う袋状の四指収容部とが設けられ、一端が手を差し込むための手首部として開口し、表面に防水加工又は撥水加工が施された生地で形成された外手袋と、
親指が差し入れられる袋状部分親指収容部と、親指を除く四指が一緒に差し入れられる袋状部分であって、その側面の手の平側の部分に当該四指を出し入れ可能な開口部が設けられた四指収容部とが設けられ、一端が手を差し込むために開口し前記外手袋の内側に装着される内手袋とで構成され、
前記外手袋と前記内手袋とを重ねて手に装着した状態で、前記内手袋全体が前記外手袋に覆われ、前記内手袋の前記開口部から前記外手袋の内側に四指を出して作業可能なことを特徴とする防寒手袋。

【請求項2】
 
前記内手袋の親指収納部側面の手の平側の部分に、前記親指を出し入れ可能な開口部が設けられている請求項1記載の防寒手袋。

【請求項3】
 
前記外手袋の生地は、ナイロンとポリウレタンとの混紡繊維の織物又はポリエステル繊維の織物である表地と、疎水性ポリウレタンフィルムである中間層と、ナイロンとポリウレタンとの混紡繊維の織物又はポリエステル繊維の織物である裏地とで構成されている請求項1又は2記載の防寒手袋。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010068267thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close