Top > Search of Japanese Patents > WALKER

WALKER achieved

Patent code P130008922
File No. PG08E15JP
Posted date Apr 2, 2013
Application number P2008-112636
Publication number P2009-261509A
Patent number P5240907
Date of filing Apr 23, 2008
Date of publication of application Nov 12, 2009
Date of registration Apr 12, 2013
Inventor
  • (In Japanese)小泉 邦雄
  • (In Japanese)中林 美奈子
  • (In Japanese)新鞍 真理子
  • (In Japanese)丸谷 芳正
  • (In Japanese)河原 雅典
  • (In Japanese)鳥海 清司
  • (In Japanese)稲葉 聡
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title WALKER achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a walker capable of assisting a user with weakness in the lower half body in standing up by himself/herself and allowing the user to comfortably use the device for a long period of time without assistance of others.
SOLUTION: The walker consists of a front wheel side frame body 62 composed of a pair of frame bodies with front wheels 36, and a rear wheel side frame body 64 composed of a pair of frame bodies with rear wheels 22. The rear wheel side frame body 64 and the front wheel side frame body 62 swing with a pair of right and left shaft members 46 as rotating axes, and are journaled to the shaft members in such a way as can be folded in the longitudinal direction. The rear wheel side frame body 64 has a plurality of pairs of right and left grips 26 and 30 disposed at different height positions to project to the rear wheel 22 side. The front wheel side frame body 62 has a pair of right and left grips 38 at relatively low positions to project in the same direction as the grips 26 and 30 disposed in the rear wheel side frame body 64.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、歩行器具は、車輪が取り付けられたフレームの所定の位置に、一定高さのハンドルが設けられ、手押しにより移動可能に形成されたものが多い。また、折り畳み可能な構造を有するものや、簡単な椅子が設けられた歩行器具も知られている。



例えば、特許文献1に開示されている起立式歩行器は、使用者がベッド等に腰掛けた状態から歩行器に向かって立ち上がろうとしたり、あるいは、歩行器から離れてベッド等に座ろうとして、歩行用のハンドルの下方に設けられた支え腕部に掴まると、その支え腕部に荷重が加わって車輪にブレーキが掛かる構造を備えている。



また、特許文献2に開示されているサドル付き歩行器は、折り畳み用パイプである手摺りに荷重が加わると車輪にブレーキが掛かる構造を備えている。
【特許文献1】
特開2000-279号公報
【特許文献2】
特開2004-105396号公報

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、高齢者や身体の不自由な人などが室内や室外において、立ち上がり、立位保持、歩行、家事作業などをするときに、その補助具として使用される歩行器具に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
前輪が取り付けられた一対のフレーム体により構成された前輪側フレーム体と、後輪が取り付けられた一対のフレーム体により構成された後輪側フレーム体が設けられた歩行器具において、
前記後輪側フレーム体には、左右一対のグリップが、高さの異なる位置であって前記後輪側に突出して複数対設けられ、
前記前輪側フレーム体には、前記後輪側フレーム体に設けられた前記グリップ対と同じ突出方向で相対的に低い位置に、左右一対のグリップが設けられ、前記後輪側フレーム体と前記前輪側フレーム体は、左右に設けられた軸部材を回転軸として揺動し、前後方向に折り畳み可能に互いに軸着されたことを特徴とする歩行器具。

【請求項2】
 
前輪が取り付けられた一対のフレーム体を左右両端部に連結した連結バーと、後輪が取り付けられた一対のフレーム体を左右両端部に連結した連結バーが設けられた請求項1記載の歩行器具。

【請求項3】
 
前記各連結バーは、使用者の膝、腹、胸の少なくともいずれかに当たる位置に設けられた請求項2記載の歩行器具。

【請求項4】
 
前記各連結バーのうちの少なくとも一つは、使用者の腰掛けの位置に設けられた請求項2記載の歩行器具。

【請求項5】
 
前記グリップは、少なくとも上段のフレームに設けられたグリップが高さ調節可能に取り付けられた請求項1記載の歩行器具。

【請求項6】
 
前記前輪側フレーム体又は前記後輪用フレーム体のいずれかの左右一対のフレーム体には、着座用の座部が設けられたことを特徴とする請求項1又は2記載の歩行器具。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 4C046AA24
  • 4C046AA27
  • 4C046BB07
  • 4C046CC01
  • 4C046CC04
  • 4C046DD13
  • 4C046DD26
  • 4C046DD27
  • 4C046DD29
  • 4C046DD33
  • 4C046DD43
  • 4C046DD46
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008112636thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close