Top > Search of Japanese Patents > RESIN MOLDING AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME

RESIN MOLDING AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME meetings

Patent code P130008964
File No. H24-126
Posted date Apr 4, 2013
Application number P2013-052613
Publication number P2014-177556A
Patent number P6080005
Date of filing Mar 15, 2013
Date of publication of application Sep 25, 2014
Date of registration Jan 27, 2017
Inventor
  • (In Japanese)柳澤 憲史
Applicant
  • (In Japanese)独立行政法人国立高等専門学校機構
Title RESIN MOLDING AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To propose a resin molding obtained by compositing a silicone resin and a carbon material and used for preparing, both easily and inexpensively, a material possessing a water-repellent surface having a prominent attribute of facilitating the slide and fall of water from the surface, to realize a molding having an improved surface water repellency, and to provide a method for manufacturing the same.
SOLUTION: A resin molding 6 of the present invention possesses a surface portion consisting of a resin matrix obtained by adding a carbon material filler to a silicone resin at a compositing ratio of 0.5 wt.% to 3.0 wt.%, whereas an uneven surface structure for enhancing the water-repellent performance is molded on the surface portion. It is desirable, in particular, for the molded uneven surface structure to have a periodic structure wherein depths of recessed grooves 9 are 10 μm to 100 μm, wherein widths of the recessed grooves 9 are 10 μm to 200 μm, and wherein gaps of the recessed grooves 9 (widths of protruding portions 10) are 1 μm to 10 μm.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

固体表面のはっ水性を高める方法は様々に提案されている。その中でも効果の高い方法として例えば特許文献1では、周期的な表面加工を施した成形型を用いて、基材を形成する樹脂組成物を成形した樹脂成形体を製造する方法が提案されている。しかし、この発明では水に対する接触角について検討されているだけであり、また、樹脂組成物としては、不飽和ポリエステル樹脂、アクリル樹脂、エポキシ樹脂、ビニルエステル樹脂等に関するものである。

特許文献2のようにはっ水性を高めるために、凹凸微細構造をいくつかの層に付与する方法も提案されているが、はっ水層の形成や複数回の凹凸形成を必要とするなど、工程が複雑であり実用上のデメリットが大きい。

樹脂組成物としては特許文献3のようにカーボンナノファイバーを複合した炭素繊維複合材料の製造方法及び炭素繊維複合材料も提案されている。しかし、この発明は、合成樹脂として超高分子量ポリエチレン等といった結晶性を有する樹脂に関するものである。

特許文献4のように樹脂材料にカーボンナノ材料を混合してなる複合材料の製造方法が提案されている。しかし、この方法は射出して成型する熱可塑性樹脂に関するものである。

特許文献5のように繊維状フィラーをマトリックス樹脂中に均一に分散させ、優れた機械的強度、耐熱性、耐久性、難燃性を有する成形体を得ることができる強化樹脂組成物を提供する。しかし、この発明は合成樹脂としてポリブチレンサクシネート(PBS)、ポリ乳酸(PLA)、ポリカプロラクトン(PCL)、ポリヒドロキシ酪酸(PHB)、ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)、酢酸セルロース、澱粉樹脂又はこれらの変性物に関するものである。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は樹脂成形体及びその製造方法に係り、特に、はっ水性表面をもつ樹脂材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
シリコーン樹脂に対してカーボン素材フィラーを0.5wt%~3.0wt%の複合率で添加した樹脂基材からなる表面部を有し、前記表面部には、はっ水性能を高めるための表面凹凸構造が成形されていることを特徴とする樹脂成形体。

【請求項2】
 
前記表面凹凸構造は、深さ10μm~100μm、幅10μm~200μmの凹溝が1μm~10μmの間隔で周期的に形成されたものであることを特徴とする請求項1に記載の樹脂成形体。

【請求項3】
 
前記カーボン素材フィラーは、10nm~500nmの平均直径を備えた繊維状若しくはチューブ状、或いは、10nm~500nmの平均粒径を備えた粒状であることを特徴とする請求項1又は2に記載の樹脂成形体。

【請求項4】
 
前記カーボン素材フィラーは繊維状若しくはチューブ状であり、アスペクト比が1~500、平均長さが10μm~50μmであることを特徴とする請求項3に記載の樹脂成形体。

【請求項5】
 
前記カーボン素材フィラーの複合率が1.0wt%~2.5wt%であることを特徴とする請求項1乃至4のいずれか一項に記載の樹脂成形体。

【請求項6】
 
周期的な表面加工を施した成形型を用いて、シリコーン樹脂に対してカーボン素材フィラーを0.5wt%~3.0wt%の複合率で添加した未硬化の樹脂基材を成形、硬化させることにより、その表面部に、はっ水性能を高めるための表面凹凸構造を成形することを特徴とする樹脂成形体の製造方法。

【請求項7】
 
前記表面凹凸構造は、深さ10μm~100μm、幅10μm~200μmの凹溝が1μm~10μmの間隔で周期的に形成されたものであることを特徴とする請求項6に記載の樹脂成形体の製造方法。

【請求項8】
 
前記カーボン素材フィラーは、10nm~500nmの平均粒径を備えた粒状、或いは、10nm~500nmの平均直径を備えた繊維状若しくはチューブ状であることを特徴とする請求項6又は7に記載の樹脂成形体の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013052613thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせ下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close