Top > Search of Japanese Patents > GENE LOCUS FOR AMPLIFYING EXPRESSION AMOUNT IN TETRACYCLINE-CONTROLLED TRANSCRIPTIONAL ACTIVATION SYSTEM, AND EFFECTIVE AMPLIFICATION BY KNOCK-IN

GENE LOCUS FOR AMPLIFYING EXPRESSION AMOUNT IN TETRACYCLINE-CONTROLLED TRANSCRIPTIONAL ACTIVATION SYSTEM, AND EFFECTIVE AMPLIFICATION BY KNOCK-IN

Patent code P130008970
File No. S2011-1041-N0
Posted date Apr 4, 2013
Application number P2011-193680
Publication number P2013-051934A
Patent number P5871304
Date of filing Sep 6, 2011
Date of publication of application Mar 21, 2013
Date of registration Jan 22, 2016
Inventor
  • (In Japanese)田中 謙二
  • (In Japanese)山中 章弘
Applicant
  • (In Japanese)大学共同利用機関法人自然科学研究機構
Title GENE LOCUS FOR AMPLIFYING EXPRESSION AMOUNT IN TETRACYCLINE-CONTROLLED TRANSCRIPTIONAL ACTIVATION SYSTEM, AND EFFECTIVE AMPLIFICATION BY KNOCK-IN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide means for functioning a tetracycline-controlled transcriptional activation system well in an individual body, application thereof, or the like.
SOLUTION: The genetically-modified non-human animal is provided which holds the tetracycline-controlled transcriptional activation system having an expression cassette including a tet operator sequence, a promoter sequence under the control of the tet operator sequence, and a target gene arranged at the downstream of the promoter sequence, is knocked-in to a locus of a gene expressing at the target tissue or in the vicinity of the locus, and also expressing a tetracycline-controlled transactivator or a reverse tetracycline-controlled transactivator in the target tissue.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

テトラサイクリン遺伝子発現誘導システムは、Bujardらによって発明された遺伝子発現システムであり(非特許文献1)、目的遺伝子の条件的発現を可能とする。テトラサイクリン遺伝子発現誘導システムは各種細胞を利用したアッセイ系に利用されてきた。一方、個体(例えばマウス)への適用も試みられている。例えば、テトラサイクリン遺伝子発現誘導システムをマウス個体で利用する場合にはテトラサイクリントランスアクチベータ(以下、「tTA」と呼ぶ)を発現するマウス(以下、「tTAマウス」)又とtTA依存的プロモーターに連結した目的遺伝子カセットを持つマウス(以下、「tetOマウス」と呼ぶ)を別途作成する。それらを交配して得られるダブルトランスジェニックマウスでは、tTA発現細胞においてのも目的遺伝子が発現誘導される。1996年にマウス個体での成功例が初めて報告され(非特許文献2)、それ以降、このシステムを用いた条件的遺伝子操作が多くの研究室で試みられた。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明はテトラサイクリン遺伝子発現誘導システムに関する。詳しくは、テトラサイクリン遺伝子発現誘導システムの個体への適用に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
tetオペレーター配列、該tetオペレーター配列の制御下にあるプロモーター配列、及び該プロモーター配列の下流に配置された目的遺伝子を含む発現カセットが、標的組織で発現するハウスキーピング遺伝子の遺伝子座の直後にノックインされており、且つ
テトラサイクリン制御性トランス活性化因子又はリバーステトラサイクリン制御性トランス活性化因子を前記標的組織で発現する、
テトラサイクリン遺伝子発現誘導システムを保有した遺伝子改変非ヒト動物。

【請求項2】
 
前記テトラサイクリン制御性トランス活性化因子又はリバーステトラサイクリン制御性トランス活性化因子が前記標的組織特異的に発現している、請求項1に記載の遺伝子改変非ヒト動物。

【請求項3】
 
前記発現カセットに関してヘテロ接合体である、請求項1又は2に記載の遺伝子改変非ヒト動物。

【請求項4】
 
動物種がマウスである、請求項1~3のいずれか一項に記載の遺伝子改変非ヒト動物。

【請求項5】
 
以下のステップ(1)~(3)を含む、テトラサイクリン遺伝子発現誘導システムを保有した遺伝子改変非ヒト動物の作製方法:
(1)tetオペレーター配列、該tetオペレーター配列の制御下にあるプロモーター配列、及び該プロモーター配列の下流に配置された目的遺伝子を含む発現カセットが、標的組織で発現するハウスキーピング遺伝子の遺伝子座の直後にノックインされた第1の遺伝子改変非ヒト動物と、
テトラサイクリン制御性トランス活性化因子又はリバーステトラサイクリン制御性トランス活性化因子を前記標的組織で発現する第2の遺伝子改変非ヒト動物を用意するステップ;
(2)前記第1の遺伝子改変非ヒト動物と前記第2の遺伝子改変非ヒト動物を交配するステップ;及び
(3)交配によって得られた仔の中から、前記発現カセットがノックインされ、且つ前記テトラサイクリン制御性トランス活性化因子又はリバーステトラサイクリン制御性トランス活性化因子を発現する個体を選抜するステップ。

【請求項6】
 
以下のステップ(4)及び(5)を更に含む、請求項5に記載の作製方法:
(4)ステップ(3)で選抜した個体同士を交配するステップ;
(5)交配によって得られた仔の中から、(a)前記発現カセットに関してヘテロ接合体であり、前記テトラサイクリン制御性トランス活性化因子又はリバーステトラサイクリン制御性トランス活性化因子に関してヘテロないしヘミ接合体である個体、(b)前記発現カセットに関してヘテロ接合体であり、前記テトラサイクリン制御性トランス活性化因子又はリバーステトラサイクリン制御性トランス活性化因子に関してホモ接合体である個体、(c)前記発現カセットに関してホモ接合体であり、前記テトラサイクリン制御性トランス活性化因子又はリバーステトラサイクリン制御性トランス活性化因子に関してヘテロないしヘミ接合体である個体、又は(d)前記発現カセットに関してホモ接合体であり、前記テトラサイクリン制御性トランス活性化因子又はリバーステトラサイクリン制御性トランス活性化因子に関してホモ接合体である個体、を選抜するステップ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close