Top > Search of Japanese Patents > SPR MEASURING SAMPLE CELL AND CELL HOLDER

SPR MEASURING SAMPLE CELL AND CELL HOLDER achieved

Patent code P130009006
File No. 法人化前-011
Posted date Apr 8, 2013
Application number P2001-015576
Publication number P2002-214134A
Patent number P3356213
Date of filing Jan 24, 2001
Date of publication of application Jul 31, 2002
Date of registration Oct 4, 2002
Inventor
  • (In Japanese)浅野 泰一
  • (In Japanese)正留 隆
  • (In Japanese)今任 稔彦
  • (In Japanese)伏貫 義十
  • (In Japanese)岩崎 弦
  • (In Japanese)丹羽 修
  • (In Japanese)田部井 久男
  • (In Japanese)飛田 達也
Applicant
  • (In Japanese)八戸工業高等専門学校長
  • (In Japanese)日本電信電話株式会社
  • (In Japanese)エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
Title SPR MEASURING SAMPLE CELL AND CELL HOLDER achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To facilitate an inspection work, and to enable outdoor use.
SOLUTION: This SPR measuring sample cell 1 comprises a cylindrical container 2 for containing a sample, a lid 12 for blocking an opening of the container 2 by screwing a thread part, and an O ring for keeping the hermetic state. A guide hole 36 having a plurality of ball plungers in the vertical direction is formed in a guide member 22 for guiding the SPR measuring sample cell 1 to a prism 43. The SPR measuring sample cell 1 is pressed downward by a compression coil spring 28, to thereby pressure-contact a refractive index matching film 10 onto the prism 43. A guide pin 27 guided by the guide hole 36 is installed on a holding member 21, and an engaging groove capable of being engaged with/detached from the ball plungers is formed on the guide pin 27.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、化学プロセス計測や環境計測あるいは臨床検査等において、呈色反応や免疫反応を利用した測定が行われているが、この測定方法では被測定物をサンプル抽出する必要があるばかりか、煩雑な操作や標識物質を必要とする等の問題あった。このため、標識物質を必要とすることなく、高感度で被測定物中の化学物質の定性・定量測定の可能なセンサとして、光励起表面プラズモン共鳴現象を利用したセンサが提案され実用化されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、光学系を用いて非測定溶液中の特定物質を定量あるいは定性的に測定する表面プラズモン共鳴現象測定装置に関し、特に、被測定物に接した金属薄膜での表面プラズモン共鳴現象を利用し、液体やガスなどの被測定物の屈折率の変化を検知し定性・定量測定を行うための被測定物を収容するSPR測定用試料セルおよびセルホルダに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
上方が開口し底部に透明な窓を設けた有底筒状の容器と、この容器の開口を開閉し閉じることにより容器を密閉状態とする蓋と、前記容器の窓の内側に金属薄膜を設けるとともに、窓の外側に窓とほぼ同じ屈折率を有する屈折率整合用透明フィルムを設けたことを特徴とするSPR測定用試料セル。

【請求項2】
 
請求項1記載のSPR測定用試料セルにおいて、前記金属薄膜の表面にセンサ膜を設けたことを特徴するSPR測定用試料セル。

【請求項3】
 
請求項1または2記載のSPR測定用試料セルをプリズム上に案内する筒状の案内部を設けた案内部材と、前記SPR測定用試料セルを前記プリズムに圧接する付勢部材を有しガイドピンを設けた保持部材とからなり、前記案内部材に前記ガイドピンを前記付勢部材の付勢方向に摺動自在に支持するガイド穴を設け、このガイド穴内に前記ガイドピンを摺動方向に対して節度的に係止する係脱自在な係止手段を設けたことを特徴とするセルホルダ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001015576thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close