Top > Search of Japanese Patents > COMPOSITE FILM COMPRISING TRANSITION METAL OXIDE AND WATER-SOLUBLE POLYMERIC COMPOUND

COMPOSITE FILM COMPRISING TRANSITION METAL OXIDE AND WATER-SOLUBLE POLYMERIC COMPOUND commons

Patent code P130009014
File No. H24-036
Posted date Apr 8, 2013
Application number P2012-247332
Publication number P2014-062218A
Patent number P6065528
Date of filing Nov 9, 2012
Date of publication of application Apr 10, 2014
Date of registration Jan 6, 2017
Priority data
  • P2012-041139 (Feb 28, 2012) JP
Inventor
  • (In Japanese)山▲崎▼ 鈴子
  • (In Japanese)安達 健太
  • (In Japanese)石田 裕貴
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title COMPOSITE FILM COMPRISING TRANSITION METAL OXIDE AND WATER-SOLUBLE POLYMERIC COMPOUND commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a composite film exhibiting photochromism, which is excellent in film forming property and transparency in a dark environment, shows high light-shielding property by irradiation with light, and can be used as a dimming film or the like.
SOLUTION: The composite film comprises a transition metal oxide, a water-soluble polymeric compound, and a water-soluble compound having a hydroxy group (excluding the above water-soluble polymeric compound). The transition metal oxide is preferably tungsten oxide. The water-soluble polymeric compound is preferably an alkyl cellulose such as methyl cellulose. The water-soluble compound having a hydroxy group is preferably alcohols such as ethylene glycol and glycerol or organic acids such as oxalic acid and glycolic acid. As the composite film develops a color by irradiation with UV rays, the film is useful as a dimming film, a recording medium, a photoreceptor for blueprint (cyanotype), or the like.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、地球温暖化対策として、建築物等の省エネルギー化が課題となっている。特に、窓ガラスからのエネルギーの流出入を制御することが、冷暖房の省エネルギー化に直結すると考えられている。

そのため、従来から、光の透過率を制御できる調光ガラス(スマートウインドウ)の開発が盛んに行われている。

一方、遷移金属酸化物、特にアモルファス酸化タングステンは、フォトクロミズムやエレクトロクロミズムを有することが知られている。特に、酸化タングステン薄膜をガラス上に形成し、電圧を印加することで、タングステンの酸化還元反応によって可逆的に発色させる調光ガラスが実用化されている。しかし、これら酸化タングステンの薄膜作成方法としては、主に真空蒸着法やスパッタリング法が用いられており、高コストで繁雑な作業が必要となる。さらに、電圧の印加によるエレクトロクロミズムを利用した発色では、発色・退色の変化に電気エネルギーを消費するため、省エネルギーの観点からも好ましくないという問題があった。

このような問題を解決するため、例えば特許文献1及び特許文献2には、塗布法により成膜できる遷移金属酸化物と水溶性高分子のゲル複合膜が開示されている。同文献には、タングステン酸水溶液に、バインダーとしてポリエチレングリコールを加えて混合水溶液を調製し、これを基板に塗布することでゲル複合膜を得られることが記載されている。

しかし、上記ゲル複合膜は、透明で均一な膜が作製しがたい。

また、特許文献3には、ポリビニルピロリドンを含有する酸化タングステン膜が開示されている。同文献には、酸化タングステン水溶液にポリビニルピロリドンを添加することで太陽光可変調光断熱材料を得られることが記載されている。

しかし、同文献には、発色や透明性の程度が具体的には記載されておらず、高い遮光性が得られるかどうか不明である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、遷移金属酸化物及び水溶性高分子化合物を含有する複合膜に関し、特に、フォトクロミズムを利用した調光フィルム、あるいは、記録媒体、青写真(日光写真ともいう)用感光体等として使用し得る遷移金属酸化物と水溶性高分子化合物を含有する複合膜に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
遷移金属酸化物、アルキルセルロース、及びヒドロキシ基を有する水溶性化合物(ただし、前記アルキルセルロースを除く)を含有する複合膜。

【請求項2】
 
遷移金属酸化物が酸化タングステンであることを特徴とする請求項1に記載の複合膜。

【請求項3】
 
ヒドロキシ基を有する水溶性化合物がアルコール類であることを特徴とする請求項1又は2に記載の複合膜。

【請求項4】
 
アルコール類がエチレングリコール又はグリセリンであることを特徴とする請求項3に記載の複合膜。

【請求項5】
 
ヒドロキシ基を有する水溶性化合物が有機酸類であることを特徴とする請求項1又は2に記載の複合膜。

【請求項6】
 
有機酸類がシュウ酸又はグリコール酸であることを特徴とする請求項5に記載の複合膜。

【請求項7】
 
請求項1~6のいずれかに記載の複合膜を用いた調光フィルム。

【請求項8】
 
請求項1~6のいずれかに記載の複合膜を用いた記録媒体。

【請求項9】
 
請求項1~6のいずれかに記載の複合膜を用いた青写真用感光体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012247332thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close