Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR RECOVERING METAL, COMPOSITE MATERIAL, AND APPARATUS FOR RECOVERING METAL

METHOD FOR RECOVERING METAL, COMPOSITE MATERIAL, AND APPARATUS FOR RECOVERING METAL commons meetings

Patent code P130009028
File No. KT11-25
Posted date Apr 10, 2013
Application number P2012-043299
Publication number P2013-177663A
Patent number P5945429
Date of filing Feb 29, 2012
Date of publication of application Sep 9, 2013
Date of registration Jun 3, 2016
Inventor
  • (In Japanese)八重 真治
Applicant
  • (In Japanese)兵庫県
Title METHOD FOR RECOVERING METAL, COMPOSITE MATERIAL, AND APPARATUS FOR RECOVERING METAL commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for recovering metal and an apparatus for recovering metal which recover metal with high efficiency and low cost from metal waste fluid.
SOLUTION: A metal waste includes at least one element selected from the group consisting of gold, silver, copper, palladium, rhodium, platinum, iridium, ruthenium, and osmium in a solution 12 including a fluoride ion. One apparatus 100 for recovering metal includes: a mixing and precipitation part 20 which precipitates metal comprising the element on silicon 14 in a storage tank 10 where the metal waste is mixed with the silicon 14; and a recovery part 30 which recovers the metal comprising the element.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


各種のデバイスや部品において優れた特性を発揮させる希少金属は、産出量が少なく高い価値を有する。近年、液晶パネルやプラズマディスプレイパネル、あるいはスマートフォンに代表される通信機器の利用が進み、また、電子機器に用いる集積回路やプリント基板の生産増加によって、貴金属をはじめとする有用金属を如何に確保するかが産業界にとっての重要な課題となっている。一方、これらの工業製品の生産増加によってそれらの廃棄物も増加しており、この廃棄物からの希少金属のリサイクルの重要性が高まっている。



従来、貴金属の回収製造には、工業製品のスクラップ等から成るいわゆる都市鉱山や工業製品の製造過程の廃液等から、溶媒抽出などの冶金学的あるいは化学的な方法によって精錬・回収した後に、さらに希薄な溶液からの回収のための電気分解法やイオン交換樹脂精製法が利用されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、金属の回収方法、複合材料、及び金属の回収装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
金、銀、銅、パラジウム、ロジウム、白金、イリジウム、ルテニウム、及びオスミウムの群から選択される少なくとも1種の元素を含む金属廃棄物と、シリコンとを、フッ化物イオンを含む溶液に混合することによりシリコン含有混合溶液とする混合工程と、
前記シリコン含有混合溶液内において、前記シリコン上に、前記元素からなる金属を析出させる析出工程と、
前記元素からなる金属を回収する回収工程を含む、
金属の回収方法。

【請求項2】
 
金、銀、銅、パラジウム、ロジウム、白金、イリジウム、ルテニウム、及びオスミウムの群から選択される少なくとも1種の元素を含む金属廃棄物を混合したフッ化物イオンを含む溶液を導入し、シリコンを収容したシリコン収容部に前記溶液を流通させる流通工程と、
前記シリコン収容部内において、前記シリコン上に、前記元素からなる金属を析出させる析出工程と、
前記元素からなる金属を回収する回収工程を含む、
金属の回収方法。

【請求項3】
 
前記回収工程が、前記元素からなる金属を析出させた前記シリコンを、フッ化水素酸と硝酸との混合液、又はアルカリ溶液に接触させる工程である、
請求項1又は請求項2に記載の金属の回収方法。

【請求項4】
 
前記析出工程において、前記シリコン含有混合溶液を撹拌することにより、前記シリコン上に前記元素からなる金属を析出させ、かつ
前記回収工程において、前記シリコン含有混合溶液から前記元素からなる金属を固体粉末として回収する、
請求項1に記載の金属の回収方法。

【請求項5】
 
前記析出工程が、室温、常圧で行われる、
請求項1に記載の金属の回収方法。

【請求項6】
 
前記流通工程において、室温、常圧で、前記シリコン収容部に流通させる、
請求項2に記載の金属の回収方法。

【請求項7】
 
フッ化物イオンを含む溶液中に、金、銀、銅、パラジウム、ロジウム、白金、イリジウム、ルテニウム、及びオスミウムの群から選択される少なくとも1種の元素を含む金属廃棄物と、シリコンとを混合させる収容槽内において、前記シリコン上に、前記元素からなる金属を析出させる混合・析出部と、
前記元素からなる金属を回収する回収部とを備える、
金属の回収装置。

【請求項8】
 
金、銀、銅、パラジウム、ロジウム、白金、イリジウム、ルテニウム、及びオスミウムの群から選択される少なくとも1種の元素を含む金属廃棄物を混合したフッ化物イオンを含む溶液を導入し、シリコンを収容したシリコン収容部に前記溶液を流通させる流通手段と、
前記シリコン収容部内において前記シリコン上に析出させた前記元素からなる金属を、回収する回収部とを備える、
金属の回収装置。

【請求項9】
 
前記混合・析出部が、前記収容槽を、室温かつ常圧に制御する制御部を備えた、
請求項7に記載の金属の回収装置。

【請求項10】
 
前記流通手段が、前記シリコン収容部を、室温かつ常圧に制御する制御部を備えた、
請求項8に記載の金属の回収装置
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012043299thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)FAX又はEメールでお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close