Top > Search of Japanese Patents > PUMP UNIT

PUMP UNIT

Patent code P130009040
File No. CHUO-198
Posted date Apr 15, 2013
Application number P2012-037817
Publication number P2013-174140A
Patent number P5991608
Date of filing Feb 23, 2012
Date of publication of application Sep 5, 2013
Date of registration Aug 26, 2016
Inventor
  • (In Japanese)中村 太郎
  • (In Japanese)平山 義浩
  • (In Japanese)斉藤 邦広
  • (In Japanese)木村 義規
Applicant
  • (In Japanese)学校法人中央大学
Title PUMP UNIT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a pump unit capable of controlling a conveying condition of fluid.
SOLUTION: A pump unit 10 includes an outside cylinder 12, an inside cylinder 11 arranged in the inner peripheral side of the outside cylinder 12, and upstream side and downstream side flanges 13A, 13B being fixing members fixing both axially directional end parts of the inside cylinder 11 and both axially directional end parts of the outside cylinder 12. In the pump unit, a conveying condition of fluid is controlled by restraining the deformation of the inside cylinder 11 by arranging restrainers 15 arranged in a peripheral direction of the inside cylinder 11 with an interval and extending in an axial direction of the inside cylinder 11 in the inside cylinder 11, by uniformly expanding an expanding area partitioned by the restraining body 15 by arranging mountain-shape protrusions 16 formed in the peripheral direction of the inside cylinder 11 with an interval in the middle of the restraining body 15 and protruding the inner peripheral side of the inside cylinder 11, and by forming a plurality of protrusions between the restrainers and filtering solid-liquid mixture by net-shape gaps formed by making the protrusions abut on each other.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

図11(a)は、従来の軸方向に延長する多数の高弾性繊維が埋設されたゴム部材から成る内筒51と外筒52とを備えたポンプユニット50の構成を示す図で、(b)図は(a)図のA-A断面である。
ポンプユニット50は、内筒51と外筒52の間に設けられた空気室53に図示しない圧搾空気給排手段から一方のフランジ54に設けられた空気導入孔54Hを介して加圧用媒体である圧搾空気を供給して内筒51及び外筒52を膨張させ、内筒51の一方の端部側から内筒51の内壁より形成された流路55内に送り込まれた流体を内筒51の他方の端部側から排出する。なお、同図の符号54hは、ポンプユニット50を軸方向に複数接続したときに、当該ポンプユニット50の後段に接続されるポンプユニットへ圧搾空気を送るための図示しないエア・チューブを通すための孔である。
図11(c)に示すように、内筒51には、当該内筒51の軸方向に平行な方向に延長し、内筒51の変形を拘束する拘束体56が周方向に等間隔で複数本設けられている。当該拘束体56は、内筒51の軸方向への膨張を規制,拘束するものであって、内筒51の膨張時には、図12(a),(b)に示すように、拘束体56が内筒51の変形を拘束し、内筒51を複数の膨張域511~514に区画する。
これにより、加圧用媒体である圧搾空気を供給して内筒51を膨張させると、内筒51は、拘束体56により区画された複数の膨張域511~514により流路55となるユニット内部を閉状態にするので、流体を効率よくポンプユニット50の一方の端部側から他方の端部側に搬送することができる。

一方、内筒51及び外筒52は、ポンプユニット50の軸方向には膨張せず、内筒51及び外筒52の膨張時には、ポンプユニット50は軸方向に収縮する。これにより、流体を内筒51内から押し出す際にはポンプユニット50の長さが短くなるので、流体を効率よく搬送することができる。
したがって、このようなポンプユニット50を軸方向に複数連結することで、液体や固液混合物などの流体をポンプユニット50の連結方向に沿って効率よく搬送することのできる蠕動運動型ポンプ装置を構成することができる(例えば、特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、外筒と内筒との間に加圧用媒体を供給して外筒と内筒、もしくは、内筒を膨張させることで流体を搬送するポンプユニットに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
外筒と、
前記外筒の内周側に設けられた内筒と、
前記内筒の軸方向両端部と前記外筒の軸方向両端部とを固定する固定部材と、
前記内筒と前記外筒との間に加圧用媒体を供給する加圧用通路とを備え、
前記加圧用媒体にて前記内筒を膨張させて流体を搬送するポンプユニットであって、
前記内筒が、
当該内筒の周方向に間隔を隔てて設けられ、前記内筒の軸方向に平行な方向に沿って延長して前記内筒の変形を拘束する複数の拘束体と、
周方向に隣接する前記拘束体の中間位置にそれぞれ設けられ、前記内筒の内周側に突出する複数の内側突出部と、
を備え
前記内筒の膨張時において前記複数の内側突出部同士が当接し、前記内筒内を閉鎖することを特徴とするポンプユニット。

【請求項2】
 
外筒と、
前記外筒の内周側に設けられた内筒と、
前記内筒の軸方向両端部と前記外筒の軸方向両端部とを固定する固定部材と、
前記内筒と前記外筒との間に加圧用媒体を供給する加圧用通路とを備え、
前記加圧用媒体にて前記内筒を膨張させて流体を搬送するポンプユニットであって、
前記内筒が、
当該内筒の周方向に間隔を隔てて設けられ、前記内筒の軸方向に平行な方向に沿って延長して前記内筒の変形を拘束する複数の拘束体と、
周方向に隣接する前記拘束体の間に複数設けられ、前記内筒の内周側に突出する内側突出部と、
を備え、
前記内筒の膨張時において前記複数の内側突出部同士が当接し、前記内筒内に網目状の隙間を形成することを特徴とするポンプユニット。

【請求項3】
 
前記拘束体がカーボンロービング繊維であることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載のポンプユニット。

【請求項4】
 
前記外筒が、ゴム部材と、前記ゴム部材内に埋設されて当該外筒の周方向に延長する高弾性繊維とを備えることを特徴とする請求項1または請求項2に記載のポンプユニット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012037817thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close