Top > Search of Japanese Patents > RADIOACTIVITY QUANTITATIVE MEASUREMENT DEVICE OF RADIOACTIVE WASTE

RADIOACTIVITY QUANTITATIVE MEASUREMENT DEVICE OF RADIOACTIVE WASTE

Patent code P130009077
File No. 13629
Posted date Apr 17, 2013
Application number P2011-106042
Publication number P2012-237618A
Patent number P5747232
Date of filing May 11, 2011
Date of publication of application Dec 6, 2012
Date of registration May 22, 2015
Inventor
  • (In Japanese)杉杖 典岳
  • (In Japanese)横山 薫
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title RADIOACTIVITY QUANTITATIVE MEASUREMENT DEVICE OF RADIOACTIVE WASTE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To attain a radioactivity quantitative measurement device capable of more easily and accurately performing quantitative evaluation of radioactivity of radioactive waste stored in a waste storage container by passive gamma rays.
SOLUTION: A radioactivity quantitative measurement device 1 which performs quantitative evaluation of radioactivity of radioactive waste stored in a waste storage container by passive gamma rays is constituted to include: means 4, 5, 8, 42 for performing carrying-in, loading, weight measurement, rotation of a waste storage container 3; a detector support 7 in which a plurality of heads 61, 62, 63 of a gamma ray detector 6 are arranged along the circumference of a spherical space; the gamma ray detector 6; and a controller 2 which includes various processing means for processing a detection signal, and to perform the quantitative evaluation of the radioactivity of the waste stored in the waste storage container.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

廃棄物収納容器に収納された放射性廃棄物の放射能を測定する方法において、放射能定量評価でパッシブガンマ線を用いる手法として、廃棄物収納容器を回転・昇降させることによりレイヤーに区分して測定する方法や廃棄物収納容器を対向位置で測定する方法が提案されている。

これらの手法は、線源分布の制限及び廃棄物密度分布の平均化を仮定して近似的に評価している。そのために、廃棄物の分布が仮定した平均化からはずれていると放射能定量の精度が低下する。また、測定手順が煩雑なことからガンマ線測定を効率的に行うことが困難であった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、廃棄物収納容器に収納された放射性廃棄物の放射能を測定する放射能定量測定装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
廃棄物収納容器に収納した放射性廃棄物から放出されるガンマ線を測定して放射能を定量評価する装置において、容器載置台に載置されて回転する廃棄物収納容器の外端が内接するように想定した球状空間の外周に沿って廃棄物収納容器の中心位置に向けて複数のガンマ線検出器を前記廃棄物収容容器の回転軸を基準軸として経線方向に配列して検出器支持台に設置し、放射性廃棄物を収納した廃棄物収納容器を容器搬送手段によって前記容器載置台に搬入して載置した状態で廃棄物収納容器の重量を測定すると共に前記容器載置台を回転させてパッシブガンマ線測定を行って前記廃棄物収納容器に収納された放射性廃棄物の放射能を定量評価するように構成したことを特徴とする放射能定量測定装置。

【請求項2】
 
廃棄物収納容器を載置する容器載置台と、
前記容器載置台に対して前記廃棄物収納容器を搬出入する容器搬送手段と、
前記容器載置台に載置された前記廃棄物収納容器の重量を計測して該廃棄物収納容器内の廃棄物の重量を検出する廃棄物重量検出手段と、
前記容器載置台に載置された廃棄物収納容器の外端が内接するように想定した球状空間の外周に沿って前記廃棄物収納容器の中心位置に向けて複数のガンマ線検出器を前記廃棄物収容容器の回転軸を基準軸として経線方向に配列して設置する検出器支持台と、
前記廃棄物収納容器と前記複数のガンマ線検出器を前記廃棄物収容容器の回転軸を基準軸として前記球状空間の緯線方向に相対的に移動するように前記容器載置台と検出器支持台を相対的に回転させる台回転手段と、
前記容器載置台と検出器支持台の相対的な所定の回転位置において前記複数のガンマ線検出器から出力する検出信号を取得する検出信号取得手段と、
前記検出信号取得手段で取得した検出信号に基づいて前記廃棄物収納容器に収納された廃棄物の放射能を定量評価する放射能定量手段を備えたことを特徴とする放射能定量測定装置。

【請求項3】
 
請求項1において、前記ガンマ線検出器は、少なくとも、廃棄物収納容器を網羅できる範囲の検出角度を有するように構成したことを特徴とする放射能定量測定装置。

【請求項4】
 
請求項1又は2において、前記台回転手段は、前記容器載置台又は検出器支持台を線方向に180度回転させる構成としたことを特徴とする放射能定量測定装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011106042thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close