Top > Search of Japanese Patents > SEMICONDUCTOR RADIATION METER

SEMICONDUCTOR RADIATION METER

Patent code P130009087
File No. 13668
Posted date Apr 17, 2013
Application number P2011-164392
Publication number P2013-029361A
Patent number P5761794
Date of filing Jul 27, 2011
Date of publication of application Feb 7, 2013
Date of registration Jun 19, 2015
Inventor
  • (In Japanese)谷村 嘉彦
  • (In Japanese)美留町 厚
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title SEMICONDUCTOR RADIATION METER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a high-performance and relatively-inexpensive simplified semiconductor radiation meter that can be continuously used for a long time even with a battery such as a dry battery.
SOLUTION: A semiconductor radiation meter provided with an arithmetic processing unit includes: a radiation sensor; amplifiers; a pulse height discriminator; a first counter that counts output pulse signals from the pulse height discriminator, and performs desired processing on a counted value of the first counter. The arithmetic processing unit further includes a second counter, and a discrimination level adjustment variable resistance, whose resistance value is set to a second discrimination level that is higher than a first discrimination level of the pulse height discriminator, is connected between the second counter and the amplifiers. γ-rays are detected by a logical operation relation between a first counter output and a second counter output.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

放射線測定器は、放射線センサーからの信号を増幅して、波高弁別器を用いて規定の電圧を超える信号を計数する。そして、その計数に基づいて次段の演算処理装置において放射線量を計算し、その計算結果に基づいて警報の発生や線量の画面表示を行う。一般的な放射線センサーとしては、シリコン光ダイオード、テルル化カドミウムなどの半導体(シリコン光ダイオードとシンチレータを組み合わせたものを含む)を用いたγ線用放射線測定器が良く知られている(特許文献1及び特許文献2)。

さらに、中性子と核反応を起こし荷電粒子を発生するコンバータ物質(6LiFなど)をセンサー表面に塗布することにより、ガンマ線よりも大きな信号を発生させ、一つのセンサーでγ線と中性子を測定する技術も知られている(特許文献3)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、乾電池等のバッテリーを用いて、長時間連続使用することを目的とする半導体放射線測定器に係り、特に、部品点数や消費電力の少ない簡易型の波高弁別器を備えた半導体放射線測定器に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
放射線を受けて微小信号を出力する放射線センサー素子と、該放射線センサー素子から の出力信号を増幅する増幅器と、該増幅器によって増幅された前記出力信号の波高を、第 一の弁別レベルを基準として弁別する波高弁別器と、該波高弁別器からの出力パルス信号を計数する第一のカウンタを有し、該第一のカウンタの計数値を用いて所望の処理を行う 演算処理装置を備えた半導体放射線測定器において、
前記演算処理装置さらに第二のカウンタを有し、該第二のカウンタと前記増幅器の間に直列に、その抵抗値が前記波高弁別器の第一の弁別レベルよりも大きな第二の弁別レベルに設定されている弁別レベル調整用可変抵抗が接続されており、
前記第二のカウンタの入力部がロジック信号の入力を判定するための閾電圧を有しており、該入力部に直列に接続された前記弁別レベル調整用可変抵抗と前記第二のカウンタの前記入力部の内部抵抗との比で前記増幅器の信号を減衰させることにより、ロジック信号判定用の前記閾電圧を第二の波高弁別レベルとして利用し、
前記演算処理装置は、前記第一のカウンタの計数値からγ線の線量を測定し、前記第一のカウンタと前記第二のカウンタが同時係数された場合には、その時の前記第一のカウンタの計数を除去することによってγ線の線量を測定することを特徴とする半導体放射線測定器。

【請求項2】
 
放射線を受けて微小信号を出力する、中性子有感物質が塗布された放射線センサー素子と、該放射線センサー素子からの出力信号を増幅する増幅器と、該増幅器によって増幅された前記出力信号の波高を、第一の弁別レベルを基準として弁別する波高弁別器と、該波 高弁別器からの出力パルス信号を計数する第一のカウンタを有し、該第一のカウンタの計 数値を用いて所望の処理を行う演算処理装置を備えた半導体放射線測定器において、
前記演算処理装置はさらに第二のカウンタを有し、該第二のカウンタと前記増幅器の間 に直列に、その抵抗値が前記波高弁別器の第一の弁別レベルよりも大きな第二の弁別レベルに設定されている弁別レベル調整用可変抵抗が接続されており、
前記第二のカウンタの入力部がロジック信号の入力を判定するための閾電圧を有しており、該入力部に直列に接続された前記弁別レベル調整用可変抵抗と前記第二のカウンタの前記入力部の内部抵抗との比で前記増幅器の信号を減衰させることにより、ロジック信号判定用の前記閾電圧を第二の波高弁別レベルとして利用し、
前記演算処理装置は、前記第一のカウンタの計数と同時に前記第二のカウンタの計数が行われた場合には、その時の前記第一のカウンタの計数を有効なものとして取扱い、その他の場合には前記第一のカウンタの計数を無効なものとして取扱うことによって、中性子線の線量を測定することを特徴とする半導体放射線測定器。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011164392thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close