Top > Search of Japanese Patents > DENTITION MOUTHPIECE

DENTITION MOUTHPIECE achieved

Patent code P130009099
Posted date Apr 18, 2013
Application number P2002-087525
Publication number P2003-275311A
Patent number P4171829
Date of filing Mar 27, 2002
Date of publication of application Sep 30, 2003
Date of registration Aug 22, 2008
Inventor
  • (In Japanese)川島 成人
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title DENTITION MOUTHPIECE achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a dentition mouthpiece which effectively maintains the airway by stably holding the tongue.
SOLUTION: The dentition mouthpiece 20 is provided with an upper side recessed groove part 22 to be engaged with a maxillary dentition and a lower side recessed groove part 24 to be engaged with a mandibular dentition. On the inner wall of the dentition mouthpiece 20, cavities 44 for holding the tongue which holds the side faces of the tongue at positions in the height direction nearly in the middle of the bottom of the upper side recessed groove part 22 and that of the lower side recessed groove part 24 are formed. Extension parts 28 at the inside part of the saddle-formed walls of the lower side recessed groove part 24 are extended to the boundaries of the movable parts and the unmovable parts of the gum parts 36 of the madibular dentition. A belt-shaped palate support 26 connects the inside wall part of the saddle-formed wall forming the upper side recessed groove part 22 corresponding to the left molars part 32 of maxillary dentition and that forming the upper side recessed groove part 22 corresponding to a right molars part 34, and its upper face is formed to have a shape along a soft palate within the oral cavity.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

睡眠時無呼吸症候群やいびき症状は、気道が十分確保されないことから生ずるため、睡眠時に気道を確保する目的で、上顎歯列および下顎歯列に係合させて口腔内に保持する歯列マウスピースが用いられる。図8に、歯列マウスピースの従来例の一つを示す。図8は、歯列マウスピース10を正面やや上方から見た斜視図で、全体として略馬蹄形をなし、上面に上顎歯列に係合する凹溝を有し、図8の斜視方向では示すことができないが、その下面に下顎歯列に係合する凹溝を有している。正面には呼吸口14が設けられることもある。このような歯列マウスピースに以下に述べる気道を確保する構造を設け、その歯列マウスピースの凹溝に歯列を係合させて噛み合わせて口腔内に保持することで、睡眠中における気道を確保することができる。

気道を確保する目的の歯列マウスピースの構造は、例えば特開平7-241341号公報において、下顎歯列と上顎歯列の噛み合わせ位置を通常の噛み合わせ位置よりも顔前面側にずらし、上気道の周囲の筋肉、皮膚が下顎に押されて上気道が狭められることを軽減する構造が開示されている。その他軟口蓋を上方に移動させる構造、舌の前方部から中央部を上方に移動させる構造等も知られている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、歯列に係合する歯列マウスピースに係り、特に気道を確保する目的の歯列マウスピースに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
上縁に上顎歯列に係合する上側凹溝部と、下縁に下顎歯列に係合する下側凹溝部とを有し、略馬蹄形の歯列マウスピースであって、
前記略馬蹄形の内側壁において左側最後臼歯に対応する位置から前歯の位置を経由し右側最後臼歯に対応する位置まで設けられ、舌の側面を保持する舌保持用くぼみを備え、
前記下側凹溝部を形成する鞍形壁は、その内側に前記略馬蹄形の内側壁において延伸部を有し、
前記鞍形壁における内側部分の延伸部は、前記下顎歯列の内側における歯肉部分の可動部分と不動部分との境界である舌根側の齦境移行部と呼ばれる部分を下方向に押さえ、これによってオトガイ舌筋を緊張させることを特徴とする歯列マウスピース。

【請求項2】
 
請求項1に記載の歯列マウスピースにおいて、
さらに、
前記上顎歯列の左側臼歯部分に対応する前記上側凹溝部を形成する前記鞍形壁の内側壁部と、前記上顎歯列の右側臼歯部分に対応する前記上側凹溝部を形成する前記鞍形壁の内側壁部とを接続する帯状口蓋受部を備えることを特徴とする歯列マウスピース。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載の歯列マウスピースにおいて、
さらに、
前面の中央部に少なくとも1つ設けられる貫通穴である口呼吸穴を備えることを特徴とする歯列マウスピース。

【請求項4】
 
請求項1から3のいずれか1に記載の歯列マウスピースにおいて、
前記上顎歯列と前記下顎歯列の水平方向の位置関係が、通常より前記下顎歯列を前記上顎歯列に対し前方に移動させる位置関係であることを特徴とする歯列マウスピース。

【請求項5】
 
請求項1から4のいずれか1に記載の歯列マウスピースは、
軟化点が40℃以上100℃以下のレジンからなることを特徴とする歯列マウスピース。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002087525thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close