Top > Search of Japanese Patents > MAGNESIUM BASED HARD MAGNETIC COMPOSITE MATERIAL AND MANUFACTURING METHOD THEREOF

MAGNESIUM BASED HARD MAGNETIC COMPOSITE MATERIAL AND MANUFACTURING METHOD THEREOF foreign

Patent code P130009117
Posted date Apr 18, 2013
Application number P2010-250881
Publication number P2012-104590A
Patent number P5505841
Date of filing Nov 9, 2010
Date of publication of application May 31, 2012
Date of registration Mar 28, 2014
Inventor
  • (In Japanese)久保田 正広
  • (In Japanese)新妻 清純
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title MAGNESIUM BASED HARD MAGNETIC COMPOSITE MATERIAL AND MANUFACTURING METHOD THEREOF foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an inexpensive and light magnesium based hard magnetic composite material having a hard magnetic property and a high mechanical strength at a room temperature and a high temperature as well as a manufacturing method of the material.
SOLUTION: Magnesium powder and barium ferrite powder, placed into a mixing device, are mixed by mechanical alloying. Consequently, because mechanical energy is imparted to the magnesium powder, strain is generated in the magnesium powder to facilitate work hardening thereof, and mechanical strength and hardness thereof are enhanced. This treatment produces a mixed powder consisting of the magnesium powder whose mechanical strength and hardness are enhanced and the barium ferrite powder. Placed into a mold, the mixed powder, under the application of an external magnetic field, is sintered in a discharge plasma sinter method, so that a sintered body is formed in which magnetic moment of each particle of the barium ferrite powder is unidirectional.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、地球温暖化問題の観点から、より安価且つ軽量であり、さらに室温及び高温で高い機械的強度を有する材料の開発が望まれている。また、高機能化の観点から、様々な機能を有する軽量な材料の開発が望まれている。

例えば、従来の磁性材料は、鉄又は酸化鉄をベースとしたものが多く、比重が高いという欠点を有していた。また、酸化鉄系磁性材料の機械的特性は、セラミックスに類似しており、破壊靭性が極めて低いことや加工性が低いという欠点も併せ持っていた。

このような背景から、安価で且つ金属材料中で最も軽量なマグネシウムに高強度化と硬磁性の付与とがなされれば、輸送機器をはじめとする構造材や電気・電子機器の部品などへの適用が可能となり、地球温暖化問題の解決の一助となり得る。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、硬磁性を有するマグネシウム基複合材料及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
バリウムフェライト粉末と、機械的エネルギーを付与することにより強度が高められたマグネシウム粉末と、の混合粉末の焼結体であり、前記バリウムフェライト粉末の各粒子の磁気モーメントの向きが一方向に揃っていることを特徴とするマグネシウム基硬磁性複合材料。

【請求項2】
 
前記マグネシウム粉末は、メカニカルアロイングを施すことにより強度が高められたものであることを特徴とする請求項1に記載のマグネシウム基硬磁性複合材料。

【請求項3】
 
放電プラズマ焼結法による焼結体であることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載のマグネシウム基硬磁性複合材料。

【請求項4】
 
マグネシウム粉末に機械的エネルギーを付与して前記マグネシウム粉末の強度を高める高強度化工程と、
バリウムフェライト粉末と、前記強度が高められたマグネシウム粉末と、を混合して混合粉末とする混合工程と、
外部磁場を印加しながら前記混合粉末を焼結して、前記バリウムフェライト粉末の各粒子の磁気モーメントの向きが一方向に揃った焼結体を成形する焼結工程と、
を備えることを特徴とするマグネシウム基硬磁性複合材料の製造方法。

【請求項5】
 
マグネシウム粉末及びバリウムフェライト粉末に機械的エネルギーを付与して、前記マグネシウム粉末の強度を高めつつ前記マグネシウム粉末と前記バリウムフェライト粉末とを混合した後に、外部磁場を印加しながらこの混合粉末を焼結して、前記バリウムフェライト粉末の各粒子の磁気モーメントの向きが一方向に揃った焼結体を成形することを特徴とするマグネシウム基硬磁性複合材料の製造方法。

【請求項6】
 
メカニカルアロイング法により粉末に機械的エネルギーを付与することを特徴とする請求項4又は請求項5に記載のマグネシウム基硬磁性複合材料の製造方法。

【請求項7】
 
放電プラズマ焼結法により焼結を行うことを特徴とする請求項4~6のいずれか一項に記載のマグネシウム基硬磁性複合材料の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010250881thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close