Top > Search of Japanese Patents > PREPARING STRONG ALKALINE IONIZED LIQUID USING INCINERATION ASH OF BIDENS PILOSA VAR. BISETOSA AND ALPINIA ZERUMBET

PREPARING STRONG ALKALINE IONIZED LIQUID USING INCINERATION ASH OF BIDENS PILOSA VAR. BISETOSA AND ALPINIA ZERUMBET

Patent code P130009126
Posted date Apr 18, 2013
Application number P2011-041799
Publication number P2012-176386A
Patent number P5838567
Date of filing Feb 28, 2011
Date of publication of application Sep 13, 2012
Date of registration Nov 20, 2015
Inventor
  • (In Japanese)星村 義一
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title PREPARING STRONG ALKALINE IONIZED LIQUID USING INCINERATION ASH OF BIDENS PILOSA VAR. BISETOSA AND ALPINIA ZERUMBET
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method of obtaining alkaline ionized water easily at low cost.
SOLUTION: The alkaline ionized water is obtained by adding ash made from plants of Alpinia zerumbet or Bidens pilosa var. pilosa incinerated at 500-700°C under a normal pressure or an elevated pressure into water.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、陽極と陰極の間に素焼、多孔質プラスチック等の隔膜を設け、これに水道水又はミネラル水を入れて、電解することにより、陰極にアルカリ性水、陽極に酸性水を得るアルカリイオン水生成器が広く普及しており、アルカリイオン水は、飲料、調理、医療等に、酸性水は、美容、殺菌等に用いられている。このアルカリイオン水生成器の陽極としては、フェライト電極、酸化イリジウム電極、白金電極が用いられ、陰極としては、ステンレス鋼が使用されているが、電解によりアルカリイオン水を製造すると、水中の硬度成分が陰極にスケールとして付着し、槽電圧が高くなり、ついには通電不能となるため、定期的なスケール除去が必要であった。特許文献1には、電極の極性をごく短時間反転させることによるスケール付着の防止が開示されている。

一方、本発明者は、ゲットウ植物体焼却灰又はゲットウ植物体焼却灰とアルミニウム粉体との混合物の放電プラズマ焼結体を水に投入することによりアルカリイオン水が得られることを報告している(特許文献2)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は簡便に無色透明なアルカリイオン水を製造する方法及びアルカリイオン水に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ゲットウ又はコセンダングサの植物体を500~700℃で常圧又は加圧下に焼却した灰を水に投入することを特徴とするアルカリイオン水の製造法。

【請求項2】
 
コセンダングサが、アワユキセンダングサである請求項1記載のアルカリイオン水の製造法。

【請求項3】
 
アルカリイオン水のpHが11~13である請求項1又は2記載のアルカリイオン水の製造法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close