Top > Search of Japanese Patents > DOUBLE GRADIOMETER AND MAGNETOENCEPHALOGRAPHY DEVICE

DOUBLE GRADIOMETER AND MAGNETOENCEPHALOGRAPHY DEVICE meetings

Patent code P130009182
File No. PA23-079
Posted date Apr 23, 2013
Application number P2012-051260
Publication number P2013-183892A
Patent number P5224486
Date of filing Mar 8, 2012
Date of publication of application Sep 19, 2013
Date of registration Mar 22, 2013
Inventor
  • (In Japanese)樋口 正法
  • (In Japanese)河合 淳
  • (In Japanese)小山 大介
Applicant
  • (In Japanese)学校法人金沢工業大学
Title DOUBLE GRADIOMETER AND MAGNETOENCEPHALOGRAPHY DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To measure the magnetic field of a brain of a subject mounted with an artificial inner ear device.
SOLUTION: A magnetoencephalography device includes a double gradiometer 10 in which a gradiometer 1 for signal detection where magnetic field detection sensitivity to magnets D, I of an artificial inner ear device is the minimum and a gradiometer 2 for reference where magnetic field detection sensitivity to a current source C in the brain caused by auditory sense is the minimum are mounted on the same coil bobbin, and a calculation means 24 which obtains signal data by performing weighted addition of data for signal detection obtained by the gradiometer 1 for signal detection and data for reference obtained by the gradiometer 2 for reference. The audible state of a subject mounted with the artificial inner ear device is objectively examined.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

特許文献1には、1次微分型グラジオメータの信号検出用コイルと補償用コイルの磁場検出感度を異ならせることにより、特定距離にある電流源からの磁場が検出されなくなることが記載されている(特許文献1[0017]参照)。また、信号検出用コイルと補償用コイルの磁場検出感度の違いに起因する環境磁場の影響を打ち消すために、2次微分型グラジオメータを用いることが記載されている(特許文献1[0111]参照)。
特許文献2には、人工内耳装置においては、耳のそばに、外部位置決め磁石および内部位置決め磁石が配置されることが記載されている(特許文献2[0015]参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、2重グラジオメータおよび脳磁場測定装置に関し、さらに詳しくは、測定対象磁場源の近くに非測定対象磁場源が存在する場合でも測定対象磁場源からの磁場を好適に検出することが出来る2重グラジオメータおよびその2重グラジオメータを用いた脳磁場測定装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
第1信号検出用コイル(1a)と補償用コイル(1b)と第2信号検出用コイル(1c)とをこの順に並べた2次微分型グラジオメータであって前記各コイル(1a,1b、1c)の各磁場検出感度を調整することにより測定対象磁場源(C)の近くに存在する非測定対象磁場源(D,I)に対する磁場感度極小にした信号検出用グラジオメータ(1)と、第1信号検出用コイル(2a)と補償用コイル(2b)と第2信号検出用コイル(2c)とをこの順に並べた2次微分型グラジオメータであって前記各コイル(2a,2b、2c)の各磁場検出感度を調整することにより前記測定対象磁場源(C)に対する磁場感度極小にしたレファレンス用グラジオメータ(2)とを、同一のコイルボビン(3)に装着したことを特徴とする2重グラジオメータ(10)。

【請求項2】
 
請求項1に記載の2重グラジオメータ(10)において、前記信号検出用グラジオメータ(1)における第1信号検出用コイル(1a)から補償用コイル(1b)までの間隔(a1)と補償用コイル(1b)から第2信号検出用コイル(1c)までの間隔(b1)の比を調整して前記非測定対象磁場源(D,I)に対する磁場感度を極小にし、前記レファレンス用グラジオメータ(2)における第1信号検出用コイル(2a)から補償用コイル(2b)までの間隔(a2)と補償用コイル(2b)から第2信号検出用コイル(2c)までの間隔(b2)の比を調整して前記測定対象磁場源(C)に対する磁場感度を極小にしたことを特徴とする2重グラジオメータ(10)。

【請求項3】
 
請求項1または請求項2に記載の2重グラジオメータ(10)と、前記信号検出用グラジオメータ(1)で得た信号検出用データと前記レファレンス用グラジオメータ(2)で得たレファレンス用データとを加重加算して信号データを求める演算手段を具備したことを特徴とする脳磁場測定装置(100)。

【請求項4】
 
請求項3に記載の脳磁場測定装置(100)において、前記信号検出用グラジオメータ(1)は、人工内耳装置の磁石(D,I)に対する磁場感度が極小であり、前記レファレンス用グラジオメータ(2)は、聴覚に起因して脳で生じる電流源(C)に対する磁場感度が極小であることを特徴とする脳磁場測定装置(100)。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012051260thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close