Top > Search of Japanese Patents > FUNCTIONAL COMPOSITION DERIVED FROM SCALLOP AND PRODUCTION METHOD OF THE SAME

FUNCTIONAL COMPOSITION DERIVED FROM SCALLOP AND PRODUCTION METHOD OF THE SAME

Patent code P130009250
File No. J158
Posted date May 13, 2013
Application number P2013-028768
Publication number P2013-189431A
Patent number P6149225
Date of filing Feb 18, 2013
Date of publication of application Sep 26, 2013
Date of registration Jun 2, 2017
Priority data
  • P2012-031536 (Feb 16, 2012) JP
Inventor
  • (In Japanese)山▲崎▼ 雅夫
  • (In Japanese)大石 祐一
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京農業大学
Title FUNCTIONAL COMPOSITION DERIVED FROM SCALLOP AND PRODUCTION METHOD OF THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a functional composition derived from scallop and a production method of the composition, by which active ingredients of scallop adductors or a scallop soft part can be used in a form with a high additional value.
SOLUTION: A functional composition derived from scallop is obtained in a process of producing scallop dry adductors, the process including: an opening and extracting step of opening shells of scallop and extracting adductors without boiling; a boiling step of boiling the extracted adductors; a salt water immersing step of immersing the boiled scallop adductors in an aqueous solution containing sodium chloride; a roasting and drying step of roasting and drying the scallop adductors after salt water immersion by superheated steam; and a drying and maturing step of drying and maturing the dried scallop adductors. The composition comprises at least one of a boiling liquid obtained in the boiling step, a salt water immersion liquid obtained in the salt water immersing step, and a steam-boiling liquid obtained in the roasting and drying step. A production method of the functional composition is also disclosed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ホタテ干し貝柱は、オホーツク海沿岸地域の主要な水産加工産品の一つであり、該地域ではホタテ加工業が重要な基幹産業となっている。



従来、ホタテ干し貝柱の製造は、特開平11-42051号公報(特許文献1)に記載されているように、「原貝洗浄」、「水煮(一番煮)」、「貝柱摘出」、「塩水煮(二番煮)」、「焙乾」、「乾燥及びあん蒸」、「選別」、「計量及び包装」の各工程によって行われている(以下「伝統製法」という。)。



しかし、伝統製法では、一番煮及び二番煮によって、ホタテ貝柱に含まれる呈味成分の多くが煮汁に溶出してしまうといった問題があった。そこで、本発明者らは、二番煮することなくホタテ貝柱を特定の塩化ナトリウムを含む水溶液に浸漬した後、焙乾、乾燥及びあん蒸を行うことで旨味が多く、外観品質の一つである色調が優れたホタテ干し貝柱の生産方法を提案した(特許文献2)。



また、伝統製法では、ホタテ干し貝柱の製造に長期間を必要とするが、本発明者らは、過熱水蒸気による焙乾(以下「SHS焙乾」という。)によって製造期間を短縮する方法を提案した(特許文献3)。



さらに、伝統製法では、熟練技術者のノウハウによってホタテ干し貝柱の色調が適当に調整されるが、本発明者らは、乾燥及びあん蒸気において温度及び湿度を一定に調整することで熟練技術者のノウハウなしにホタテ干し貝柱の色調を簡便に調整できる方法を提案した(特許文献4)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ホタテ貝由来の機能性組成物及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ホタテ原貝を水煮以外の処理によって開殻し貝柱を摘出する開殻・摘出工程と、摘出した貝柱を水煮する水煮工程と、水煮した貝柱を塩化ナトリウム含有水溶液に浸漬する塩水浸漬工程と、塩水浸漬後の貝柱を過熱水蒸気によって焙乾する焙乾工程と、焙乾した貝柱を乾燥及びあん蒸する乾燥及びあん蒸工程と、を有するホタテ干し貝柱又はソフト貝柱の製造工程において、
前記開殻・摘出工程が、水蒸気による加熱処理によって行われ、
前記開殻・摘出工程によって得られる溶出液、前記水煮工程によって得られる水煮液、前記塩水浸漬工程によって得られる塩水浸漬液又は前記焙乾工程によって得られる蒸煮液のうち少なくとも1つを回収して原料に用いることを特徴とする、
ホタテ貝由来の機能性組成物の製造方法。

【請求項2】
 
前記溶出液を濃縮する工程を有する、
請求項1に記載のホタテ貝由来の機能性組成物の製造方法。

【請求項3】
 
前記水煮液を濃縮する工程を有する、
請求項1に記載のホタテ貝由来の機能性組成物の製造方法。

【請求項4】
 
前記塩水浸漬液を濃縮する工程を有する、
請求項1に記載のホタテ貝由来の機能性組成物の製造方法。

【請求項5】
 
前記蒸煮液を濃縮する工程を有する、
請求項1に記載のホタテ貝由来の機能性組成物の製造方法。

【請求項6】
 
さらに、前記ホタテ貝由来の機能性組成物を粉末化する工程を有する、請求項15のいずれか1項に記載のホタテ貝由来の機能性組成物の製造方法。

【請求項7】
 
前記水蒸気による加熱処理が、部分的にホタテ貝殻の外表面の貝柱接着部に対応する部位を加熱することによって行われる、
請求項1~6のいずれか1項に記載のホタテ貝由来の機能性組成物の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013028768thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close